心霊探偵八雲5 つながる想い (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.89
  • (227)
  • (296)
  • (263)
  • (26)
  • (1)
本棚登録 : 2976
感想 : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043887057

作品紹介・あらすじ

八雲が消えた-!?15年前に起きた猟奇殺人事件の現場で、ビデオカメラに映り込んだ、恐ろしい形相をした女性の幽霊。八雲は相談を受けるが、その映像を見たとたん、なぜか突然姿を消してしまう。一方、時効成立間近に姿を現した、殺人事件の容疑者を追う後藤刑事までもが行方不明に。いったい2人はなぜ姿を消し、何処へ行ってしまったのか!?今、晴香の命をかけた八雲捜索が始まる-大人気シリーズ、緊迫の第5弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 八雲不在で進む物語…!
    八雲は一体どこへ消えたのか?!
    15年前の殺人事件の真相とは…?!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    15年前に起きた猟奇的殺人事件。 
    心霊特番のリポートのため、事件現場を訪れたテレビ局のスタッフたち。
    ところが、撮影に使われていたビデオカメラに女性の幽霊が映りこむ騒ぎとなる。
    そのビデオを見た八雲は、なにかに気づいたようだったが、周囲の人には何も告げず、姿を消してしまった。

    そして猟奇的殺人事件の時効が迫るなか、容疑者が突然姿をあらわした!
    容疑者はなぜ今、姿をあらわしたのか…?
    八雲はなぜ姿を消したのか…

    そして、猟奇的殺人事件の驚愕の真相が、ついに明らかになる…。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    序盤から後半まで八雲不在で物語が展開していき、いつもの物語運びと雰囲気がちがうところが、新鮮に感じました。
    しかし八雲不在なため、推理はまわりの登場人物たちの手に委ねられるわけですが、やっぱり八雲に比べるとキレがありません(苦笑)
    彼らとしては超がんばって推理しているのもわかるのですが、読めば読むほど八雲のキレのある推理が恋しくなりました。

    この5巻では八雲“最大の敵”が出現し、物語の内容的にも「心霊探偵 八雲・第一部終了」という感じがしました。
    “最大の敵”の育った環境には、哀しいものがありますが、だからといってそれは、八雲を傷つけていい理由にはなりません。
    しかし“最大の敵”の人生に間接的に巻き込まれ、しあわせを奪われてしまった人々が、気の毒でなりません。

    時間は八雲6巻…ではなく、「secret files 絆」がはさみこまれるようです。
    中学生の八雲が解決した事件の話だそうで、そちらも楽しみです。

  • 今回はすごく面白かったー!

    八雲と後藤さんが消えるとか、先が気になる展開でノンストップで読んだ。
    もちろん生きてるってのは分かってたけど。

    これで解決かと思いきや、真犯人はまさかのレポーター。
    ちょっと無理がありすぎやと思うが、まあ楽しかった!

    八雲のお母さんの過去が明らかになり、本心は八雲の事を大切に想った事が八雲にも伝わったよう。

    6巻目がどうなるのか気になる!

  •  心霊が見える八雲の探偵小説……

     なんですが。
     今回のお話では、とあるビデオの映像を見た八雲はそのまま飛び出して行ってしまって、そのまま行方不明。
     その八雲を抜きで事件を解決しようとした後藤刑事も、なぜか行方不明――
     といういつも主で動く二人が不在のまま進む物語。

     ここで、活躍するのは晴香と石井刑事。
     それぞれが八雲と後藤の足跡を追って、事件を解決へと導いていくのだけれど、悲しい結末へも結びついてしまう――という話でした。

     今まで、「つらい記憶」として描かれていた八雲の母について触れられたり、晴香の母親がかなり大事なキーパーソンだったり、いつもとちょっと違うテイストの八雲の物語でした。

     これで、八雲の枷は少し解けたので、これから八雲がどう変わっていくのか、少し楽しみな物語になりました。
     でも、これで別人のようになってしまったら、それはそれでつまらない気もするので、次の巻はかなり大事だと思っています。


  • そうそう、これこれ!
    こういう長編を待っていた。思ったより面白かった。肉厚で、緊迫感があるので、ペラペラ読み進められる割に、しっかり楽しめた。固い読書の合間の箸休めとしては最適。

    後半は、晴香サイドと石井サイド二視点で進む。
    晴香サイドに比べて、ちょっと頼りない石井サイド。かかっているのが、八雲の命か後藤の命かというだけでも、少しの違いは目を瞑りたくなるから、仕方ないと言えば仕方ない。

    八雲の過去に迫る一冊だった。
    幼い八雲を扼殺しようとした母親、母親の当時の恋人、母親の過去、そして晴香の母親との隠された繋がり…結構盛り沢山の過去話だったと思う。4巻までの八雲の母親・梓像とは一風違った人物像が描けた。八雲にとっても、読者にとっても少し救いになる。良かった。又、本作をもって、八雲と晴香の繋がりに運命の力もプラスされた。この先どうなるのかますます期待。

    本当に何より気になるのは主人公二人の恋模様。
    晴香が結構積極的に八雲への愛を隠そうとしていないので、あとは八雲が素直になるだけなのだと思うが、この先どうなるのか。いや、でも八雲も結構告白まがいの言動や行動を取っているので、晴香の察し不足も否めない。もういいよ、おまえら付き合えよっていう風にも思う(笑)

  • ネタバレに近い表記あり



    今回の話は最初から最後までハラハラさせられるシーンばかりだった。最後のどんでん返しも、事件解決だと安心していたからこそ、衝撃がでかい。
    八雲と晴香の関係も少し近付いたような、元に戻ったようなそんな感じ。 ただ、晴香の印象が一気に変わった巻だった。
    だが一番変わったのは、石井さんだと思う。
    後藤さんが行方不明になっても、怖じけづき、自分を責め、「自分は何も出来ない」と決め付ける。だからこそ、石井さんの今回の活躍は胸に込み上げてくるものがあった。石井さんは 限りなく、一般の価値観に近いのかと思う。登場人物全員が意志が強く、行動力があると、現実味がない。だから石井さんが怖がったりする姿にイラってする時もあるけど、その姿があるからこそ、他の登場人物も活き、リアリティがでてくるんだなと思う。

    本当に面白い作品だと思う。次の巻にも期待!

  • 記録

  • 八雲くんのいろいろがわかってくるこの巻。 それにしても毎回毎回、八雲くんの説明が後回しすぎてもどかしい。 読者だけじゃなくて周りの人たちが訳もわからず振り回されてることが多すぎてあわれだ

  • 色々な事が判明する1冊ではあったけど、最終的に後藤刑事について有耶無耶になって終わってしまい、更にこの次が別冊って事もあり星は4つ止まりだな。
    それがなければ、伏線回収と入り組んだ物語の交錯が楽しく読み応えたっぷりだったので大満足だったなぁ。

  • 続きを買えてうわーい♪となったのも束の間、裏表紙に載っているあらすじを見たら、八雲さんが消えたですってーッ!?巻を増す毎に八雲さんの出番が少なくなってる(気がする)のに、消えちゃったらますます出番が少なくなるじゃんかーッ!!(泣)と、読み始める前に意気消沈した今巻。

    今回の事件は時効を迎える寸前の十五年前の事件が鍵となってるお話でした。この十五年前の事件は4巻の序章で描かれてた事件ですよね?いつも事件解決に向けて動く八雲さんと後藤さんが揃いも揃って失踪してしまい、晴香ちゃんを始めとする周りの人たちが事件解決に向けて今回は頑張ってましたね。
    後藤さんの相棒の石井さんも今回はとっても頑張っていましたが、最初はすごく落ち込んでいましたね。そのせいで晴香ちゃんとも衝突して。でも石井さんの、当たり障りなく他人と付き合おうとする気持ちは何となく分かるなぁ・・・って思いました。誰もが人付き合いが得意なワケではないんだよね。そんな落ち込んでいる石井さんを心配する真琴さんがかわいかったり、はっぱをかける宮川さんがカッコよかったりで。このシリーズって割と人間関係のもつれみたいなのが事件の根本にあったりするんだけど、メインの人たちはその人間関係にとっても恵まれてる人たちだなぁ・・・と思います。今回の事件もそうなんだけど、自分自身の問題もあるだろうけど、やっぱり他人との関係も自分自身の人生の歩み方にとっても関わっていってるんだなぁ・・・とすごく思いました。

