図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)

著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店
4.46
  • (2796)
  • (1477)
  • (439)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15138
レビュー : 1016
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898084

作品紹介・あらすじ

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動謡する郁。そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった-「お前はやれる」。表現の自由、そして恋の結末は!?感動の本編最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ通して、社会への無関心が結果的に自分の首を絞めることになるのだと強く感じさせられました。少しずつ国民の意識が変わってきて良かったです。良かったといえば火器の使用禁止も。検閲との戦いは続くけど、誰かが血を流したり命を落としたり、そんなことが二度と繰り返されませんように。
    それから、手に汗握る逃走劇。大嵐という設定も緊張を煽り、ハラハラして凄く面白かったです。

    最後に堂郁!どのシーンも好きすぎる~!でもでも、病室でぷんぷんしてる堂上教官が可愛くて一番好きかな(笑)
    早く別冊読まなきゃ。

  • 有川さん、天才。

    ニヤニヤしてしまうので、全巻とも家族に隠れて深夜に読んでました。(笑)

    堂上、小牧、手塚、誰がタイプか?なんて話し合える相手が欲しくなりました。

    もちろんストーリーがあってこそのニヤニヤです。
    最初のほうが理解に難しい文章が多かったのですが、そこを理解仕切ってからの展開がハラハラ、ドキドキ、ニヤニヤ。

    一度、有川さんと恋バナしたいなぁー…
    なんて変なこと考えてしまいました。

    最高。

  • 守りたいものへのそれぞれの方法、思想、立場、
    善意、悪意、願い。

    根底がいくら善意に基づくものだからといって
    正義の天秤を自分の感情で推し量ることで
    悲しい相違や犠牲が生まれる残酷な現実。

    とうとう本編としては終わってしまって寂しい。
    図書隊として過ごした時間は苦しかったけど
    ほんっとにいい人がいっぱいで楽しかった!!!

    柴崎じゃないけれど、郁ちゃんの成長に
    「這えば立て、立てば歩めの親心」
    でも、成長したらしたで寂しいー![笑]

    過酷で重い現実と戦いながらも、
    恋も友情も、ほのぼのとあったかく
    深く繋がったみんなの関係がすごく心地よかった♡
    別冊はもっと甘いのかな?楽しみ~♡

  • 小説家の当麻先生を良化委員会から護衛せよ、という任務戦。
    図書館戦争シリーズは恋愛要素より、法律解釈や司法対決とかが楽しみなおれ。今回は遂に最高裁判決も出て面白かった。是非とも最高裁には違憲の反対意見が出てほしかったところ。良化委員会に有利な情勢が不利になっていくのは圧巻!
    当麻先生カッコ良いね。「大丈夫ですよ」とか言わないところがいい。

    今回注目すべきは郁に傘を差し出す優しい良化隊員が出てきたところだね。これまで良化隊員は皆頭おかしいみたいな描写だったから。でも、良化委員会側の正当な主張に触れないのはやはりフェアじゃない。後書きみるとわざとみたいだけど…

    ってか付き合うって結婚かよ!!笑

  • 図書館シリーズ4冊目
    郁の護衛シーンからは、一気読み!
    1冊の中で、感動したりドキドキハラハラしたり
    郁の世界にどっぷりはまれました。
    キャラがイキイキとして人間性も魅力的

    ベタ甘、大好きなので別冊も読みます!

  • シリーズ第4弾にして、本編最終巻。
    主題は”表現の自由”、になるのでしょうか。

    本編はクライマックスの連続ですので詳細は省きますが、
    やはり”情報”ってのは受け手がリテラシーを持って処理できなくてはまずいと、そう思います。

    そして、現実世界でもアレな連中が10年近くもしぶとく絡んでる”人権擁護法案”が、
    決してフィクションにおさまらない危機感を、喚起させてくれました。

    少なくとも、ブラックボックスのまま進ませてはまずいですねぇ。。

    個人的には、巻末の児玉清さんの対談が、嬉しくもあり哀しくもありました。
    そうそう、稲嶺さんのモデルが児玉さんってのは、凄くイメージがあってますね。

    車椅子の仕込みは笑わせてもらいましたけど、、実写でも見たかった!
    あ、後は”可愛い酔っ払い”の後日談が気になりますねぇ。。

  • 郁と堂上のやり取りが読んでるだけで赤面してくるぐらい、これまで以上にベタ甘でした。恥ずかしすぎる…
    個人的に一番笑ったのは、ケータイの代わりに電報で郁たちの状況を報告する場面。ハッピーバースデーが流れている状況とセンサーをむしり取る様子をリアルに想像して1人でお腹抱えてました。

    • とみゆさん
      あ、あの場面ですね!
      私も玄田隊長の、「むしれ緒方」の命令がとても面白かったです!
      あ、あの場面ですね!
      私も玄田隊長の、「むしれ緒方」の命令がとても面白かったです!
      2019/08/15
  • 落ち着くところに落ち着いた感もあるけど楽しく読めた。有川(ベタ甘)耐性のある読者には堪んないんだろうな、こ

