ラス・マンチャス通信 (角川文庫)

著者 : 平山瑞穂
  • 角川グループパブリッシング (2008年8月25日発売)
3.67
  • (10)
  • (12)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
  • 111人登録
  • 21レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043905010

作品紹介

姉の体の上に息荒くのしかかる「アレ」に手を下した瞬間から、僕の人生の歯車は大きく狂い始めた。施設に収容され、理不尽な仕事でこき使われ、刻印された黒い染みに翻弄される、切なくも数奇な運命。ついに流れ着いた山荘で見た衝撃のものとは…。無垢な魂がさまようカフカ的幻想世界を、圧倒的なマジックリアリズムで描く異形のビルドゥングスロマン。第16回日本ファンタジーノベル大賞、大賞受賞作、待望の文庫化。

ラス・マンチャス通信 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の血肉となった作品や、琴線に触れる作品を改めて選び直しています。そんな折、手にした1冊。
    「次の奴」に朧げな記憶があるだけでしたが、それも結局は森見登美彦『きつねのはなし』とゴッチャになっていたりで、ほとんど初読状態。
    でも「畳の兄」の箇所だけは、やはり鮮明に記憶に残っていました。
    次の奴から鬼やら無毛の覇者やらが出てきて、グロテスクなのに帰巣本能が刺激されてもぅ…人には奨められないけど(^^;;、ほんっと面白かった!(笑)
    小嶋さんの山荘に、間取りフリークの血が騒ぎます。
    おなじく記憶にべっちょりと残る作品、桜庭一樹『ファミリーポートレート』も購入して読み返したくなっちゃった。
    マイ本の有栖川有栖『赤い月、廃駅の上に』も。
    カフカ+マルケス…と評されているのも嬉しい♡
    平山瑞穂さん作品はコンプリートしていませんが、ダントツこれが好き!
    ダークファンタジー好きにはオススメできるであろう1冊♪

  • ある少年の不思議な生涯を記した短編集。
    としか紹介できませんw

    わけのわからない物体が出て来て、抽象的な表現、謎が謎のまま物語が進むんだけど、そこに不思議な吸引力がある。
    読みやすいし理解しやすいのに、わけがわからないという奇妙な感覚に陥りました。
    この話はどこに向かってるのだろう?みたいな。
    この不安定感はちょっと他の作品では味わえません。おすすめです!
    第一章から引き込まれること間違いなし!!

    ところで、目的買い以外でこのタイトルで手に取る人はいるのか?w

  • 仕事が忙しくなって来たのに、睡眠時間を削って読んでしまった。
    ものすごい吸引力だ。
    わけのわからないものがたくさん出てきて、私はたぶん全ては想像できていないのに、何と言えばいいのか、そこから目が離せない。
    タイトルをどこかで見かけた時にちょっと気になっていた本だったけど、こんなことならもっと早く読めば良かった。

  • こいつは……、久々に……、

    病んでる文章に出会ってしまった。 ←褒めてる

    特に第一章「畳の兄」のパンチ力がスゴイ。
    二章くらいまではぞわぞわが止まらない。

    終盤、主人公が成長するにつれて
    行き場のない不安感は影をひそめますが
    不気味さは根底に流れ続けます。

    ぞわわ、ぞわわ(違)

  • 文体、世界観と衝撃を受けた作品。ザ・マジックリアリズム。
    物語は「僕」の実家時代から始まって、家を出されどこかの町で仕事についたり施設に入ったりと舞台はぽんぽん変わるが、歪なおぞましい世界はどこまでも広がる。
    どこまでも救いようのない陰鬱で痛ましい世界だが、くせになってひきこまれる小説。

  • 絵面が合わなく、挫折。話の面白さを味わうまで行きませんでした。

  • 姉の体の上に息荒くのしかかる「アレ」に手を下した瞬間から、僕の人生の歯車は大きく狂い始めた。
    施設に収容され、理不尽な仕事でこき使われ、刻印された黒い染みに翻弄される、切なくも数奇な運命。
    ついに流れ着いた山荘で見た衝撃のものとは…。
    無垢な魂がさまようカフカ的幻想世界を、圧倒的なマジックリアリズムで描く異形のビルドゥングスロマン。
    第16回日本ファンタジーノベル大賞、大賞受賞作、待望の文庫化。

  • 表紙イラスト:榎本耕一

    単行本はだれ?

  • 姉の体の上に息荒くのしかかる「アレ」に手を下した瞬間から、僕の人生の歯車は大きく狂い始めた。施設に収容され、理不尽な仕事でこき使われ、刻印された黒い染みに翻弄される、切なくも数奇な運命。ついに流れ着いた山荘で見た衝撃のものとは…。無垢な魂がさまようカフカ的幻想世界を、圧倒的なマジックリアリズムで描く異形のビルドゥングスロマン。第16回日本ファンタジーノベル大賞、大賞受賞作、待望の文庫化。

  • ガルシア・マルケスのようだとか言われてたけど私はチュツオーラやカフカ(城)を思い浮かべた。

    日本ファンタジーノベル大賞は本当に外れがない!

    どれもファンタジーの枠にとらわれすぎていないし、ぎりぎりの線で現実と手を結んでいるような感覚を覚えてとても好きです。

全21件中 1 - 10件を表示

ラス・マンチャス通信 (角川文庫)のその他の作品

平山瑞穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ラス・マンチャス通信 (角川文庫)に関連する談話室の質問

ラス・マンチャス通信 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする