十三の呪 死相学探偵1 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.26
  • (33)
  • (55)
  • (148)
  • (33)
  • (8)
本棚登録 : 801
感想 : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043902019

作品紹介・あらすじ

幼少の頃から、人間に取り憑いた不吉な死の影が視える弦矢俊一郎。その能力を"売り"にして東京の神保町に構えた探偵事務所に、最初の依頼人がやってきた。アイドル顔負けの容姿をもつ紗綾香。IT系の青年社長に見初められるも、式の直前に婚約者が急死。彼の実家では、次々と怪異現象も起きているという。神妙な面持ちで語る彼女の露出した肌に、俊一郎は不気味な何かが蠢くのを視ていた。死相学探偵シリーズ第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冗漫で道具立てもお粗末で、我慢して最後まで読んだがなーんも面白くなかった。三津田信三は初めてだけど、こんなんじゃもう読む気になれない。このミスで順位に入ったこともあるのに。何だこれはという感じだ。

  • 死相学探偵シリーズ 第一弾 長編。

    一般的にはホラー小説だと思うが、ちゃんとした推理小説だと思う。
    設定が霊だとか、呪いだとかで普通の推理小説のように犯人を見つけるだけではなく、また伝承に見立て人間が罪を犯すというのでもなく、起こっている現象が何なのか また誰が何がそれを引き起こしているのかを探偵が暴いていく感じ。

    最後に誰が何のためにこの呪いを掛けたのかが推理され犯人を見つけるのだが、実際に手を下して人を殺めたのではないため警察に引き渡すことにはならないのが、この小説である。

  • び、微妙(笑)
    びっくりするくらいに無能な探偵。物語が後6分の1しか残っていないのに、解決の糸口さえ掴んでいない弦矢。この手の小説では珍しく、解決できない焦りが生まれた。ある意味新しい「無能探偵」というジャンル。

    秋蘭の亡父の女関係の整理が雑。
    亡父・敏和の奔放な女関係のせいで、実家の兄妹と血縁関係が無い秋蘭。中盤で、父親の13人目の愛人の身元が分からないという展開に。その13人目の愛人の正体が引っ張った割に簡単すぎる!何せ結構冒頭の方で、答えがばばんと書いてあるのだ。なので、結構長く引っ張るこの13人目の愛人の正体は、問題提起された瞬間に私の中でお払い箱になる。ちゃんちゃらおかしい状態(笑)

    「死」を掘り下げて欲しかった。
    人の死相から死の原因を読み取り、先回りするという触れ込みだったはずなのに、死相学探偵の働きは少ない。弦矢だけに見える「死」の象徴が何なのか気になる所だ。怪現象は怪現象で構わないので、弦矢の中ではどのように論理的に解釈しているのかを示して欲しい。たぶん、弦矢俊一郎くんに探偵は向いていない。シリーズの中で、事件を通して探偵が成長していく物語だとしたら少し面白いかも。でも、このまま進んで行くなら、とんでもない無能探偵が一人誕生する事になるだろう。


  • 死相から事件の全貌を推理していく死相学探偵の一作目。
    探偵としての最初の事件だからか、主人公の無愛想さ、不調法さが物凄い。
    事件としては家族全員に同じ死相が見えている一家が次々と死んでいく連続殺人(?)事件である。
    しかし死因は呪いによる心不全であり、ハウダニットは存在しない。
    普通のミステリーなら呪いなどはなくトリックを用いた人為的な殺人であることを探偵が突き止める、ホラーからミステリーへと転換するパターンが多いが、この作品の探偵はホラーをミステリーに変換せず、ホラーはホラーとして受け止める。呪いは呪いであるとそのまま受け入れ、ではなぜ呪いがかけられているのか、一家の呪いは共通のものなのか、どうやったら呪いから逃れられるのかを推理していくホラーをミステリーの土台として使う作品である。
    家から出てホテルに泊まっても呪いからは逃れられないため、ある意味ではクローズドサークルである。
    しかし、手段はホラーでも呪ったのは人間の意思である以上、動機は極めて人間臭い、ミステリーの王道とも言えるものであった。
    コテコテのミステリーとホラーの組み合わせは中々面白かった。

  • 2016.11.29 読了

  • 拝み屋の祖母をもち、自らも他人の死相が視える青年・弦矢俊一郎が、探偵となり怪異現象に挑む「死相学探偵シリーズ」第一弾。
    三津田作品にしては、かなりライトな印象。刀城言耶シリーズのような、時代がかった禍々しい雰囲気がない分読みやすくて、一気に読めてしまう。
    次々に起こる怪異現象と連続する不審死、十三階段に十三人の愛人と「十三」にこだわった仕掛け。オカルト要素と愛人や遺産をめぐる現実的な動機が絡まりあい、見事にミスリードされる。
    主人公の探偵らしくない?探偵ぶりが面白い。事件の渦中で途方に暮れ、「わけが分からない」と何度もこぼす姿が却って新鮮。最後に犯人が言った謎の言葉に、術者の正体、謎は残ったままなので、続きが気になる。

  • 他の三津田作品と比べると事件そのものに関してはシンプルな感じだなという印象を受ける あまりに素直に真相究明がなされたので少し戸惑いを覚えてしまった 少し物足りない気もするような…… しかしながら、事件の背後にあるシリーズ全体に関わってくることになりそうな大きな影の気配、本作品の主人公である弦矢俊一郎の過去等、今後の展開が気になるいくつかの謎の存在が示されていたので、続篇も引き続いて読みたいと思う 本作の最後に登場した"僕"が活躍する場面がこれからの作品でたくさんあれば嬉しい

  • 刀城シリーズを書いてる三津田先生の作品なら、さぞかし魑魅魍魎が跋扈するおっかない本格推理小説なんでしょうな〜!(ワクワク
    と思ってたら、予想を裏切ってまさかのライトな読み応え。
    人間嫌いのツンツン美形青年探偵(にゃんこ好き)…だと…?!嫌いじゃないわ!←

    刀城ワールドのおどろおどろしい雰囲気に慣れた人にとっては、物足りなさが残る作風かも知れません。
    今作の舞台となる一家にまつわる因縁も歴史的背景もまあ驚くほどアッサリしてますし、屋敷内の部屋割りを仔細に描写してるからその辺りが推理の突破口かな〜(ワクワク)と目を皿にして読んだら、その辺りは全然ヒントの糸口にもならなかったし。
    でも、三津田先生十八番のどんでん返しは健在でしたね〜いつもと比べてややライトな仕上がりでしたが(笑)。

    と、なんやかんや言ってもやっぱり次作以降も読んじゃうよね…。
    刀城シリーズで本格派を存分に堪能しつつ、今シリーズでは未熟な駆け出し探偵の成長ぶりを楽しむことに致します( ^ω^ )楽しみ!


    幼い頃から人の死相が見える弦矢俊一郎。その異能の才を武器に探偵事務所を構えた彼の元を、一人の訪問客が訪れる。
    「私、死神に取り憑かれてるんです」ーー彼女のその言葉通り、関係者が次々と不可解な怪奇現象に襲われ、遂に死者が出てしまう!果たして弦矢は死の連鎖を止めることが出来るのか?

  • ほんとに、みえるだけで、あとは普通に地道に調べて頭使って解決したかんじ。ホラー感はそれほどない。次も読んでみよう

  • 死相学探偵シリーズの1作目。
    幼少の頃から、人間に取り憑いた不吉な死の影が視える弦矢俊一郎。その能力で探偵事務所を構えた彼の元に最初の依頼人、紗綾香がやってきて…。

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ホラーミステリ作家。2001年『ホラー作家の棲む家』でデビュー(文庫版は『忌館』と改題)。2010年『水魑の如き沈むもの』で第10回「本格ミステリ大賞」を受賞。2016年『のぞきめ』が映画化される。主な作品に刀城言耶シリーズ、家シリーズ、死相学探偵シリーズ、幽霊屋敷シリーズ、物理波矢多シリーズなどがある。近著は『怪談のテープ起こし』(集英社文庫)、『黒面の狐』(文春文庫)、『白魔の塔』(文藝春秋)など。

「2021年 『忌名の如き贄るもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三津田信三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綾辻 行人
三津田 信三
伊坂 幸太郎
三津田 信三
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

十三の呪 死相学探偵1 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×