夜市 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.90
  • (523)
  • (635)
  • (503)
  • (70)
  • (18)
本棚登録 : 4145
レビュー : 642
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043892013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オドロオドロしい夜市。サラッと読める。
    野球の才能と引き換えに弟を売った青年。
    夏の暑さの中で足元をすくわれるような、ヒヤッとした感覚。
    思わず茂みに夜道の気配をかんじてしまいそう。

  • 2作品。初ホラーだったので怖々読みましたが大丈夫でした。夜市ゾクゾク感あり。私にはちょうどいい感じで良かったです。

  • とても興味深い設定。
    結構先が気になってどんどん読めるんだけど、なんだか物足りない感じ。

  • おすすめのホラー小説で必ず上がってくるタイトルなので読んでみた。
    うん、ごめん、評価が高いのと自分に合う合わないは別のものだと再確認した。
    巻末の選評がとくに気持ち悪いくらいべた褒めなのにまいった。
    まぁそれでも風の古道の
    「それはこんな顔かい」とのっぺらぼうの有名せりふが出てくるシーンはちょっと面白かったなぁ笑

  • (オーディオブックにて)

  • 表紙買いの様な形で読み、独特の雰囲気や世界観にとても興奮を覚えました。
    ページを進むごとにどうなっていくのだろうと期待が膨らみ、最後のページを読み終えたときには放心し椅子から落ち、ただただ心が削がれた気がしました。

    一番近い気持ちとしては一目惚れして知れば知るほど好きになり、自ら進んで手を取ったけれど、一方的に犯され捨てられた。そんな気持ちでも嫌いになりきることができず、忘れたくても忘れることのできない作品です。自分としては。

  • ホラー・・・なのかな?これ。怖いの嫌いだけど、別に怖くなかった。

    モノではないものも買えるという、何でも売っている「夜市」。その昔、この「夜市」で弟を売り、代わりに才能を手にした少年が、その行為を悔やんで弟を取り戻しに行く。けれどもちろん、もう弟の姿はあるはずもなく――

    そんな表題作と、あと一つ短編がありました。が、どちらも堂々巡り感があったなぁ。。。読みやすいのは読みやすいです。両方とも。すらすらいくから、ちょっと時間が空いた夏休みなんかにいいと思う。

    貸してくれた元同僚のH氏へ、感謝を込めて。

  • 世界観がいい!ストーリーがいい!と、おススメする人がいたので読んでみました。ですが、私には合いませんでした。ファンタジー・ホラーの世界は好きだし、どこがダメなのか具体的には言えませんが・・・感覚的なもの?と言えばそうなのかなあ。

  • 日本ホラー小説大賞作品。

    絶賛されていましたが、正直、アイデア的なもの以外は
    読んでピンときませんでした。
    特に、人物背景、理由。
    設定は独創性も見られて、新規性があるので好感ですが、
    やっぱり、小説である以上の人物が動く理由が、
    個人的に?な感触しかありませんでした。

    後の物語と比べると、なんだか青臭くて、
    その割りに何かに縛られている雰囲気がします。
    恒川氏のコレ以降の物語の方が断然好きです。

  • 何となくホラー系の作品が読みたいと思っていた時に、おすすめされたのもあり手に取ってみた。
    金魚をモチーフにした表紙に惹かれたのもある。

    ホラー小説大賞受賞の表題作「夜市」と「風の古道」。
    どちらも日常の隣にある非日常=異界とでも言えばいいのかな?
    作品の扱う異界や雰囲気は好きなのだけど、単純に“恐怖”を求めて読んでみた身には、物足りないというか残念な印象になってしまった。
    違うタイミングで読んでいたら、もっと好印象だったのかもしれない…とは思う。
    どちらかといえば「風の古道」の方が好きかな。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜市 (角川ホラー文庫)のその他の作品

夜市 単行本 夜市 恒川光太郎
夜市 (角川ホラー文庫) Kindle版 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 Audible版 夜市 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする