塩の街 (角川文庫 あ 48-3)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.89
  • (2386)
  • (2944)
  • (2064)
  • (420)
  • (116)
本棚登録 : 29363
感想 : 2097
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898039

作品紹介・あらすじ

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが-「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 有川浩デビュー作!
    「空の中」「海の底」と並ぶ自衛隊三部作の第1作とのこと。
    SF+恋愛小説っという感じ。
    前半と後半の大きく2部構成です。

    設定がすごい。
    塩が世界を埋め尽くす物語。
    塩の結晶が地球に飛来してきたことで、人間が塩になっていく。「塩害」。社会が崩壊していく世界。
    なんで、人が塩になっちゃうの?
    その原因も語られていますが、あまり納得はいかない(笑)

    そんな設定の中で暮らす秋庭と真奈の二人。
    その二人が出会う様々な人物。
    世界を救う?として出会った人物。
    そして、秋庭がとった行動とは?

    ハチャメチャな展開ながらも、秋庭と真奈との恋愛度が上がっていきます。
    塩害を救うための大スペクタクル、サスペンス、アクションっと思いきや、二人の恋愛ドラマです(笑)

    後半部分は、後日譚や前半の登場人物たちのサイドストーリ。ここでも、暖かい?恋愛ドラマが語られています。

    楽しめました。
    「空の中」は随分昔に読んでました。
    「海の底」はまだ読めていないので、これを機に読みたいと思います。

  • 有川浩さんデビュー作『塩の街』の概要と感想になります。

    世界中を一瞬で襲った巨大な柱は、たった数日で多くの人々を「石化」ではなく「塩化」させた。どういう仕組みで塩化が起きてしまうのか戸惑う人々が争い合う中、一人の女子高生と一回り年上の自衛官との恋が世界を救う。

    といった概要から『図書館戦争』シリーズと似ているかもと想像しながら読み終えました。本作がベースとなって恋愛や自衛隊の要素が『図書館戦争』を創り上げたのだろうと感じます。

    連作短編集でしたが後半は作中の登場人物たちのスピンオフ的なエピソードも交えているため、『塩の街』という世界を多角的に堪能した読後感でした。

    • マメムさん
      bmakiさん、コメントありがとうございます。

      そうですね♪
      年の差も身分も超えた壮大な世界で起きる恋愛小説という意味では、少女漫画に近い...
      bmakiさん、コメントありがとうございます。

      そうですね♪
      年の差も身分も超えた壮大な世界で起きる恋愛小説という意味では、少女漫画に近いかもです^_^
      余談ですが、何故か最近の読了本が終末や震災ものが多いなと振り返って思いましたが、そろそろミステリを堪能したくなります。裏染天馬シリーズの最新刊が待ち遠しいです!!
      2024/04/09
    • bmakiさん
      そうですね、違うテイストの本を読んでいると、ミステリに戻りたくなりますよね(*^▽^*)

      ど真ん中のミステリに出会ったら、また教えてく...
      そうですね、違うテイストの本を読んでいると、ミステリに戻りたくなりますよね(*^▽^*)

      ど真ん中のミステリに出会ったら、また教えてくださいm(__)m

      天馬のシリーズはまだ2冊しか読んでいないのですが、まだありますよね?
      また見つけたら購入してこなくちゃ(^^)
      2024/04/10
    • マメムさん
      bmakiさん、お返事ありがとうございます。

      裏染天馬シリーズ3冊目は『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』の短編集ですが、短編集に抵抗あれば『図書館...
      bmakiさん、お返事ありがとうございます。

      裏染天馬シリーズ3冊目は『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』の短編集ですが、短編集に抵抗あれば『図書館の殺人』に飛んでも良いと思います♪
      2024/04/10
  • 【守るべきものがなくて戦ってはいけないのか?】

    古今東西、思えば我々人類は、あるときは天災・災害、あるときは地球人同士、そしてあるときは地球外知的生命体との戦いの歴史を繰り返してきました。えっ?って、もちろんここで言っているのは、映画やアニメ、そして小説などの架空世界のことです。リアルであっても架空世界であっても人は自分が侵略者という認識がない限り、自らの戦いを正当化したくなるのは当然のことです。でも理由も無しに漠然と【それでも守りたい世界があるんだ!】というのは決め台詞としてはいいかもしれませんが、現実感を伴うには何かしらもっと具体的なものが必要に思います。あくまで自分の世界の中で完結させるなら【僕は、あの人に勝ちたい!】という理由もそれが少年の叫びであれば心に響いてきますが、古今東西の圧倒的大半の作品では、【愛は地球を救う】、これがもう誰もが待ち焦がれるメインテーマだと思います。でも、我々がそれら架空世界の物語に期待することは本当に『地球が救われる』ことなのでしょうか。我々はその作品に何を期待しているのでしょうか。

    『東京ってこんなに遠かったんだなあ』と重いリュックを抱えて歩く遼一はついに意識を失います。『あのー大丈夫ですか?もしもし?』という声に目を覚ました遼一。小笠原真奈という少女に助けられた遼一は真奈の大家という秋庭のマンションに入れてもらいます。遼一を連れてきた真奈に不満の秋庭でしたが、『海に行きたい』という遼一の希望を叶えセダンを調達して、真奈も連れて海に向かいます。『海月って言うんだ』、そう言ってリュックを開ける遼一。そこには目一杯に詰め込まれた塩がありました。『あんたの恋人か』と問う秋庭に『最後の瞬間だけそうだったかも』と告げる遼一。そして『きれいなままで塩の柱になれるように』と、『一粒残さず ー そんな執念で、遼一は塩を撒き切った』のでした。そして、自らも海へと進む遼一。『彼女を海に溶かして、自分も海に溶ける。二人とも同じ濃度の塩の水に ー そのために彼はここへ来たのだ。彼女とひとつに溶け合うために』。そんな遼一を見届ける秋庭と真奈。それは、具合が悪くて真奈が学校を休んだ日のことでした。突如ニュースの特番が流されているのを目にした真奈。『本日午前八時半、東京湾、羽田空港沖に建設中の埋め立て用地に巨大な白い隕石らしき物体が落下』『飛来した隕石の主成分は塩化ナトリウム』『怪現象は便宜上塩害と名づけられ』、という現実感を伴わない、そのニュースが全ての始まりとなりました。『人間が塩の彫像になる』という現象により『関東圏の人口が三分の一に』『塩害を防ぐ方法は今なお全く不明』『治療方法も発見されておらず、一度塩化が始まったら手の施しようがない』という危機的状況により『たった二週間そこらで、街並みは荒れ果て、殺伐としていた』と『世界は激変した』展開に進んでしまいます。そんな中、秋庭、そして真奈は、数多の危機を潜り抜け、戦場へと向かい、地球の人類の危機に立ち向かっていきます。

    SFですから、どんな設定もありだと思いますが、この作品では、隕石という地球外からのある意味での侵略による人類壊滅の危機というシチュエーションを設定しています。しかし、異星人が出てくるわけでもなく、あくまで敵は『塩化ナトリウム』というところが、ある意味新しいと感じました。何かしらの生物である方が敵味方の意識ははっきりしやすいものだと思います。どちらかと言うとこれは災害・天災ものと捉える方が違和感がないようにも思いますがそうなると読者の怒りのやり場がなくなってしまうという難しさがあります。それもあって『ここに住んでいるの食べ頃の女子高生ただ一人ってわけだ』『死ぬ前に少しでも気持ちいい目に遭ったほうが得ってもんだろ』と荒んだ街の人々を悪人に見立てて、読者の怒りのやり場を違う方向に向けていきます。ただ、個人的には、舞台を日本とした場合に『街では店という店が破壊され荒らされており』とか、『街並みは荒れ果て、殺伐としていた』というイメージはどうしても、違うかなぁという印象は受けました。心のどこかで、そんな時でもこの国はそんな国になって欲しくないという願いから出てくるものだとは思いますが、この辺りは、人によって考え方、感じ方は違ってくると思います。

    一方で、荒れた街に対比してこんな表現が出てきました。『海も空も太陽も、誰かに見せるために朱に染まるのではない。綺麗な景色に意味などなく、それはただ綺麗というだけのことだ。美しいと誉めそやすのは見ている側の勝手な評価で景色は美しくあろうとして美しいわけではない』。ある意味冷静で、ある意味とても冷めた表現ですが、この作品世界の置かれた状況を考えると、そして、遼一の思いを考えるとこのシーンにとてもふさわしく、とても印象に残りました。

