ゆめつげ (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.46
  • (125)
  • (305)
  • (505)
  • (65)
  • (11)
本棚登録 : 2472
レビュー : 241
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043888016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告」が得意な弓月だが、迷い猫を捜せば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、全く役に立たないしろもの。が、何を見込まれたか、大店の一人息子の行方を見てほしいという依頼が。礼金に目が眩み弟をお供に出かけたものの、事態は思わぬ方向に転がって…。大江戸・不思議・騒動記。

  • 小さな神社の禰宜である弓月は夢で過去や未来を見ることができる。
    「夢告」、本来はムコクと読むらしいが、わかりやすいようにユメツゲと呼んでいる。
    普段は近所のおばあちゃんが失せもの探しを依頼に来たりする程度だが、大店の息子の行方を見て欲しいとの依頼が舞い込む。


    「超能力を使うと身体に負担がかかる」という定番の設定もふまえたピンチの場面や、夢の影響力が強くなっていくくだりのはらはら感、それでいて主人公は人のいいのほほんとした若者というのがなかなかいいバランスで、おもしろかった。

  • 夢占のできる、ちょっと頼りない神官のお兄さんが主役の話。主人公の情けないけど憎めないところが、しゃばけシリーズと似ているかも。

  • 小さな神社で神官を務める兄弟の話 のんびりやの兄は夢に入って未来や過去を見る「夢告」ができるが、ちょっとずれている。しかし、どこでどう間違えた情報が入ったのか 大店の一人息子を探して欲しいとの依頼が・・・しかも、本人だという男の子が3人も!!
    おもしろかったです。依頼を持ってきた人の意図がちょっとわかりずらかったが、どうなるんだろうと、一気に読んでしまいました。
    最後のほうの幸右衛門さんの告白は、ちょっとずるいかも…

  • 悪くないけど、「しゃばけ」シリーズのが個人的にはすきだな、と思った。

  • 兄さんなかなか良いキャラしてるよ。ちょっと危なっかしすぎるけど。

  • ほのぼのとした日常話を想像していたのですが、
    なんとも予想を裏切るスリルっぷりでした。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-326.html

  • 夢告により過去・未来を見ることが出来る弓月のもとに、大店の一人息子を探す依頼がくる。
    夢告の結果を聞く為に集まった人達にも凶事が起こり
    弓月は自分の能力を使って全員が無事に逃げれる方法を考える。

    特殊な能力を持った人を少し羨ましいと思うこともあるが
    もしこのような能力を持ったら
    尋常ではない毎日を送ることになってしまうだろうと思った。

  • 夢告が当たらないと評判の兄、しっかり者の弟。そんな神官兄弟が巻き込まれた、子供探し。複雑に絡み合う事情と事情が、出口を見えなくさせていくような、そんな気分でした。

  • 小さな神社の禰宜である弓月は夢告で人探しを頼まれる。
    探すのは青戸屋の一人息子である新太郎。
    安政の大地震で5歳のときに行方不明になったきりだったが
    今度探したところ3人もの候補が現れた。
    大金持ちの青戸屋の息子になれば育ての親にも財が入るからか。
    しかしそもそもあまり当てにならない弓月の夢告によれば
    幸右衛門の息子である新太郎はこの世にはいないとのこと。
    納得できない奥さんのお栄に引き止められもう1度占うと
    今度は火の中に男の後姿が見えた。
    決着が着かないまま1泊することとなったが
    不吉な夢に目覚めてみると候補の1人の父親・吉也が
    切り殺されていた…
    カバーイラスト:三木謙次 カバーデザイン:鈴木久美(角川書店装丁室)

    何も殺さなくても、と思ってしまうが
    時代の変革期にある野望とか混乱とかが町人の生活を通してよく見える。
    ラストで走馬灯のように流れる未来が面白い。

全241件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆめつげ (角川文庫)のその他の作品

ゆめつげ 単行本 ゆめつげ 畠中恵

畠中恵の作品

ツイートする