美姫の夢 妻は、くノ一 7 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.61
  • (18)
  • (35)
  • (47)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043931071

作品紹介・あらすじ

夫の彦馬に逢いたい。その想いを抑えられず、お庭番を抜けて逃亡中の織江は、変装して彦馬の家にほど近い妻恋坂を歩いていた。ある日、怪しげな男が落とした奇妙な形のものを拾う。それが新たな追っ手の罠だとは、知るよしもなかった。さらに織江は、彦馬が美しい女性と歩いているところを目撃、次第に心を乱されてゆく。そのころ彦馬は、占いによりある運命を予言されるのだが-。大きな予感に満ちた、シリーズ第7弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彦馬と織江の実際の距離にはあまり変化がないものの
    いろんな横槍が交錯してふたりの立ち位置を無理矢理ずらしていく、という趣。
    事は急激に動かないのだが、幽霊船やら占いやら
    今後を暗示する緩やかな仕掛けが見え隠れしている、という意味で
    この巻は重要な位置付けにあるということか。

    今回は2巻に続いて手習いの子供たちが大活躍。
    その謎解きを通して、彼らの成長を見せるところが心憎い。
    そして、初登場の静山の娘の静湖姫は完全なる横槍要員だと思われる。
    彦馬と連れ立って歩く静湖姫を見て動揺する織江が可愛くてきゅんきゅんした(何)。

    川村が差し向けた第2の刺客は呪術師寒三郎。
    織江は呪術師だと判っているのにその呪術にかかってしまうのが恐ろしい。
    そこを救うのがまたしても雁二郎なのだが、
    前巻で明らかになったことよりも更に驚愕の事実が曝される。
    この言い回しが大袈裟ではない辺りが雁二郎の底知れなさなのだろう。

  • 20171120読破

  • この巻も面白かったです。
    呪術師寒三郎に狙われた織江、一時は取り込まれてしまうかと思われましたが、彦馬への愛の力で気力を取り戻し反撃に出ます。一方彦馬はある謎を通して、静山の娘の静湖姫と近付きになります。変わり者と言われる彦馬に惹かれ始めたような静湖姫。織江と彦馬の二人はこれからきちんと再会出来るのか、それはどんな形でやってくるのか、益々続きが楽しみです。そして織江の危機を救った雁二郎はやはり手練れの忍なのかしら。彼の正体も先の楽しみの一つです。

  • 闇の戦いが徐々に表に出てきます。
    それが面白いのかどうなのか。

    海外へ出て行くであろう展開になってきましたね。
    どこに落ちを持ってくるのかが楽しみです。

  • 「妻はくノ一」シリーズと、「姫は三十一」シリーズがこんな風に重なるとは思わず、風野ファンとしてはニンマリ。

  • 雁二郎がおもしろすぎる。

  • 日常の怪異に潜む謎を解決しながら、メインストーリーが進みます。でも、このところの怪異解決のエピソードは凡庸に思えます。本筋が盛り上がってきましたので、こちらを中心に展開した方が勢いがいいのではないでしょうか?シリーズもいよいよ終盤に入ります。

  • 美姫の夢 妻はくノ一7

    今回から主人公の周りの正体が徐々にあかされていきます!
    まさかあの人が!!

    新たな登場人物も加わってますます面白くなってきました!

  • やっと雁二郎の正体が分かってきた。
    しかしここまで主人公彦馬の目立った活躍は無し。「今後に期待」なのだろうか……。
    彦馬と織江の恋の行方が危ういかと思われたが、事なきを得て一安心。
    物語りの進行も少しづつ重みを増してきている。

  • 雁二郎が、凄腕の忍びだなんて・・・

全33件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1951年福島県生まれ。93年「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞。2002年、第1回北東文芸賞を受賞。15年「耳袋秘帖」シリーズで、第4回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。15年『沙羅沙羅越え』で第21回中山義秀文学賞受賞。

美姫の夢 妻は、くノ一 7 (角川文庫)のその他の作品

風野真知雄の作品

ツイートする