夜市 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.90
  • (523)
  • (635)
  • (503)
  • (70)
  • (18)
本棚登録 : 4145
レビュー : 642
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043892013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 角川ホラー月間最後はダメな1冊。「日本ホラー小説大賞受賞」ってとこでダメな予感はしていたけど、案の定。

    2本の中編が収められているが、両方トワイライトゾーン系の存在しない空間に入り込んでしまう話。そこで抑えておけば良いのに、異形だのなんだのを詰め込んでしまって、ひとりよがりのストーリーに置いてけぼりにされる。

    文章も改行が多いため、さらっと読み終わることができるが、全く残らない。その一方で、会話文も咬み合っていたりいなかったりと、なかなか理解しづらい。同じフレーズを繰り返したりして、語彙力が足りていない。

    世界設定を売りにするのなら、もうちょっと丁寧に設計してから書き出すべきで、あと付けで作ったのがまるわかりな設定(夜市は3回までしか行けない、道で生まれたものは外に出られない等)も、どうなのかねえという気がする。

    よっぽど力がある人でなければ、異形系のファンタジー小説は無理なんだろうな。畠中恵も含め、体外失敗作が多い現実を、出版社の人もよく見るべきであろう。

    お金を出す価値はない。

  • 文章も変な飾り気もなく、堅苦しくもなく非常に読み易い。
    ただ途中で結末の予想はつくし、読み終わってからの結末の感動は個人的にはあまりなかった。
    読み終わった後はなんとも言えない気持ち。ハッピーエンドとも言えないが、バッドエンドとも言えない。
    私はあまり好きではなかったなーというのが感想。話の内容は読めば読むほど深まる気がするが、個人的にはもう一度読みたいとはあんまり思えなかった。

  • 2008年11月14日 16:07

    表現の稚拙さ。人物設定の浅さ。薄っぺらい情景描写。どれをとっても読むに堪えない。賞をとったことはもとより、本になったことが不思議。

    筋自体は悪くないと思う。
    人でないものの集う異次元世界で開かれる夜市。紛れ込んでしまった人間は、商品を買わねば元の世界には戻れない。もしも金銭を持たないならば、何かを代償に差し出してでも‥

    うん、じゃあ、文章にする自信がないなら漫画の原案にしてもらったらよかったんじゃない?「ちゃお」の<夏の恐怖よみきり!!こわいの10本集めたよ!>ぐらいになら使ってもらえたと思いますよ。

    小説なんて作者の自己満足、重々わかってます。しかし、その自己満をお金まで出して求められるのが作家という存在なんです。

    これは必要じゃない。彼はまだ作家じゃない。もうちょっと家でノートにつれづれやっといてください。

  • 幻だよ。この年になると、過去の幻がまとわりつくようになってな。この剣で斬ってやろうと思っている。

    この一節がとても好きです素敵です。

  • 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。 《・・・「BOOK」データベースより》

    「独特の雰囲気を醸し出す作家さんだなぁ」
    という印象。

    「第12回日本ホラー小説大賞受賞」とあったので、
    “ホラー”という認識で読み始めた。
    異形の者たちが出てくることからして、大きく括れば“ホラー”なのか?
    私の中では、このカテは微妙だな。
    どちらかと言えば、“ファンタジー”しかもやや暗めだ。

    表現力や、視点は良いとは思うが、
    私には合わないかなぁ・・・

    この1冊で決断するには早急か?
    でも、やっぱ好みじゃないんだよねぇ・・・

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜市 (角川ホラー文庫)のその他の作品

夜市 単行本 夜市 恒川光太郎
夜市 (角川ホラー文庫) Kindle版 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 Audible版 夜市 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする