サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)

制作 : 丹地 陽子 
  • KADOKAWA
3.84
  • (56)
  • (69)
  • (63)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :514
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043899012

作品紹介・あらすじ

ジュニアサッカーチーム・桜ヶ丘FCの武井遼介は、6年生になって早々に、キャプテンの座もレギュラーポジションも失い、初めて挫折を味わう。そんな中、新監督・木暮との出会いを通して、遼介は自分がサッカーをやる意味を見つめはじめる…。個性的なチームメイト、大人たちとの関わりの中で、悩み、もがき、成長していく少年たち。ひたむきな気持ちを呼び起こす、熱く切ない青春スポーツ小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サッカーのコーチやチームメイトとの関係を通じて、成長を感じる物語。選手だけではなく、コーチ目線の物語もあるので、子供だけではなく、大人も堪能できる良い本です。

  • 【本の内容】
    ジュニアサッカーチーム・桜ヶ丘FCの武井遼介は、6年生になって早々に、キャプテンの座もレギュラーポジションも失い、初めて挫折を味わう。

    そんな中、新監督・木暮との出会いを通して、遼介は自分がサッカーをやる意味を見つめはじめる…。

    個性的なチームメイト、大人たちとの関わりの中で、悩み、もがき、成長していく少年たち。

    ひたむきな気持ちを呼び起こす、熱く切ない青春スポーツ小説。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    「少年サッカーチームのコーチ経験がある」と著者自身があとがきで述べているが、これは実際にサッカーボーイズたちを間近に見てきた人にしか書けない物語だと、あとがきを読む前から確信していた。

    小学6年生の少年たちの瑞々しさを、これほどリアルに伝える小説は過去になかったように思う。

    グラウンドの埃っぽい風や雨のにおい、少年たちの汗のにおいや表情のひとつひとつに、嘘がない。

    実際に肌で感じたものを描いたことで、青春スポーツ小説にありがちな、どことなく気恥ずかしいような青臭さが消え、実にさわやかな物語なのだ。

    最近、サッカー少年たちを見守って過ごす週末が増えている私の心に、違和感なくストンと収まったこの物語、現役サッカー小僧たちにもきっと受け入れられるはず。

    小学校高学年から中学生、高校生のティーンエイジャーにぜひ読んでほしいと思った本だった。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ベタのように見えるハッピーエンドが、スッゴく気持ちいい!!

  • サッカー部の少年達が小学6年生からだんだんと成長していくようすを描いた小説です。自分と向き合い成長して行く姿、そして友達との絆に注目です!!
    熊本学園大学:(にっちゃん)

  • 子供と接する大人・子供同士の関係や気持ちをサッカーを通して描きだしている物語。
    読みながら小学生時代の自分がひょこっと顔を出すような感覚と今の自分として感じる色々なことに触れることができました。

  • 微笑ましい。
    スピード感や荒々しさといったサッカーの快感がもっと欲しい。

  • この前読んだ「帰宅部ボーイズ」の作者のデビュー作。小学校6年生で挫折を味わった主人公が成長していく姿を描いたスポーツ小説。サッカー素人の私はサッカーボールに大きさの違いがあることも知らなかったけれど、爽やかな気持ちになれた。

  • 小学生で構成されたジュニアサッカーチームのキャプテン遼介は6年生にあがると同時にキャプテンを外されてしまう。チームも負け続け、メンバー同士の喧嘩も絶えず、それぞれが目標を見失っていた中、木暮という新コーチがやってくる。頼りないコーチだけど、[サッカーを楽しもう]という彼の言葉で、チームは少しずつ変化していく。

    ☆☆☆
    ひねりがない。主人公が誰か良く分からない。チームの話なのか個人なのか。ラストも試合内容をすっ飛ばして雑感が漂うし、続編を読ませようとするには全体的にインパクトが足りない。なにより[サッカー続けよう]に対して[悔しさはない]の一言で終わるって何を伝えたかったのか良く分からない。どうもぴんとこない小説だった。

  • ベタな話ではあるけれども、大人が読んでも感動してしまいます。子供にぜひ読ませたいです。

  • サッカーのことをよく知らないので、前半は読みづらかったのですが、だんだん気にならなくなりました。著者のサッカーへの思いが強く感じられます。新コーチがありがちな万能カリスマコーチではなく、悩みながら子どもたちと接していくところがよかったです。

    気になるのはちょっとステレオタイプな表現。
    あとボランティアでこんなに子どものためにがんばってくれる大人たちがいるんだー、と思う反面、平日は仕事、休日はコーチなんて、家のことなんて全然してくれない旦那さんかも・・とも思ってしまう・・ 主婦目線ですが。

全56件中 1 - 10件を表示

サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)のその他の作品

はらだみずきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
湊 かなえ
有川 浩
東野 圭吾
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする