塩の街 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.88
  • (1826)
  • (2332)
  • (1636)
  • (347)
  • (78)
本棚登録 : 19113
レビュー : 1689
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩さんのデビュー作。
    夢中で読んだ。

    空から飛来した塩の巨大な結晶。
    それが来てから人は塩の柱になって死んでいく。

    無秩序なゴーストタウンになった東京で
    身寄りを亡くした高校生、真奈と自衛官の秋庭が
    ともに暮らしていた。

    恋。

    ただそのひとつに命を賭けて、二人は生き残ろうと
    するのだが…。

    というお話。

    で…もう。読んでいて胸が痛くて。
    限界値のある世界でないと、何故人は素直に
    なれないのか。

    私の愛している人が、塩の柱になると
    言われたら。どんなに貶められても
    どんなに困難でも、そのひとといる。

    きっと相手は私と同じには、してくれないと
    解っていても。きっと私は。

    だからこのお話は…。

    ほんとうの最愛だからこそ、成り立ったお話。

    素晴らしい恋物語だけど、同時にすごく優れた
    パニック小説、サバイバルSFでもあって。

    入江という秋庭の友人が、悪辣だけど
    すごく良かった。塩害という事態をどうする?

    という事や、起きた事態に対して架空の中での
    リアリティをしっかり持たせてくれたので。

    明日も知れない中で、どの人物も
    ああ、こういうことあるなと思わせるのがいいし
    やはり組織の中での作戦遂行というものを
    この人が書くとうまい。

    有川浩はこうじゃなきゃ!って思う作品だった。

    ちなみに、電撃文庫や角川の単行本より
    角川文庫をお読みになるのが、今からなら
    いいと思う。

    後日譚などもちゃんと収めてあるし
    これが完成版のよう。

  • いつ読んだか忘れたくらいの再読。

    デビュー作ということを思うと、やっぱりオソロシイ。
    少し大人になった自分が再び読んでも、ふわふわ出来る。
    若くないからこそ、文章の端々から感じる、作家の「感じて欲しい意思」みたいなものが、甘酸っぱさを含んでスゴク伝わってくる。
    だから、いつまでも好きなんだろうと思う。


    自分の関わった人さえ不幸にならなければそれでいい。
    自分の見る部分さえ綺麗ならそれで。
    知らないところにどれほど汚く、醜く、残酷な部分があったとしても、それを直視することがなければ知らなかったことに対して穏やかでいられる。

    世界が美しいなんて嘘を信じたままで。

    -P184-

    この容赦のない入江という登場人物が大好きだ。
    理不尽で耳を塞ぎたくなるセリフを言い続ける入江という人を書いている、そんな有川さんを想像するだけで、もうそれだけで楽しくなってくる。

    この塩対応するキャラのお陰で、この一冊は完成していると思った。

  • 有川浩のデビュー作。『図書館戦争』シリーズが面白かったので、初期作品から順に読破したいと思って買いました。

    近未来設定でちょっと有り得なさそうな設定なのに、ひょっとしたら起こりうるかもしれないと思わせるエピソードの数々が面白いと思う。個人的にかなり好きなジャンルです。

    自然災害にしても、人為的災害にしても、もしこんなことが本当に起きたら、情報や利便性に慣れ過ぎた現代の日本人は生きていけるのかなって、フィクションではないような警鐘を感じます。

    冒頭から読み始めてまず思ったのは、物語の雰囲気が、新井素子の『ひとめあなたに・・・』に似ているなってこと。私が高校生の頃に少なくとも5~6回は読み返した本です。大好きでした。
    有川浩も私と同世代で、どこかで読んだプロフィールに「好きな作家・新井素子」と書いてあったのを覚えているので、きっと高校生に頃に読んだだろうなと思わせられます。

    世界が終わるかもしれない時、人はそれでも大好きな人のところへ向かうんだろうというところが共通項です。
    究極のラブストーリーだと思います。

  • 個人的にめっちゃ好きな話です。

    秋庭さんもろタイプなんですwww
    あんなこといわれたらなあ、とか羨ましく思いつつ...

    感動しました。
    勢いだけでがんがん読めちゃう感じで、
    読んだ後の気分?がなんとも言えないんですよね笑
    「あんな恋してみたい!」って思いましたwww
    でも、考えさせられます。

    世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。
    ↑名言です。

  • 甘いです。とにかく甘い。愛が世界を救う!好きな女を守ったらついでに世界も救われました!
    気になってどんどん読める自衛隊三部作の中のひとつ。秋庭のことを自分はオダジョーとか伊勢谷みたいなイメージで読んでたけど、友達は熊のような人を想像していたらしい。そういうのって面白いね。

  • 最初から最後まで面白かった。
    展開がたくさん変わったし、章ごとに現れる人物がこれまた素敵なストーリー。
    泣いた

  • 読むのに1週間以上かかったけど、読んでる間中ずーっとドキドキを感じ続けることができた。本当に名作だと思う!

    設定としては、世界中で突然人間が塩化してしまうという突拍子もないSFストーリーなんだけど、そんなどうしようもない世界で育まれる恋愛に焦点を当てられている。
    恋愛を表現する言葉の一つひとつを取り上げてみてもすばらしい。世界が絶望に包まれても大切な人がいてくれたら救われるんだろうなぁ~と思う。あぁ、恋愛したい。



  • 塩の結晶が地球に飛来して
    人間が塩化して世界が死滅していく

    有川さんの頭の中を見て見たい!!
    とっても面白かったです。

    そして登場人物たちがとても
    好き。魅力的。

    死 と隣り合わせの世界で
    人は何を願う のか

    自分より大切なもの があるって
    いいなあと思いました。

  • 面白かった。熱意というべきか。温度の高いものが詰め込まれている感じがした。
    秋庭さんは昭和のお父さんみたいだったが、糖度はかなり高め。真奈は文句なく可愛い。
    ただ、入江に対するもやもやをどうしたものか。情がないだけに矛盾のない人物であって恐らくそこが唯一とも言える魅力だと思うのだが。割り切っているのか、開き直っているのか、最後まで判断がつかなかった。

    • komoroさん
      登場人物が個性的で面白そうですね。
      何系の話ですか?
      有川浩なら、やっぱり恋愛?
      入江の情がなく矛盾がない人間の存在感凄そうですね。
      ...
      登場人物が個性的で面白そうですね。
      何系の話ですか?
      有川浩なら、やっぱり恋愛?
      入江の情がなく矛盾がない人間の存在感凄そうですね。
      9nanoka さんのレビューいいね。
      2014/09/21
  • 再読 2018.02.27私は図書館戦争シリーズで、有川浩さんの作品が好きになり、塩の街を読みました。自衛隊三部作の中では1番好きな作品です。
    真奈ちゃんと秋庭さんの二人はもちろん、由美さんと正さん、入江さんも大好きです。
    人が塩化してしまうという、ちょっとありえない世界で起こる物語。SFながらも沢山の甘々要素があり、有川浩さんの作品らしいです。
    秋庭さんは、図書館戦争の堂上教官に似ているような気がします笑笑。有川浩さんの作品に出てくる男性みたいな人と出会ってみたいと思ってみたり…笑笑。
    有川浩さんの作り出すキャラクターは、少し癖がありつつも、とても魅了されます。
    塩の街は、有川浩さんの最初の作品ですが、言葉一つ一つが素敵なところがあるので、ぜひおすすめしたい作品です。
    もう初めて読んだのは、3年ほど前になりますが、今でも何度も読み返してしまう一冊です。

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

塩の街 (角川文庫)のその他の作品

塩の街 単行本 塩の街 有川浩

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする