ゆめつげ (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.46
  • (125)
  • (305)
  • (505)
  • (65)
  • (11)
本棚登録 : 2471
レビュー : 241
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043888016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正夢が見れるってのもきついなぁ

  • 小さい社の神官兄弟の兄が夢を見て探し物を見つけたりできる力を持っている事で相談を受けて事件に巻き込まれる話。うーん、話の夢を見る力っていうところは凄く好きな感じなのだけど、事件が起きてからの流れがちょっとのろいような気がしてちょっと途中緊迫した雰囲気が続き過ぎて退屈になってしまった。何となく巷の軽い探し物とか事件をあてにならないゆめつげで解決?していくようなお話が見たかったかも。

  • 「しゃばけ」のようなノリで読み始めたら、思いの外ミステリ!で話の流れにわくわくしながら読んだ。
    お兄さんのキャラが好きですね!ちょっとインパクトは弱いけど…。話自体はおもしろかったと思うが、登場人物の印象が薄く、記憶には残りづらいなぁと思う。かといって何度も読みたいか、というと…;
    また、最後の最後でふろしきを広げすぎた感も。倒幕や神社寺院の将来、ずっと先の未来の光景まで出てきてしまい、興ざめな感じがした。もっと身近なところで収めた方が個人的には好きでした。

  • 畠中恵さんのいつもの作品のように、和やかな話かと思ったら、思いの外物騒な話。

    手に汗握る展開で、ドキドキしながら一気に読みました。

    とりあえず無事に終わって良かった。

  • 維新以降、神仏習合から廃仏毀釈へと激動の時代を迎えることになるという背景を知っていれば、さらに面白く読めると思う。

  • 江戸後期の話。しゃばたけシリーズのつもりで買ったのですが、どうやら違ったらしい。
    しかし、怪奇話と推理話が適度に混ざって最後まで飽きずに読めました。

  • しゃばけシリーズとは違うけれど、コチラもまた面白い。

  • 江戸のしがない神社の息子2人、弓月と信行。のんびりとした兄、弓月はしっかりものの信行にいつも叱られっぱなし。そんな弓月は夢に入って過去や未来を見る「夢告」を行うことができるが、その結果はいつも芳しくない。
    ところが、さる大きな神社の権宮司がその夢告を見込んで、大店の一人息子の行方を占って欲しいと頼んできた……

    夢告という特別な能力に加え、ミステリー、政治などが絡まって最後まで楽しめました。
    幕末という動乱の時代を市井の人々がどう生きたかという様子も垣間見ることができました。

  • 畠中さんの描く妖がすごく好きなんだけど、こういうのもまたいいなぁと思った。
    どういう事なんだろう?ってガンガン読み進めて楽しかった。

    ちょうど今、神道とか寺と神社の分離についてとか調べてたから、こういう風に戸惑う人もいたのかなるほど…と思った。

  • 表紙の可愛らしいイラストに騙された。表紙と粗筋から珍騒動を期待したが結構シリアスな大騒動。6割か7割は珍騒動が欲しかったなぁ。

全241件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆめつげ (角川文庫)のその他の作品

ゆめつげ 単行本 ゆめつげ 畠中恵

畠中恵の作品

ツイートする