ゆめつげ (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.46
  • (125)
  • (305)
  • (505)
  • (65)
  • (11)
本棚登録 : 2471
レビュー : 241
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043888016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕末から明治の改変で大変なのは武士だけじゃないのね。
    深刻かつ陰惨な話になりそうなのを主人公ののんびりさ加減が絶妙でつい引き込まれて一気に読んでしまったが、また読み返したいほどではないかな。
    しゃばけシリーズでのんびりしたいです。

  • 舞台は江戸末期ですかね。小さな神社で神官を務める兄弟の話。兄には頼りなくはあるが、占いの才があり、事件に巻き込まれる…と言った感じでしょうか。

    今回も全体的にちょっと暗め・重めなんですが、主人公ののんびりした性格がそれを多少緩和しているかも。

    江戸は火事が多いと言いますが、最近読んだ畠中さんの作品は三作続けて火ネタが来ましたね。時代ものには大きな史実を軸にしたものが殆どですから、災害もその一つなんでしょう。十年前の大政の震災での出来事が本編に繋がっています。

    そしてこれまた畠中さんの作品で続けて取り上げられている、不妊、それと誰の子であるかと言う問題。

    時代ものですからね、まあ時代が時代だから、と納得させようとはしていますが、妻の不義に腹を立てる夫こそ余所に妾を沢山こさえてる、と言う。

    畠中さんて男性目線で書くのが巧いなあと言う印象があるのですが、それって結局女性だからわかる部分やも知れませんね。
    男性を正当化しているのでは無く、それによって暗に責めている気がする(笑)

    その方が読み手としては釈然としないものがしこりのように胸に残って、考えさせられたりします。

    さて…
    次はもうちょっと微笑ましい作品がいいな(^^;)

  • 畠中ワールド。


    江戸を舞台にしたファンタジーにはまっていた時期に読みました。

  • ゆめつげ先の事や知りたい事が簡単に占えたら手っ取り早いんだろうけど、本質に近付きながらはっきりしないところが興味を惹いて面白かったです。

  • 2011 8/17

  • 時は幕末。上野の小さな神社で神官を務める兄弟。当てにならないとの評判ながらも過去や未来を見ることができる「夢告」という能力を持つ兄の弓月。行方不明の息子を探して欲しいという大きな依頼を受けて出かけたところ、思わぬ事態に巻き込まれ自らも命の危機に…

    今作も、畠中さんの作品に多い「おっとりした主人公が、周りの人に助けられながら問題解決。めでたしめでたし」って設定。しっかりものの弟とのやりとりが微笑ましかった。
    ややインパクトに欠ける気もするけど、時代小説ものって何故かそれが許せてしまうから不思議。

  • 面白かった。ちょっとファンタジーで主人公は気の優しい人物で。

    続編はないみたいだけど、この兄弟の話をもっと読みたいと思った。

  • ファンタジーかなーガチのファンタジーっぽいなーと思い購入したけど!
    ファンタジーだけでなくやはり畠中さんらしいミステリーや、歴史まで様々なジャンルが描かれててとても濃い物語でした!
    満足です。

  • 長い事積本にしてたけど、読んだらなかなか面白かった。

  • 内容が複雑だが人間の感情を豊かに表現された作品だと思う。

全241件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆめつげ (角川文庫)のその他の作品

ゆめつげ 単行本 ゆめつげ 畠中恵

畠中恵の作品

ツイートする