全訳 源氏物語 二 新装版 (角川文庫)

著者 :
制作 : 水口 理恵子  與謝野 晶子 
  • 角川グループパブリッシング
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043889020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 須磨から胡蝶まで。おもしろかったです。与謝野さんは「ずんずん」って表現よく使いますね。あと「ぎょうさんな」とか。笑ったのが「胡蝶」で玉鬘に迫る源氏に「変態的な理屈である」と書いてあったところです(笑)アッコさん正直すぎ!谷崎源氏では「まことにおせっかいな親心もあったものです」となっておりました。この違いがいいですね。女性からすると玉鬘に迫る源氏はやっぱ変態ですよね………。

  • 出版社 / 著者からの内容紹介
    源氏物語一千年紀に蘇る、瑞々しい与謝野源氏の決定版!
    寛弘5(1008)年11月、中宮彰子の親王出産に沸く藤原道長の土御門邸。宴に招かれた藤原公任が女房達の前に姿を見せる。「このわたりに若紫やさぶらふ」。ちょうど千年前の出来事を記念し、ロングセラーを新装版化!
    内容(「BOOK」データベースより)
    帝の寵愛を一身に集めた桐壷の更衣が産んだ美しい皇子と、かかわる人々の姿を情感豊かに写し取った、世界最古の長編小説「源氏物語」。切なさといとおしさに満ちあふれた恋模様や、熾烈な権力闘争など、いつの世も変わらない人間の営みを描ききった日本文学の最高傑作が、與謝野晶子の優しく格調高い筆致で現在によみがえる、54帖全訳の決定版。第一巻には「桐壷」から「花散里」までを収録。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

平安時代の作家、歌人。一条天皇の中宮、彰子に仕えながら、1007~1008年頃に『源氏物語』を完成されたとされる。他の作品として『紫式部日記』『紫式部集』などが残っている。

「2018年 『源氏物語 姫君、若紫の語るお話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

全訳 源氏物語 二 新装版 (角川文庫)のその他の作品

紫式部の作品

ツイートする