きみが見つける物語 十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)

制作 : 角川文庫編集部 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.27
  • (9)
  • (19)
  • (32)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 332
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043894079

作品紹介・あらすじ

いつもの通学路にも、寄り道先の本屋さんにも、見渡してみればきっと不思議が隠れてる。読者と選んだ好評アンソロジー。不思議な話編には、いしいしんじ、大崎梢、宗田理、筒井康隆、三崎亜記の傑作短編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筒井康孝の廃塾令が好き!借りて読んだので、古本であったらほしい。新品でも500円なら買い!
    君が見つけるシリーズで一番面白いとおもう。

  • このシリーズは他の作品も読んだが、うーんって感じでした

  • この本は全体的に今ひとつのものが多かった。標野にてが面白かったのと、ぼくらシリーズの秀逸さを確認。
    「すげ替えらえられた顔色」いしきしんじ
    顔を盗まれる話。
    「純子の冒険」草田理
    ぼくらのメモリアルから中華屋の純子がトラブルに巻き込まれる話。
    「標野にて 君が袖振る」大崎梢
    配達あかずきんより。書店屋の二人が小さな謎を、解く。今回のはあさきゆめみしを買った上品な年配女性がいなくなった謎を解く。上手く抜き出せている。
    「廃塾令」筒井康隆
    シナリオ書きなのと、状況設定が奇抜なのが今の世代に受け入れ難いかも。塾廃止になって巻き起こる騒動の劇。筒井康隆あたりの世代の作家のはオヤジ思考が内容に滲んでる話はあまり好きじゃないなぁ。
    「動物園」三崎亜記
    変身能力があるという前提での女性の心理描写話。ある動物園で仕事請け負う様子。

  • 個人的にはこのシリーズはたくさんの話をサラッと読みたいので、一話ごとの分量が他の巻と比べて若干長かった気がする(しかも推理パートが多くやや冗長)のが求めていたものと違い少し残念。
    動物園のお話は社長と日野原さんの関係や動物以外の姿にもなれるのか。気になる点が多くシリーズで読んでみたかったです。

  • 君が見つけるシリーズ

    5人の作家の名作を一部伐採して掲載、

    宗田氏の部分を読み、ぼくらシリーズを読破した当初を思い出す。


    中身も不思議な話が多く楽しい作品

  • 廃塾令がばかばかしくて笑えます。最後の毎回捕まる女の子とか何となく通わせている母親たちがシュールで。動物園は社長が気になります。あの能力は動物にだけなれるのかそれとも何にでもなれるのかも。この話はシリーズとかではなさそうでちょっと残念。顔をかえられて誰にもわかってもらえないのは恐ろしいですね。私もひとの顔なんてはっきり言ってまじまじと見る方ではないので怪しいですが。純子の冒険と袖振る話はあまり入り込めなかったです。

  • 動物園が不思議。

  • 色々な作家の短編集。

    不思議な話編では、いしいしんじ、大崎梢、宗田理、筒井康隆、三崎亜記の作品が読めます。

    お気に入りの作家を見つけるのに、いい短編集だと思いますよ。

  •  
    短編集 。 恋愛編を昔読んだことがあり
    不思議な話編 を 読ませていただきました 。

    大崎梢の 「 標野にて 君が袖振る 」 は、
    短いお話ながらも よく出来たお話で
    源氏物語 読みたくなりました 。
     

  • 読了。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角川文庫編集部

「2008年 『きみが見つける物語 十代のための新名作 スクール編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きみが見つける物語 十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×