地球を斬る (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.55
  • (2)
  • (11)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043914036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 佐藤優さんが「フジサンケイビジネス ビジネスアイ」に連載している、
    「地球を斬る」というコラムを集めた一冊になります(今も連載中です)。

    素材となっているのが2006-2007年の情勢なため、
    現在(2012年8月)から見ると、ちょっと懐かしい感じも否めません。

    ただ、佐藤さんの軸のぶれなさは相変わらずで、興味深く読めました。
    中でも印象深かったのは、第1章の17、"日ロ外交のヒントとしての『美しい国へ』"の一説。

    - 安倍晋太郎氏は外相職を去った後も、政治生命を賭して日ソ関係の改善に努力した。
    - わたしは、約束をはたしました。桜がそろそろ咲きますよ

    ゴルバチョフ氏が"桜"とのフレーズを使うのに意外さと恐ろしさを感じました。
    日本人のエトスに響く言葉を使えるということは、それだけ調べているということ。

    利益を共有できるのであれば、価値観が共有できなくても、協業はできると思いますが、
    きちんと距離感をもってつきあえるのであれば、頼もしいのかなとも感じました。

  • 2006年から2007年にかけて『フジサンケイビジネスアイ』に連載された記事をまとめた本です。

    現代の世界情勢を、元外交官の観点から鋭く読み解くとともに、今後の展望について大胆な見立てが述べられています。また単行本にまとめられるに際して、著者自身がみずから内容についての評価をおこなった「検証」という項が設けられています。

    私自身は著者の分析・考察がどの程度妥当なのか判断することはできないのですが、インテリジェンスの観点から世界情勢を読み解くときにどのような点に注目するのかということが明瞭に示されており、興味深く読むことができました。

  • 2009年刊。06~07年にかけて連載された産経新聞社「ビジネスアイ」コラムを集積した書。著者の外務省批判は反論を見ないと一面的に堕しそうなので、多少割り引いて読むが、公開情報から推測される露、北朝鮮等の実像分析は流石としか言いようがない。些か下世話ではあるが、暴露話的な面白さも垣間見えるのは著者の読ませる力なのだろうか。PS.「ザ・ペニンシュラ・クエスチョン」(船橋洋一著)の内容の的確さへの言及は良い補完(外交的得失は別儀だが)。ところで、著者の、特捜検事を戦前の青年将校に準えるのは無理筋かなぁ。
    現実に武器を持ち、テロによる問答無用の要人殺害が可能な軍人の如き力は、検事にはないからだ。また、司法取引は米国ではルール化されているものという視点も余り見受けられない。

  • インテリジェンス能力が国力から大きくかい離することはない。日本はGDP2位だから潜在的に、世界2位の情報力を持っている。

  • ちょっとネタは古いけど、普段触れ得ないマイナーな国を中心に取り上げられていたのは良い。麻生外交は支持なのね。政治的には直接の敵たる小泉田中界隈以外はすでに落ち目しか叩かない印象はあるけども。

  • 古い本だが、外交について考えるひとつの視座を与えてくれる良書。
    気がついた点
    1. 佐藤優は麻生太郎の外交センスを評価している。(世間が?と思っているにもかかわらず)
    2. 外交をスポイルしている官僚については名指しで批判している
    3. 海外の要人が出すサインは見逃してはならない。ミスリードしてもいけない。
    4. 日本の要人の発言は海外へのサインとなることがわかっている人が要職にいないと国益を損なう。

  • 「外務省のラスプーチン」佐藤優氏は好きな作家で、数冊読みましたがいずれもはずれなし。

  • 2011 5/28読了。@lumely君から借りた。
    元外務省職員の著者による、2006~2007年頃の日本の外交課題について扱った雑誌連載をまとめた単行便を、さらに文庫化したもの。
    ロシア/中国・北朝鮮/対テロ関連の話題がメイン。
    佐藤優氏の本は初めてであったし、自分にとっては馴染みのない分野でもあったが、読みやすかったし新鮮だった。

  •  フジサンケイビジネスiに連載された「地球を斬る」の文庫化。ロシア、アジア情勢を中心に鋭い舌鋒が光る。著者は何も秘密情報を得て情勢を見立てている訳ではない。新聞記事などの公開情報にヒントを得ている方が多いくらいだ。
     文庫本の加筆として「Qさんへの手紙」「文庫版あとがき~北朝鮮のシナリオ」、この二点だけでも本書を買う価値がある。国政選挙前に是非読んでおきたい一冊である。

  • 2010/2/1 Amazonより届く。
    2013/1/26~2/3

    「フジサンケイビジネスアイ」に連載されたコラムに加筆された、外交・政治分析。いつもながら、佐藤氏の分析は鋭いな。現在の、対露、対中、対北外交の停滞を見るにつけ、外務省の凋落ぶりが気にかかる。安倍総理が設立しようとしている日本版NSCに期待したい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地球を斬る (角川文庫)のその他の作品

地球を斬る (角川文庫) Kindle版 地球を斬る (角川文庫) 佐藤優
地球を斬る 単行本 地球を斬る 佐藤優

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする