日本妖怪散歩 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043910014

作品紹介・あらすじ

河童がすむ淵。千利休の孫に化けた稲荷。森の沼に浮かぶ島。猫を祀ったお宮…。普通の旅行の途中でちょっと寄り道するだけでも、十分に楽しめるのが妖怪散歩だ。本書は全国を6ブロックに分け、各地のスポットを紹介している。伝説地を探訪するのに便利なオススメコースも用意。著者自らが妖怪伝説地をフィールドワークし、収集した情報の中から厳選した、妖怪をテーマにした新感覚の旅行ガイドブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただ妖怪に関連する場所を紹介するだけじゃなくて、実際に見て回るためのガイドになっているという、割と実用的な本ですね。(^^
    もちろん、地元の妖怪を確認するだけでも楽しめると思います。
    写真が多く掲載されているのもいいですね。
    できれば、地図も掲載してあれば良かったのですが。

  • 現代の「遠野物語」、しかも全国版。
    石碑や遺物が残っているところには、実際に行けるところが嬉しい。
    伝承や妖怪についての民俗系の本だと思ったのですが、
    ジャンル的には旅行ガイドらしい。

  • 2冊有

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

村上健司・文/1968年、東京生まれ。子どものころから妖怪に興味をもち、全国の妖怪伝承がある土地を取材している妖怪探訪家・フリーライター。全日本妖怪推進委員会・世話役。主な著書に「妖怪探検図鑑」シリーズ(あかね書房)、『妖怪事典』「怪しくゆかいな妖怪穴」シリーズ(いずれも毎日新聞)、「日本全国妖怪スポット(全4巻)」シリーズ(汐文社)、『妖怪ひみつ大百科』(永岡書店)などのほか、水木しげるとの共著『日本妖怪大事典』(角川書店)、京極夏彦、多田克己との共著『妖怪ばか』(新潮社)などがある。

「2016年 『なぞときおばけの話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上健司の作品

ツイートする