    そして、有川さんは、この作品が生まれた背景について『好きな人を失う代わりに世界が救われるのと、世界が滅びる代わりに好きな人と最期を迎えられるのと、自分ならどっちを選ぶかなぁとただそれだけで走り出したお話でした』とあとがきに書かれています。人が塩に変わっていくという大胆な設定のこの作品。それだけを考えると、幾らSFとはいえ、入り込めない人は最後まで入り込めないと思います。でも、わたしは、この作品はそこではなくて、あくまでこれは一つの恋愛物語なのだと思いました。この作品を読み終わって感じたのは、後半部分、『塩との闘い』のあまりの物足りなさです。映画だったら、ミサイルが宙を舞い、戦闘機が大旋回を繰り返し、派手に炎が燃え上がる、その一番の山場が、ない、全くない、出てこない。でも、これは盛り上がらないのではなくて、この作品が、未知の『塩』という巨大な敵との闘いを描いたものではなく、【やらせはせん!やらせはせんぞ!】と守る対象は、あくまで愛する真奈。『愛は世界なんか救わないよ。賭けてもいい。愛なんてね、関わった当事者たちしか救わないんだよ。救われるのは当事者たちが取捨選択した結果の対象さ』という入江の言葉にある通り、世界が救われるのはあくまで結果論の世界。【守るべき人がいる】、【守るべき人を守る】、そして守り通した結末に、世界が救われたという結果論がついてきただけの世界。それは【不自然なこと】ではない。そう、これは単なる『10歳の歳の差を超えた男と少女の恋愛物語』とすれば、これは定石どおりのエンディングではないかと思います。だからこそ、定石どおりの【まだ、ぼくには帰れる所があるんだ。こんなにうれしいことはない】という感動の結末がふさわしい。ただの恋愛物語の背景に、自衛隊という巨大組織を、滅びゆく世界を、そして人類の未来をも大胆に巻き込んで描かれた壮大な世界の小ちゃな恋愛物語。押さえるところをきちんと押さえた有川さん渾身のデビュー作。見方を間違わなければとても上手くできた作品だと思いました。

    • ぴよこさん
      さてさてさん、こんばんは。

      いつもコメントありがとうございます。
      なかなか、こちらから返せずに申し訳ありません。

      レビュー興味...
      さてさてさん、こんばんは。

      いつもコメントありがとうございます。
      なかなか、こちらから返せずに申し訳ありません。

      レビュー興味深く拝見しました。
      私は、有川浩さんの名前は知っている程度で、作品は読んだことがないですが、このデビュー作は読んでみたくなりました。
      ガンダムの名台詞、全部分かったわけではないですが、引用されたものなどを拝見し、なるほどと思いました。
      こちらの作品、今度チェックしてみようと思います。
      レビュー、教えてくだすってありがとうございます。
      2020/09/20
  • 人間が、塩になる…しかも全身が…
    今も塩分取りすぎで、病気なるで!って先生には怒られてる…
    そういう問題ではないわ!(^^;;

    現実に、そんな事起こってしまったら、世界の為とか、人類の為とかで、塩害に立ち向かうか…やっぱりムリ!

    こんな、世界的な災害が起こったら、どうするんやろ?
    自衛隊は機能してる。それをカリスマ2人が利用して…
    1人は、鬼才に動かされてるように見えて納得して動いてる。
    どっちにしても、動機は、世界ではないな。
     塩に負けてたまるか! 1名
     彼女を塩にしたくない 1名

    って感じで、ついでに世界救ったみたいやな。それがカッコ良いと言えば良い。

    話は前半、後半に分かれてる。
     前半 塩との闘い。
     後半 後日譚になるのかな?

    このコロナ禍で読むと格別です!

    3部作なんで、残りも読も!(^_^)v
    他にもいっぱい手元にあるので、時期は不明です〜(⌒-⌒; )

  • 初期 自衛隊3部作の一つです。
    塩の街は宇宙からの侵略物のせいで、人間が塩に変えられてしまいます。
    とっても突飛な設定ですが、その中に出てくる人物像がとても魅力的です。
    今回は航空自衛隊。
    有川氏らしい作品。
    あとがきでは 上手く書くのではなく、書きたいように書いた作品とのことです。
    とても魅力的な本でした。

  • 『塩の街』有川浩著
    【印象に残る言葉】
    「女は本来男よりも度胸あり図太い。男は理屈を越えられないが女は軽く越えちゃう。」
    「世界のルールが変わって、人間は初めて何に守られていたかがわかる。そして何を守りたいか?」

    【著者との出会いからこれまで】
    これまで植物図鑑、阪急電車、レインツリーの国、クジラの彼、ストーリーセラーと読了してきました。
    そして、次がこの塩の街でした。
    過去読了していた小説とは毛色の違う始まりに戸惑いを覚えながら進みました。

    【物語】
    タイトルのとおり、世界が塩の街になり、人々が存在できなくなる極限の物語です。
    その物語を通じで
    親子
    年齢が10離れた男女
    高校からの幼なじみの男組
    塩害を機会に命を無くす若い男女
    らの関係をたどります。

    【季節と物語】
    始まりは冬。どんよりとした厚い雲に覆われた感じです。
    さらに雪が少し積もり、足元がふらつきます。
    でも、少しずつ少しずつ薄日が差し込み、春の訪れです。
    物語の終わりには、満開少し手前の桜の風景が目に浮かぶ感じです。

    有川浩さんの小説。
    今回の塩の街でさらに好きになったようです。

    #読書好きな人と繋がりたい。


  • 当時、この設定は突拍子もないものだったのかもしれませんが、コロナを経験した今、いつ起こり得てもおかしくないなと感じました。

    自分は、愛する人を守るため、闘い命を捧げることができるのだろうか?

    アニメになりそうな感じ、と思ったのは、真奈の純粋さと若さのせいだったからかな。

  • 塩は街を次々と飲み込み、社会は壊滅しようとしていた。
    塩害の時、壊滅寸前の東京で暮らす秋庭と真奈。2人の前には様々な人が現れ、消えてゆく。


    有川浩さんのデビュー作で、「自衛隊三部作」と呼ばれる作品の1作目です。
    ある日突然塩に飲み込まれた街。塩はどんどんと街を侵食してゆき、人間すらも塩へと変えてしまう。そんな時代の東京で暮らす、男女のお話。
    好きな人を失う代わりに世界が救われるのと、世界は滅ぶ代わりに好きな人と最期を迎えられるのとどちらを選ぶか、から走り出した作品だそうです。
    自分なら、どうだろう。きっと好きな人と共に最期を迎えることを選んでしまいそう。だって、本当に、そこまで大切で大好きな人だったら、きっとその人自身が私の世界だから。その人を失ったら、結局世界は終わってしまうから。どちらにせよ終わる世界なら、最期まで大切な人といたい。ほかの何を犠牲にしても。世界の最後は、最大のエゴイズムで終わらせてやろう。
    と、とんでもない所まで妄想が飛躍しましたが、世界を救うのもまた別の愛。どれだけ悲しませたとしても愛する人が死ぬところを見たくないという、また一種のエゴイズム。

    当初は電撃文庫からライトノベルとして発売されたそうですが、必死に上辺を取り繕って、足掻いてもがいてぶつかり合って。みっともなくても醜くても、恋する人のため命をかける。真っすぐで必死でちょっと青い雰囲気は確かにライトノベル的。
    ですが、どちらかというととても一途な恋愛小説だと思います。
    白泉社の少女漫画系レーベルからコミカライズ版が出ているのは知っていて、知った当初は何だか不思議に思っていたのですが、読んでみるとこれはまさに少女漫画……! 苦くて真正直な真奈の気持ちにときめきます。

  • 《恋のハードル》名場面:有川浩『塩の街』に見る「恋愛をロマンチックにする」方法|話題|婦人公論.jp
    https://fujinkoron.jp/articles/-/3844

    【書評】『塩の街』 有川浩 角川文庫 | 東北大学新聞
    ttps://ton-press.blogspot.com/2019/11/shohyo1.html

    塩の街 有川 浩:文庫 | KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/200909000017/

  • 初の有川浩さんの作品。序盤の雰囲気から塩害の被害に遭った人間の生き様を描いていくのかと思っていたら、中盤以降は出会った男女の恋愛話が中心になっていき別の意味で裏切られた。
    真奈の秋庭を思う気持ちと秋庭の世界を塩害の脅威を救うために命をかける決意がぶつかり喧嘩にまで発展するシーンはどちらの気持ちも分かってしまいとても苦しい気持ちになった。登場人物はみんな愛する人と一緒にいたいという願いを中々伝えられない不器用な人が多く,それがいとおしく親近感を覚えた。そしてそのような愛する人がいるからこそ人を守り,あまつさえ世界を救うことが出来るのだと思った。高橋ノブオが書いた本の冒頭部分『世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。その中の1つの恋が世界を救った。そのことを僕はこれから書こうと思う』にも現れている。ヒーローは守りたい人を守っただけでその他の人はそのおこぼれでしか無いというのは1つの真理であると感じた。
    これから後2作品の自衛隊シリーズも読んでいきたい。

    追記
    最後にこの作品をアニメ化したときの声優陣を自分なりのキャスティングにしたので読むときの参考にしてください。
    秋庭 高範:松岡禎丞
    小笠原 真奈:豊崎愛生
    谷田部 遼一:梅原裕一郎
    トモヤ:村瀬歩
    入江 慎吾:河西健吾
    野坂 由美:日笠陽子
    野坂 正:安元洋貴

全2097件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高知県生まれ。2004年『塩の街』で「電撃小説大賞」大賞を受賞し、デビュー。同作と『空の中』『海の底』の「自衛隊』3部作、その他、「図書館戦争」シリーズをはじめ、『阪急電車』『旅猫リポート』『明日の子供たち』『アンマーとぼくら』等がある。

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×