星影の女 妻は、くノ一 2 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.47
  • (15)
  • (38)
  • (79)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 371
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043931026

作品紹介・あらすじ

「わしがこの国を開いてやる」江戸藩邸で「甲子夜話」の執筆にいそしむ元平戸藩主、松浦静山はこともなく言い放った。友人の千右衛門に連れられ下屋敷に呼び出された雙星彦馬は仰天。こんな発言は露見すると即座に打ち首だった。天文航海に通じた彦馬に期するものでもあるのか。神田妻恋坂の裏長屋に居を定め、寺子屋の合間を縫って織江を探す彦馬。だが、花のお江戸は今日もまた驚きの連続なのだった…。人気シリーズ第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良い。
    気楽に読めて、面白い。
    登場人物が魅力的。

  • シリーズ2巻目。

    すっかり探偵のようになった主人公。江戸で起こる様々な怪奇現象を調べていく。

    ミステリーの種明かしが面白い。猫が踊る話は結構怖かった。

    奥さん側の忍の世界は相変わらずハード。いくら公儀の隠密でも、スパイ活動が見つかれば即殺されるわけだ。毒キノコのくだりは笑えたけど。

    松浦静山が幕府に不穏な動きを見せ始めたところで次巻に続く。

  • 今回は、彦馬と織江の絡みが少なくて少し寂しかったかなぁ。それぞれのお話は楽しく拝読。最後の最後は、少し哀しかったけど、それは未来の幸せを盛り上げるための障害と想いたい。

  • ダンナがいい人っぽくて泣ける。

    シリーズの話の展開パターンが分かっちゃったので、
    もういいかなとは思うが、2巻の続きが気になって
    次巻も買ってしまった。
    くそ、売り方が上手い。

  • 日本の開国をめざす松浦静山のもとに仕えることになった彦馬は、『甲子夜話』のもとになったさまざまな事件に巻き込まれつつ、名推理によってそれらを解決していきます。一方織江は、くのいちとしての使命と彦馬への愛のはざまで苦悩し、さらにライヴァルのくのいちであるお弓の恨みを受けるなど、いくつもの試練をくぐり抜けながら、彦馬を見守ります。

    時代小説にミステリの風味をまぶして、全体をライト文芸的なテイストに仕上げたシリーズで、本格的な時代小説ファンやミステリファンにはおそらくもの足りないと感じられるのでしょうが、空いている時間に軽い気持ちで読むことができます。

  • 面白かった。

    基本的には日常の謎に、ちょっとラブストーリーのテイストを入れてといった展開は、『ビブリア古書堂の事件手帖』とかに通じる感じで、僕の大好物。

    ただ、ギョッとするようなハードな「くノ一」的な展開もしっかりある。

    ますます、先が楽しみになった。

  • 20171010読破

  • この分ではまだまだ奥さんは見つからなさそうですね、彦馬さん^^; 奥さんの方は彦馬のことを見つけてますけどね。
     織江のライバルのお弓が死んでしまったことは意外だったけれど、くノ一だから命がけだものね。織江はまだまだ危険な仕事をしそうだし、彦馬も何やら巻き込まれていきそうでどきどきします。この巻は『甲子夜話』絡みで不思議な話に巻き込まれる彦馬がいい味だしていたように思います。続き、楽しみです。

  • 隠居して江戸で妻を探す彦馬ですが、くノ一の仕事に励む織江を見つけることは難しそうです。主君の元平戸藩主静山には開国に向けた野望があります。幕末に向け、世の中が騒がしくなるなか、彦馬と織江は再び結ばれるのでしょうか?お話に「甲子夜話」を絡めるのも趣向ですね。

  • 二巻。図書館で。
    お弓さんを信じられないのはわかるけどキノコを食べてまでその日に行かなかったのはよくわからない。というかお弓さんはオリエさんの所為でああいう結果になったのではなかろうかと。呪符ぐらいでどうにかなる妻じゃない気がするんだよな。
    色々と飽きてきたのでここらへんでいいかな、と読むのはやめようと思います。いつまでも君の名はをやられてもねえ…。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年福島県生まれ。立教大学法学部卒。1992年「黒牛と妖怪」で歴史文学賞を受賞しデビュー。2015年、〈耳袋秘帖〉シリーズで第4回歴史時代作家クラブシリーズ賞、『沙羅沙羅越え』で中山義秀文学賞を受賞。主な作品に、「妻は、くノ一」シリーズ、「四十郎化け物始末」シリーズ、「女が、さむらい」シリーズ、「大名やくざ」シリーズ、『卜伝飄々』などがある。

「2021年 『計略の猫 新・大江戸定年組』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風野真知雄の作品

ツイートする
×