次郎長三国志(上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043906017

作品紹介・あらすじ

東海道一の大親分とうたわれた清水の次郎長。次郎長とお蝶の祝言が行われ、日本中に馳せる親分として一家を構えることに。そして子分とともに旅に出た。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者:村上元三(1910-2006、北朝鮮、小説家)

  • 初めて歴史小説に挑戦。最後まで読めるか不安でしたが、面白くて一気に読めました。
    章を重ねるごとに子分が増えていって賑やかになる次郎長一団。子分たちもそれぞれ個性的です。

  • おもしれぇ。
    早く下巻を手に入れんと。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

明治43年生まれ。第12回直木賞受賞。「佐々木小次郎」で流行作家になる。

「2008年 『次郎長三国志(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上元三の作品

ツイートする
×