  • いいなあ。恋愛がしたくなるなあ。
    手繋ぎたくなるし、ハグしたくなるし。
    クールなイメージの堂上教官が…!ってなる。

    でも一番の推しは手塚と柴崎。別冊も楽しみ。

  • 図書館戦争シリーズの最終巻(別冊は除く)。
    「作家にとって一番大事な作業は、膨大に調べて膨大に捨てる、ということ」「私の場合は調べたことの9割は捨てています」と語る著者に選び抜かれた言葉によって綴られた物語。
    図書隊の英知と情熱の行動の結実が少しずつだか歴史を動かしていくことになる。

  • 感動しました。

  • 映画LAST MISSIONを見終えて即、シリーズ文庫を全巻大人買いしてしまいました。
    どうしても、物語の続きが。そして実写化された原作そのものを読んでみたいと思ってしまったのです。
    シリーズ完結のこの革命に4冊分の感想を。
    まず、驚いたのが想像以上に原作と実写映画の設定や内容が一致していたこと。(勿論、原作のほうがより細やかではありますが)
    そして、登場人物が実写の俳優さんのイメージと違和感なく、実写から入った私は、最後まで実写化俳優陣で脳内変換して、物語を楽しみました(笑)
    実際に図書館に掲げられている『図書館の自由に関する宣言』
    これを見つけたこともそうですが、これを読んでこんな物語思いついてしまうことに、ただただ才能を感じずにはいられません。
    ぶっ飛んだ設定だし、ありえないだろ〜と冷静に突っ込んでしまえばそれまでなのかもしれないですが、世の中の殆どの物語が、冷静に考えればありえないものであり、だからこそ小説として、物語として、成立しているのだと思う。

  • 図書館で予約して借りたところ、シリーズ4巻目からになってしまった・・・。
    1~3巻飛び越えての4巻目だったが、楽しめた。アクションあり、恋愛あり、思想あり、のお話し。
    言論統制しようとする良化委員会と表現の自由を守ろうとする図書隊との戦い。
    本作中で良化委員会より狙われた作家・当麻蔵人の言葉
    「悪意より善意のほうが恐ろしい事があります。悪意を持っている人は何かを損なう意志を明確に自覚している。しかし一部の『善意の人々』は自分が何かを損なう可能性を自覚していない」
    自分も、善意のつもりで、自覚せず何かを損なっているのでは・・・とドキッとした。

  • 2013/9/16読了。「図書館戦争シリーズ」の最終巻。原発テロから繋がる言論統制の危険から、図書隊が中心になり世論も巻き込み改革していく展開は、かなり読み応えあり。今まですっきりしていなかったこと、良化特務機関と未来企画、手塚と兄、柴崎と手塚、郁と堂上・・・・最終巻とあってそれぞれの形に落ち着き、読み終わってすっきり。本が好きな自分にとって、いつの時代になっても自由に本を読める世の中であって欲しいとあらためて思いました。

  • 有川浩による図書館戦争シリーズ第4弾にして本編完結編。
    原発テロに端を発する、小説の作者を誘拐しようとする良化委員会とあくまでも表現の自由を守り通すために作者を匿い、助けようとする図書隊との攻防が繰り広げられる。
    それはそれはシビアな、検閲に反対する人々の戦いを描いているのに、そこかしこで甘アマな展開が用意され、その都度くすぐったくてにやにやしてしまう。このあたりが少女マンガ趣味なところではあるが、このシリーズはどこまでもこの絶妙なバランスの上に構築され、それが受け入れられてきているからこそのシリーズなのだろう。
    本作では後半、郁が大活躍する。これまで体を使った、あるいは足を使った活躍は描かれてきたが、本当の意味で一人の重要人物を護衛し、裏をかき、無事に目的とする場所まで届ける任務をたった一人で遂行していく。その中にはあっと驚く仕掛けも用意されており、このあたりはさすがだなあと感じてしまう。
    作者が書かれていたが、本作では良化委員会や特務機関側の視点は一切省かれており、なぜそういう挙に出るのかに納得のいく説明はされていない。そのため、世論を敵に回してまでも検閲を行おうとする体制側の理屈は理不尽そのものであるが、一方で治安維持法が成立していた頃の日本も実は同じように息苦しい時代だったのではないかと想像するに、表現者の側から検閲者の理屈をこねくり回すことの無意味と、エンターテインメントであったとしてもそれを是とすることが出来ない有川浩の潔さがにじみ出ていると思う。
    それにしても、、、、関西のおばちゃん。。。。

  •  ついに本編完結。エピローグには、とっても不満です(笑)

     原発テロが起こり、テロと酷似した小説を書いた作家が良化隊からねらわれる。
     本がテロの原因に?参考に?
     例え犯人が小説を真似したのだとしても、作家がテロを引き起こしたわけでもなければ、作家がテロを誘導したわけでもない。

     表現の自由を守るって、難しい事だと思った。
     その権利と責任。
     だからと言って、検閲による表現の自由の制限が正しいとは思えない。

     シリーズのいきついた世界観は、私にとって満足のいくものでした。世界観を壊さずに、でも物語の初めとは確実に何かが変わった世界。そこは、理想郷ではなく、現実に近い感じがする。


     最後に、「本」を守るとは、どういう事なのか。
     それは、「思想」を守るという事。考える自由、表現する自由を守るという事。
     そして、「本」を読む自由を守るという事。読んで感じる事を守るという事。

     つまりは、人がその人らしく生きる事を守るという事なんだと思う。そして、自分の権利を主張するだけでなく、相手の権利も守らなければいけない。


     ライトノベルとしての位置づけの大きい作品ですが、芯にはしっかりとした強い思想がある。それが、この作品の魅力のように思います。

     でも、恋愛小説として、あのエピローグには不満です。
     あーあ…
     せっかくの堂上と郁の物語を、最後までその手法でえがくのか、と。表向きは、ベッタベタな物語ですが、その本質はなかなかステキだったと思ってたんですけど…
     …そこまで徹底するとは、有川浩、おそるべし。強い思想を持って書いてる作品だけあるって事なのかな… (褒めてるんだか、けなしてるんだか、分からなくなってきた)

     最後に一言。堂上みたいな上司がいれば良いのに…。(あ、恋愛ではありません。上司としてです)

  • 終わった…っ! 読み終わった!
    今までと違って最初から最後までが大きなひとつの事件(?)だったから、止めどころが分からずぶっ通しで読み切った。
    一気に読み切れるほど引き込まれた。

    やあもう、何て言ったら良いのか分からないけど、キャラに感情移入しまくったシリーズのエンディングって凄く寂しくなる性質なので、今回も例に漏れずとにかく寂しい。
    ことに今回はすっごくハラハラきゅんきゅんドキドキした反動なのか分からないけれど、終わったんだ…という寂しさが本当にデカイ。
    でも珍しく泣かなかったのよねー…いつもならボロボロ泣いちゃうんだけど。まだあるの分かってるからかな?

    「え、あの人が?!」みたいな驚きもあって、そして私の物覚えの悪さのせいで久々に登場した人物には「ごめん、あんた誰だ…」というのもあったけど、やっぱりひとつの事件(?)を1冊でじっくり多視点で見るのは読み応えがあって面白いし、続きが気になって目が離せなかった。
    メディアへの視聴者の食いつきは「無い無い」とは思っちゃったけど。
    視聴者って意外と飽きるの早いから、あんな長いこと食いついててくれないんじゃないかなって。
    手に汗握るとまではいかないけれど、つらい、寂しい、早くくっつけお前ら!という感じで読み進めてたなあ。
    もうほんと、すっごく面白かった!

    前巻のレビューで「本当に次で終われるの?」とか書いたけど、無事に終わった。
    とうとう2人が…!
    やっとかお前ら!と感慨無量だよもう。
    きゅんとするほど甘いけどじれったかった2人の関係が進展して、ニヤニヤが止まらないほど本当に嬉しかった。
    この気持ちをどう表現すればいいのかちょっと分からない。
    郁ちゃんナイス勢い!ナイスファイト!

    漫画のように読みやすいので、シリーズ通して絶対また読むと思う。何度でも読みたい。
    いい話と出会えたと心から思う。

  • シリーズの最終章。
    この巻が一番好きだった。

    郁と堂上のデートはキュンキュンしたし、負傷した堂上から郁が引き継いで仕事を全うしている姿には感動した。
    当麻を守るために図書隊が一丸となって戦う場面はすごくワクワクしながら読めた。

    何より、4巻を通じて郁の成長が見れて楽しかった。

    私も大好きな仕事に出会ってみたいものだ。

  • もう、ベタ甘です。
    郁、大活躍。

    手塚が羨ましいです。はい。

  • 敦賀原発でテロ事件が発生、その手口が当麻蔵人が書いた小説
    『原発危機』の内容に酷似している為、メディア良化委員会から
    狙われる羽目になり当麻氏を図書隊が警護することに・・・。
    図書隊と良化隊の当麻氏をめぐる戦いが緊迫する中、
    キッチリ郁と堂上教官、そして柴崎と手塚弟の甘々な展開もあり
    本編ストーリーの最終巻としては面白い題材でハラハラドキドキ
    楽しく読めました。っが本編終了とエピローグの間の郁と堂上教官の
    甘~いだろう話が抜けてるところが残念と思いきや、
    今読んでる「別冊 図書館戦争Ⅰ」でその辺キッチリ書かれていたので
    安心しました。なんだかんだと4巻通して読みましたが、
    玄田隊長のハチャメチャ振り結構好きです。
    最後のエピローグでの堂上教官二世と旧プチ堂上のやりあいも
    よかったですね。あぁ~どっぷり有川さんワールドに飲み込まれたぁ~。

全1016件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)のその他の作品

図書館革命 単行本 図書館革命 有川浩

有川浩の作品

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする