ゆめつげ (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.46
  • (125)
  • (305)
  • (505)
  • (65)
  • (11)
本棚登録 : 2471
レビュー : 241
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043888016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さな神社の神官を務めるのんびり屋の兄・弓月、しっかりものの弟・信行。
    弓月は夢からお告げをえることが出来る『夢告(ゆめつげ)』の力を持っていた。普段はあてが外れたことばかり見ていた弓月だったが、なぜか大店の一人息子である『新太郎』を探してほしいと頼まれ…

    主人公・弓月ののんびりだけど飄々としたところが憎めなくて良い。
    幕末の混乱と事件が交錯していく点は面白いが、説明が長いと思う。
    ただ、一気に読めた。
    出来たらこの弓月の活躍(?)の続きをまた見たい気がする。

  • ちょいミステリィな感じ。キャラクターの魅力もあってか読みやすかったです。一種の予知夢のようなものと思うのですが、一度くらい体験したいですねえ。

  • 一気に読んじゃった!
    ドキドキしました。

  • 面白かった。
    優しい語り口で、読みやすくてほっこりできて、畠中恵さんてとてもいいなぁとあらためて。
    続編とかはないのかな

  • 読み終わってから、やっぱり畠中ワールドはすごいなぁと思いました。舞台はしゃばけシリーズのもう少し後、江戸末期。おっとりした神官弓月が夢告によって事件を解決するというお話。しゃばけと同じなぞ解きがメインでありながらも、時代背景をさりげなく、でもはっきりと絡めながら後半は世が明治維新へと進む様子が描かれていて一気に読んでしまいました。

  • しっかり者の弟をもつ頼りない兄。。
    でもそこがミソですよね!

  • 時代小説は多いけれど、神職から見た幕末というのは斬新。ミステリー部分には必然性などはあまり感じられなく、少し物足りない感じ。

  • 誰もが己を守りたい、己の思うように世が進んで欲しい
    そう思うものだけれど、皆が皆上手くいくとは限らない。

    のれんに腕押し 柳に風 のような主人公だけれど、
    どこか、芯がありそこは強固で頑固で真っ直ぐな気がする。
    畠中さんの作品はいつも主人公が優しくて賢い。
    そこが好きです。

  • しゃばけシリーズの方がはるかに人口に膾炙しているけれど、私は畠中恵「ゆめつげ」が好きだ。(でもしゃばけも好き)
    頼りない弓月に、なぜかこの人なら大丈夫、と思う。

    何かと話題の幕末がこの小説の舞台であり、こういう幕末もあるのだな、と思った。

  • 物語全体のほのぼのとした雰囲気と、殺人・人探しにまつわる謎解き。畠恵さんの作品は、伏線があって、二度目も楽しんで読める。

全241件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆめつげ (角川文庫)のその他の作品

ゆめつげ 単行本 ゆめつげ 畠中恵

畠中恵の作品

ツイートする