生き屏風 (角川ホラー文庫)

  • 278人登録
  • 3.48評価
    • (10)
    • (47)
    • (45)
    • (7)
    • (3)
  • 51レビュー
著者 : 田辺青蛙
  • 角川グループパブリッシング (2008年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043923014

生き屏風 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。
    馬の首を外し、代わりにそこに自分が埋まって眠るという何とも奇妙なシーンから始まるお話。
    馬の首って???? と思ったら、解説によると馬と娘の取り合わせは古来からあり、各国の古典にも描かれているとのこと。
    しかしまあ、首を取ってそこに入って眠るというのはこの作者さんのアイディアなのかな。すごく気持ち悪い気がするけど雰囲気づくりに一役買ってます。
    ただそんな気持ち悪さは話の中には全くなくて、一言で言うならこの話は、あやかしが人間に手を貸して問題を解決するというもの。
    主人公である皐月をはじめ、出てくるあやかしたちは愚痴も言うし酒をカッ喰らって酔っぱらうし、ちょっと人間臭くて面白かった。

    ・生き屏風
    表題作で受賞作。
    死してなお、屏風の絵として世に留まるおかみさん。彼女を邪険にする元亭主や、家の使用人。
    その屏風と皐月が心を通わせたのは、『人ではない』という似たような境遇からかもしれない。
    皐月だからこそ、屏風として世に留まるおかみさんの心を汲み取れたし、心を通わせられたし、最後の願いを聞けた。
    屏風が最後に海へ流されていくシーンは、爽やかだけど切なくて良かった。

    ・猫雪
    雪になりたいと願った次郎の、浮世離れしたのんびりさがうらやましくなる半面、一人でしか生きられないと言うその寂しさをひしひし感じた。
    ずっと一人じゃ寂しいけど、ずっと誰かと一緒にいるのはしんどいというその気持ち、わかる。
    老婆と言える年の人が娼婦をやってるって話、京極夏彦の『嗤う伊右衛門』でも見たけど、昔はそんなによくあったことなのかな。

    ・狐妖の宴
    皐月をとりまくあやかしたちの過去が少し伺える話。
    初めは鳴くのが下手な鶯のように、まだ何も知らない皐月を見守る二人に心が和む。

    恒川さんの『夜市』のように、人の世と少しつながった不思議な世界が舞台。
    『夜市』がダークなイメージなら、こちらは日向のイメージかな。
    作者の頭の中にはもっと広い世界が広がっているのが伝わってきて、続編ではもっとそれが描かれているのかと思うと楽しみです。

  • 優しい妖怪もの。

    馬の首で眠る皐月という少女の鬼は村境に住み、わるいものの侵入を防いでいる。
    村人からのお供えをもらったり、依頼を受けたりして暮らしている。
    ある日、亡くなったおかみさんが屏風に憑いて、その話相手をして欲しいとの依頼があり…「生き屏風」

    作者は遠野物語や民俗学、妖怪ものが大好きなんだなあ、と思った。
    妖怪と人間がつかず離れずで暮らしている、のほほんとした世界観でした。

    続編がありますが、表紙はこちらが一番雰囲気があって好きです。

  •  妖鬼の皐月と様々な人や妖怪との不思議な触れ合いを描く日本ホラー小説大賞受賞作を収録した連作短編。

     すごくとぼけた味わいのある短編集です。ホラー小説大賞の受賞作ですが、怖さはなく皐月と人は普通に会話しています。

     話をするだけでなく皐月は色々な頼みごとをされます。表題作「生き屏風」では霊が憑りついた屏風の話し相手、「狐妖の宴」では女の子に頼まれ惚れ薬を作るため一緒にヤモリを探します。

     こうして読んでいると日本昔話を読んでいるよう。登場人物たちみんなほのぼのしていて、肩ひじ張らず穏やかな気持ちで読むことができました。

     個人的に印象的だったのが「猫雪」の冒頭。皐月の先輩(?)の妖怪がある男に「何になりたい?」と問いかけると男は「雪になりたい」と答えるのですが、
    ここで雪という答えを持ってくるのがとてもセンスがあるなあ、と思いました。確かに雪のようにひらひらと落ちて、そして地面に落ちてそっと溶けゆく、ってなんだかロマンチックですもんね。

     雰囲気の非常にいい作品だったので皐月の出てくる次巻以降も読んでみたいなあ、と思いました。

     第15回日本ホラー小説大賞短編賞「生き屏風」

  • あらすじ

    村の酒屋の死んだはずの奥方が、あの世から戻ってきて家の屏風に取り付いてしまった。
    「村はずれに住む妖鬼の皐月」は、屏風の奥方の相手をして、
    退屈を紛らわしてほしいと頼まれ、しぶしぶ出かけていったのだが――。

    あらすじ終了

    「村はずれに住む妖鬼の皐月」←これ重要
    だって、この娘が主人公の話だから(他の短編も、この先も)
    物語に登場する者達は怪異側の生き物ですが、
    話自体はもの悲しさを感じる話です
    怖くは無い
    むしろ、登場する人間の方が恐ろしいかなと
    屏風の方に感情移入してしまいますよ

    ただ、この皐月の寝方が……
    グロいというか、不可思議と言うか
    作者の方の文書で理解は出来るのですが、本当に合ってるのか納得出来ない……
    是非、そこは読んで欲しい

    ちなみに、続刊として、
    「魂追い」「皐月鬼」が出てます
    全3部作になっているようなので、続きも読む予定

  • ホラー小説大賞短編賞受賞作品ということで、期待して読み始めたのですが、期待外れ感が否めない。妖好きには、オススメ。

  • 猫雪が素晴らしい。

  • 県境で里を守る妖鬼の皐月と、そのまわりの妖や人との関わりを描いた、耽美で静かな物語。
    連作短編のような3つのお話。

    妖や霊などホラーの要素はあるけれど、怖さは一切なく、どちらかというとやさしいお話。すこし、主人公の皐月がうすい気がした。シリーズを重ねればもっと皐月も魅力的になるかしら。

    ふたつめの「猫雪」がよかった。

  • 評価高かったから読んでみたけど
    いまいちでした。
    妖怪系好きなんだけどなぁー。

  • 「生き屏風」
    「猫雪」
    「狐妖の宴」

    和風な妖怪譚。
    話としてはほのぼのする感じでホラーではない。
    読みにくさがややある。

  • 2015年17冊目は先月まとめ買いした初読みの作家、田辺青蛙。

    第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞の表題作含む、三編の連作短編にして、三部作の始まり。

    あらすじ:「生き屏風」
    県境で一人暮らす妖鬼、皐月。彼女の所へ、造り酒屋の奥さんの霊の話相手になって欲しいという依頼が持ち込まれる。

    「猫雪」
    若くして隠遁生活 を送る次郎。皐月の先代の県境守りである猫先生と出会い、変化(へんげ)の術で雪となる体験をする。約1年後、次郎は再び猫先生の術で雪となることを望むのだった。

    「狐妖の宴」
    惚れ薬を作って欲しいと皐月の所へ依頼がある。しかし、皐月はその調合を知らない。思い当たるのは、里の外れに住む狐妖であった。

    本書解説、東雅夫氏の「癒しのホラー」とは言い得て妙。一編目の冒頭の皐月の眠り方こそグロテスク(その割に筆致が軽く感じる)ではある。しかし、全体的には、鬼や妖(あやかし)と人とが共生する、日本昔話のような感覚。恒川光太郎とは少々ベクトルが異なる、和風ファンタジーかな?!

全51件中 1 - 10件を表示

生き屏風 (角川ホラー文庫)のその他の作品

田辺青蛙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

生き屏風 (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

生き屏風 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする