別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)

著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店
4.33
  • (2064)
  • (1347)
  • (557)
  • (65)
  • (8)
本棚登録 : 13476
レビュー : 875
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わぁ、とうとう<図書館戦争>シリーズも最後の1冊となってしまった。
    そして、一晩で読んでしまった。
    だってぇ~
    最初のお話は、緒方副隊長と元彼女と進藤さんのお話だったの。
    とっても、よかった。泣いちゃいました。
    緒方さんの過去の話は、本編のなかで思わせぶりに書かれているけど
    その回収がされてなかったから、ずっと気になっていた。
    だから、よかったわ。
    ふたつめのお話は、堂上さんと小牧さんの若いころのお話。
    これも、気になっていたから、楽しく読めたわ。
    だけどね、この段階では、物足りなくて眠れなかったのよ~
    もっと甘々な話が読みたかったし、
    一番気になっている柴崎と手塚の話が全然でてこないし・・・。
    で、ちょっとだけ、と思って次を読み始めたらもう
    止められませんでした(笑)
    私の中で最大の気がかりだった柴崎と手塚のお話だったんだもの。
    更に、事件も大きくて嫌ぁ~な感じだし、
    気になって気になってラストまで読んでもうた。
    ふふっ。満足!
    そして、有川さんのご主人に感謝。
    あとがきに書いてあったけど、本来は、
    小牧と手塚の乾杯のシーンで終了だったとか。
    でも、あまりにも後味悪すぎて相殺できないからというご主人の言葉で
    ラストが書かれたそうです。
    私もまったく同じ気持ち。
    事件が気持ち悪すぎて、ホント後味悪いほうが強かったけど、
    ラストでめっちゃハッピーになれました。

    更に、最後のショートストーリーも、なかなか乙でございました。

    よかったわ~
    図書館戦争本当に面白かった。
    ほかの、有川浩先生の作品もぜひ、読んでみたいと思います。

  • 図書館シリーズの別冊第二弾。

    サブキャラ、というかメインキャラの一角を担う柴崎と手塚のお話が中心です。

    「心配」は、して「あげる」のではなく、して「しまう」ものだ。その通りだと思います。自分も、水島と一緒。上辺だけで生きてきているなあと。胸が締め付けられる思いです。正直、本音でぶつかり合うのを避けて生きてきました。家族が相手でさえも。だから、自分には心配してくれる人かほとんどいません。

    言葉、って難しいですよね。人の心を表すのは「言葉」。人を幸せにしたり、傷つけたりする。それだけの重みがある。言葉を間違ったり、必要な時に伝えられなかったり。ちょっとしたことでも、心に蓄積されていく。色々なすれ違いは、きっとそういう心の傷の積み重なりなんだと思います。

    もし、生まれ変われるなら、などという恥ずかしいことを書いてもいいなら、心でぶつかり合える図書館戦争のみんなのようになりたいです。

  • 一回目に読んだときは手塚と柴崎にあまり興味がなかったので
    ふーんって感じでしたが再読してじっくり読んでみれば
    これはこれで恋愛要素満載でキュンキュン来るなと(笑)

    別冊1は堂上と郁らしい話ばかりで
    ドタバタしつつも甘々で
    少女マンガみたいな恋物語だったけれど
    別冊2は大人な2人にあった綺麗めなお話な気がします
    2人のしっかりと正統派な恋愛の結末が見えて良かったです
    「背中合わせ」っていうところがツボです

  • 本当にシリーズ最終巻に相応しい締めくくりで納得でした。
    すっきり笑って泣けたと同時に、もう堂上班の皆に会えないのかと思うと、とっても切なくなりますが…
    楽しい楽しいシリーズでした。ありがとう!

  • カラーページのキャスト一覧にも載っていない緒形副隊長の話が始まった時はどうしようと思いましたが(笑)、良化隊員になる人の経緯は非常に興味深かったです。まるで現代の就活生を象徴しているかのようでした。自分で調べて考えるって本当に大事ですね。
    また、柴崎と手塚の話は「郁と堂上教官」以上にヤキモキしていた2人のその後だったので、最後は読んでいて涙が…!良かったね〜手塚〜と(笑)
    何より柴崎のおかげで素直になる大切さを知れました。
    この巻でシリーズは終了ですが、個性溢れるキャラ達はずっとずっと自由に戦い続けていくのではないかと思います。彼らに負けないように、彼らのような世界にならないように、私も頑張らねば…!
    ありがとう図書館戦争!!

  • 甘さ控えめ。手塚と柴崎の恋愛はどうなるのか?と思っていましたが、途中読むのが辛い部分があります。これくらいのことが起きないと二人がくっつくのは難しかったのかな? 緒方の話も単体で見ると個人的には満足できるものでは無かったのですが、人間の愚かな面がよく描けていたと思います。 何はともあれこういう作品なのだから皆が皆ハッピーエンドで良かったです。

  • あー、遂に終わっちゃうのかあー。
    もっと長く続いて欲しかったー。
    このシリーズと一緒に歳とりたい!

  • 帯の通り、せつないにも程があるよ!ストーカーの話がリアルで、ただのラブコメに終わらないのはすごい。

  • 図書館戦争シリーズ番外編、別冊の2巻目です。正真正銘の最終巻に相応しい内容でした。‥というのもゴールインした堂上夫妻以外の気になるカップルの仲や登場人物の知らざれる過去が明かされたからです。中でも柴崎麻子と手塚光のふたりはシリーズの初めから露出度が高かっただけに、今回の事件絡みの決着にはハラハラドキドキさせられましたが、それだけに結末には満足でした。それぞれ収まるべきところに落ち着いて大団円を迎えた感じです。

  • 最後にドきついエピソードだったけど…

    みんな幸せそうでよかったね。
    はい。

全875件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)のその他の作品

別冊 図書館戦争〈2〉 単行本 別冊 図書館戦争〈2〉 有川浩

有川浩の作品

ツイートする