心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.03
  • (213)
  • (259)
  • (165)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 2838
感想 : 144
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043887064

作品紹介・あらすじ

一心の口から語られる驚くべき八雲の過去に、晴香は涙する-中学教師の高岸明美は、他人を寄せ付けず、寂しげな目で教室にたたずむ1人の少年のことが気になっていた。彼の名は斉藤八雲。"幽霊が見える"と噂され、クラスメートから疎まれる孤独な少年を、明美は必死に理解しようとするが…迫りくる恐るべき事件の影、その先に待ち受ける最大の悲劇、その時八雲は!?謎に包まれた過去が明らかになる、衝撃の八雲少年時代編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • '22年2月22日、読了。神永さんの「八雲」シリーズ、6作目。

    安定の、面白さでした。八雲の少年時代の悲しいエピソードが、一心、後藤刑事の二人から語られます。
    どんでん返しや巧妙なトリック等を楽しむシリーズではないですが、毎回楽しんで読んでます。「そこには、そんな背景があったのか…」的な。

    色々な小説、シリーズ物がありますが…娯楽作品である以上は、まずは理屈抜きに「楽しめる」事を、やはり求めてしまいます。

    次は、どれにしようかな~(≧▽≦)

  • 八雲の番外編。八雲の少年時代、過去に触れた作品でした。
    明美先生のお話し、泣きそうになりました、、。後藤刑事の出会いや一心さんも出てきて今まで読んだ八雲シリーズの中で一番好きかも(^^)

  • シリーズの番外編。タイミングとしては6と7の間に出たものらしく、いつ読むか悩んだ。結論としては、本編を全部読んでから読むよりも、6と7の間で読んだ方が楽しめそう。

    八雲の中学時代の出来事がまとまっているのが本作。
    どうして後藤に協力するようになったのか、また奈緒の出生の秘密、一心との関係…など色々なことが明らかになった。
    一心さんはやはり素晴らしすぎる人だなぁ。本編は9まで読んでしまって、この先どうなるかを知っているだけに悲しい。

  • 悲しいけれど温かいストーリー。

  • 八雲ん家って、彼をのぞいても
    妙な家族構成やなと思ったら
    一応それなりに事情があったのね。
    という部分が解明される物語でした。
    中学時代の八雲は、とっても人嫌いな子でしたわ…。

    このシリーズを読み続けているのは
    八雲のキャラもさることながら
    ミステリの謎解き要素もすごく面白いからかな。
    たしかに幽霊は出てくるけれど
    八雲が言うように
    直接手は出せない→幽霊に人は殺せない
    なのに死体が出るってことは
    やっぱり人間がからむわけさ。

    ほんと、いちばん怖いのは
    生きている人間の悪意よね〜。

  • どおおおしても神永さんの文章が苦手なのに、鈴木さんの表紙で買ってしまう自分を呪いたい。

  • 反抗期まっただ中の八雲と、ちょびっとだけ初々しい一心さんの話。

    この人、もうちょい文章と構成うまくならないかなぁ…キャラクターに魅力はあるだけに。歯がゆい。

  • 再読。
    八雲の少年時代の物語。肝試しに参加した同級生少女に憑いた赤ん坊の霊、時を同じくして宮川&後藤刑事にタレこまれたある病院の犯罪。いくつかの事件が繋がっていく様も面白いし、中学生時代の八雲の荒みっぷりや、明美先生との出会いを経て今の八雲になったんだということがよくわかる一冊。
    一心さんに惚れなおします。懐でけぇよ!菩薩か!

  • 先生自首するってなって「あ、いま刑務所入ってるだけなんだ。生きてるんだ。」って安心したのに…。

    八雲視点のシーンがあったのにがっかりしました…。地の文に出てこなくて本人何考えてるのか明確に描写はされないけど、周りから見た八雲の描写で「そうなんだろうな」って思えるのが魅力だったのに。あの場面、一心さん視点じゃダメだったのかしら…。

  • 今の八雲との違いがわからない。既視感がいっぱい。加筆、修正してこれかよ。

全144件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2003年『赤い隻眼』でデビュー。改題した「心霊探偵八雲」シリーズでブレイク。様々なエンタテインメント作品を発表し続けている。

「2023年 『怪盗探偵山猫 深紅の虎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神永学の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×