    さて。今回の事件で今までのお話で謎のままだったアレコレが色々解決してスッキリしました。晴香ちゃんのお母さんと八雲さんのお母さんとの関係とかもスッキリしました。晴香ちゃんのお母さんいいキャラしてますね。晴香ちゃんのお母さんと八雲さんが出会ったらどうなるんだろう・・・なんて思っていたんですが・・・。2人のやりとりがとっても好きです。そして八雲さんと晴香ちゃんは同い年だったのですね。
    そして八雲さんのお母さんの行方もハッキリして、涙なみだでした。今回のコトで八雲さんの母親に対する憎しみは癒えたんでしょうかね。自分を殺そうとしたコトには変わりはないのかもしれないけど、少なくともそう至ってしまった母親の葛藤みたいなものは今回のコトで伝わったのですかね。子供のコトを思ってる「母親」は世の中で1番強いと思うけど、それでもやっぱりその「母親」も「人間」なんですよね。
    自分は望まれて産まれた人間ではないと、母親に憎まれてる子供だと、そう思いながら生きてきた八雲さん。「優しくされると表情をゆがめて困った顔をする」と晴香ちゃんが話していたけど、本人がとても優しい人だけに切なくなりました。だからそんな八雲さんにこれからは周りの人たちがいっぱい愛してあげればいいよ!教えてあげればいいよ!と。特に晴香ちゃんが!!一心さんや後藤さんが言っていたけれど、八雲さんは晴香ちゃんに尻に敷かれてるようだから(笑萌)。これからそういう感情を受け入れられるようになっていけばいいな。素直じゃなくても。今でも充分周りの人たちに愛されてるんだから。

    いやしかし。相変らず学校のプレハブに住んでるんですね、八雲さん。部屋での過ごし方が若干自分とかぶっていておかしかったです。暖房器具点けないから部屋の中でも防寒具を着けてる辺りが・・・(笑)。
    そしてこれまた相変らずな関係なんですね、八雲さんと晴香ちゃん。この人たち、お互いがお互いに素直じゃないから関係が進まない・・・。でもそれが見ていてとってもかわいらしかったりでニヤニヤするんですけど。今回のことでちょっと八雲さん、晴香ちゃんに頭が上がらなくなったんじゃないかな・・・って思います。やっぱり尻に敷かれてる?(笑)今回失踪する前に晴香ちゃんにだけ連絡を入れた八雲さんに非常に萌えました。ホント、素直じゃないなぁ・・・(萌)。
    そして八雲さんが甘いものが平気なんだということがとっても意外でした。ていうか、彼は普段あそこに住んでいて食事はどうしているんだろうか・・・。

    で。結局八雲さんのお父さんは何がしたい人なのですかね?ただ八雲さんに執着してるだけ?そもそも何で梓さんを狙うなんてことしたんだろうか・・・。たまたま?自分の血やら能力やらを引く子供が欲しかっただけ?そうだとするとやっぱり彼女も可哀想な人ですよね。きっと自分の子供を殺そうなんて、本来の彼女なら思うような人ではなかったんだろうから。彼のせいで梓さんも八雲さんも人生を狂わされちゃってるのですよね。しかもその目的がいまいちハッキリしないんですよね。
    そんなワケで、4巻の序章の十五年前の事件にいた人はやっぱり彼女だったのですね。彼女は八雲さんのお姉さんと名乗っていたけど、実際はそうじゃなかったみたいでよかったです。弟な八雲さんも萌えだったんだけど、あんな人がお姉さんなんてまた八雲さんが苦しみそうでヤです。でも、彼女も周りの人間に恵まれなかった可哀想な人だったんだよな・・・と思うと、ちょっと切ないです。

全168件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年山梨県生まれ。2003年に自費出版で『赤い隻眼』(文芸社)を発表し、話題となる。その後、2004年に『赤い隻眼』を改題した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(文芸社)で、本格デビュー。同作から始まる「八雲」シリーズが、若者を中心に圧倒的な支持を集める。他著作に『コンダクター』『確率捜査官御子柴岳人 密室のゲーム』(ともに角川書店)、「天命探偵 真田省吾」シリーズ(新潮社)、『イノセントブルー 記憶の旅人』(集英社)などがある。

「2021年 『怪盗探偵山猫 深紅の虎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神永学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲5 つながる想い (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×