螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.41
  • (165)
  • (544)
  • (877)
  • (120)
  • (20)
本棚登録 : 4418
レビュー : 312
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043909018

作品紹介・あらすじ

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた!彼らは本当に病死か、それとも…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東城大学が舞台の作品の中で、度々登場する碧翠院桜宮病院が舞台です。主人公の天馬大吉君を始め、白鳥・姫宮パワーが全開です。桜宮病院をめぐる、なんとなく不可解でグレーな出来事が続きます。地域医療や終末期医療も絡み、この後どう展開して行くか楽しみです。下巻に続く。

  • 最後まで何が起こるかわからない作品なので、最後の最後まで楽しめると思います。

  • 海堂尊さん「螺鈿迷宮」上巻、読了。バチスタから1年半後、東城大学の落ちこぼれ医学生「天馬大吉」は幼なじみの記者「別宮葉子」から奇妙な依頼を受ける。「碧翠院(へきすいいん)桜宮病院に潜入してほしい」終末医療の先端施設での調査とは。。いつもの田口、白鳥シリーズと思いきや、初めての天馬さんのお話。ただ、記者の別宮さんは他の作品でも登場していたので、感情移入出来て良かった。上巻はやっと、碧翠院のメンバー紹介が終わったばかり。果たして、謎の女性と螺鈿迷宮の関係とは?下巻に突入します。

  • 今回のテーマは、終末期医療、自殺サークル、病院ビジネス、などなど。
    なんだか全編に殺人臭がぷんぷんするのですが、ほえ〜・・・という結末でしたね。作者が現職の「医者」という人物が作り出す物語とは、あまりにリアルで病院というものが怖くも感じました。
    さらに、病院の経営をたてなおすためのプランが巧妙で、え?実際できそうじゃない?てゆーか、あるんじゃない?と思ってしまいました。(実際のところは調べてないのでわかりませんが)海堂さんが世間に問題提起したいものは、彼の作品を読めばある意味「くどいほど」出てきますが、読んでるこちらもいいかげんげんなりするくらい日本の行政中心の医療制度はダメダメなんですね。きっと。

    ところで、今回はめずらしく主人公が成長するという軸がありました。彼はまだ医学生ですが、いつかまた海堂ワールドでさらに成長した姿で登場してもらいたいものです。

  • 再読。

    主に人間関係で痛い目を見た時に、「あぁ痛かった」と思いながら再読する本になっています。

    シリーズの中では東城大学ではなく碧翠院桜宮病院が舞台になっており、番外編的な位置づけ。雰囲気もとにかくダーク。だけど、一連の桜宮サーガの中では一番好きかも。

    普段、レビューは下巻の方でまとめてしているのだけど好きなセリフをメモするためもあって、上巻の方でもレビューを書くことにしました。

    「人は誰でも知らないうちに他人を傷つけている。存在するということは、誰かを傷つける、ということと同じだ。だから、無意識の鈍感さよりは、意図された悪意の方がまだマシなのかもしれない。このことがわからないうちは、そいつはまだガキだ」(桜宮巌雄)

    このセリフは下巻で明かされる、落第医学生である主人公・伝馬大吉と桜宮一族の因縁の伏線になっているのだけど、一般的な意味に捉えても深いなぁ、と思う次第。

  • 螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

  • 白鳥がやられるのでバチスタほど褒める気にならない、変人は強烈な方がいい、ナイチンゲールと裏表

  • 海堂さんの作品ふハズレがない。

  • 医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた!彼らは本当に病死か、それとも…。

  • 先に「イノセントゲリラ」を読んでしまったのですが、順番的にはこっちの方が先だったらしい。
    本編のシリーズにも時々名前が出てきていた「でんでん虫」こと碧翠院桜宮病院が舞台。闇を抱えていそうな桜宮病院と碧翠院、それに東城大が絡んで何やら不穏な空気です。テーマは終末期医療問題。末期の患者たちを従業員として働かせるという碧翠院のような取り組みって本当にあるんだろうか?確かに、ベッドに縛り付けられて死ぬのを待つよりかはずっといいのかもしれない。さすがに病院の食事が素人の当番制っていうのはまずいでしょうとは思うけど。
    それにしても天馬くんはアンラッキーにもほどがある。白鳥が元気そうでなによりでした。姫宮は最初に出てきた時抱いた南海キャンディーズのしずちゃんというビジュアルイメージがどうしても脳内から去りません。美人なんだ…?
    下巻に続く。

全312件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする