怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.75
  • (49)
  • (117)
  • (78)
  • (15)
  • (2)
  • 本棚登録 :854
  • レビュー :98
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043940028

作品紹介・あらすじ

散る直前の匂いたつ美しさ、「レディ・ジェーン・グレイの処刑」-彼女を死に追いやった陰謀とは?フェルメールの知られざる宗教作品、「エマオの晩餐」-世界の美術市場を震撼させた事件とは?近親結婚くり返しの果て、「カルロス二世」-スペイン・ハプスブルク家断絶の過程は?憎悪、残酷、嫉妬、絶望、狂気、妄想…。名画に秘められた人間心理の深淵を鋭く読み解く22の物語。書き下ろしを加えてついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「怖い絵展」にて、表紙絵のポール・ドラローシュ作
    「レディー・ジェーン・グレイの処刑」を観てきました。
    それは観る前から想像していた通り、繊細で佳麗なとても美しい絵でした。
    ジェーンが身を包むウエディングドレスのシルク感といい
    細やかに描かれたレース、耳元で束ねられてる柔らかな長い髪
    若々しく艶やかな肌に、ふっくらと愛らしい指先に至るまで
    この絵に秘められた逸話さえ除けば、それはもう、このうえなく
    美しいばかりの絵でした。

    この絵の前に辿り着いて
    "そう、今ここにいるあなたがまさにこの光景を見ている群衆の一人です"
    (みたいなこと──正確ではありません。うろ覚えです).....と
    音声ガイドからの声が流れてきたときには、一瞬にして
    体中から血の気が引いて震え、じわじわと涙があふれてきてしまって
    仕方ありませんでした。

    ほぼ等身大かと思わせるほどの大きさの絵というのも手伝ってか
    目線を観覧者の方に向けてみると、まさにそんな光景にも見えてきて
    この絵の前に佇む人たちを含めた少し遠くの位置からも眺めながら
    19世紀のイングランドへとタイムスリップ...。自分自身も本当に
    群衆の中の一人であるかのようになりきって、まさにこんなふう
    だったのかもしれないと、目の前で起きている光景を想像しながら
    しばらくの間、その想いに心委ねて感慨に浸りました。

    中野京子さんが「怖い絵」と称して、様々な絵画(版画もあり)を
    解説した本を出されてから10年になるのですね。
    展覧会はその記念も兼ねてのようでしたが、「怖い絵」の著書は
    初めの一冊を読んだきりでしたので、開催日近くになって慌てて
    「泣く女篇」を入手。展覧会に行くまでの間にすべての絵の
    解説を読み果たすことはできそうになかったので、来日している
    絵の分だけはなんとか予習しました。

    中野京子さんは絵をとても読ませます。久しぶりに読んでみると
    解説がことのほか長いです。これはいい意味でなのですが
    名画の解説というと大抵は、さらりと一気に読めてしまうのが
    ほとんどなところ、中野さんの解説は、絵の描かれた時代考証と
    そこに絡みつく政治や社会の風習なども織り交ぜながら
    絵に纏わる逸話はもちろんの事、登場人物たちの人間模様から
    描いた画家に纏わる逸話まで、余すところなくしっかりと教えてくれます。
    それでいて、こんな文庫本になるほどコンパクトに纏められているのは
    中野京子さんの巧みな筆致によるのでしょう。

    22作に分けられた「泣く女篇」として紹介されている作品と
    逸話の究極は、なんといってもやっぱり表紙絵のジェーン。
    この美しい絵の中に秘められている悲劇的な逸話と、まるで
    戯曲か何かの一場面であるかのように美しく描いた画家
    ドラローシュの存在を十二分に教えて頂きました。

    そして、こんなにも美しいその絵と実際に対面できたことは
    私にとって一生忘れることのできない素晴らしい出会いでした。
    これはもう中野京子さんのおかげでしかありません。
    ありがたき幸せです♪感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうございました。

  • 「怖い絵」を紹介した中野京子さんの人気シリーズ。今年は美術展も予定されているので楽しみ。副題が関係していない作品も多いように思いますが、内容は安定の面白さです。印象的なものだけ抜粋。

    ベラスケス『ラス・メニーナス』
    一枚の絵画に詰まった情報量。俯瞰して眺めたような構図が以前から好き。あどけない表情を見せる5歳のマルガリータ王女を囲う従者たちと、バルボラの隠しきれない怒りと哀しみ。

    ジェラール『レカミエ夫人の肖像』
    はだけたドレスと艶っぽい線の細さの裏に潜んだ、女性の死をも恐れぬ美への追求。見方は180度変化し滑稽さすら感じる。

    ブリューゲル『ベツレヘムの嬰児虐殺』
    恐るべき改竄の事実。

    ビアズリー『サロメ』
    少し前にワイルドの『サロメ』を読んでいたのでより思い入れがある作品。小説のなかのサロメは無垢で猟奇的、恐れを知らない少女のイメージが強かったけれど、ここでは成熟した女性の終生の姿だった。妖艶なサロメと彼女を抱える異形の2人の対比に目を奪われる。

    ルーベンス『パリスの審判』
    三女神とパリスのやりとりが一枚の絵から十二分に伝わってくる。

    ドレイパー『オデュッセウスとセイレーン』
    セイレーンの登場により起こる船上の恐怖と混乱。本作では一見美しくも映る人魚セイレーンですが、彼女たちの目的を思い出すと湧き上がるのはやはり恐怖。ギリシャ物語の名シーン。

    ファン・エイク『アルノルフィニ夫妻の肖像』
    計算しつくされた構図のなかに込められた契約のかたち。

    ベックリン『死の島』
    黒々とした島の前にぼぉっと浮かぶ白装束の後ろ姿。この世のものではない、見てはいけない世界を前にしている気分に。

  • 怖いよー。
    でも面白いよー。
    著者の博識と洞察力と文章力でとても興味深く読ませてもらった。
    特に怖かったのはカレーリョ・デ・ミランダの『カルロス二世』
    妙に生白い男が立っているだけなんだけど、初めて見たときゾクッとするほど怖かった。
    その男の背景を教えてもらうとまたさらに怖い。

    テレビやネットの演出感ありありの『心霊映像』を観るくらいならこの本読んだらいいのに...と思った。
    怖いついでに歴史や想像力も学べる気がする。

  • 王や女王の肖像画等の裏側には、歴史を知る面白さがあるけれど、ジェラール『レカミエ夫人の肖像』は女性のファッションやメイクの変遷について言及されているのが興味深かった。フランス革命後、ギリシャ風の露出度高め&スケスケファッションに、死人風だの結核風だのの不健康メイクが流行った時代があったらしい。去年くらいに日本でも「二日酔いメイク」だかなんだか言って目の下のあたりをチークで真っ赤にしてる若いお嬢さんがたくさんいて、おばちゃん的には「何ごと!?」と思ったものでしたが、いつの時代にも突拍子もないものが流行するものなんですね。オシャレのために薄着しすぎて風邪ひいて死んじゃうとかもう…現代の生脚ミニスカ女子高生となんら変わらない女性のファッションへの飽くなきこだわりは確かに怖い(苦笑)

    ファッションのみならず体型や顔立ちにもやはりその時代、その国ならではの流行があり、ルーベンスの描くムチムチ女性は彼の好みというわけではなくあの時代はあれが理想の体型だったとのこと。ルーベンスの時代に生まれていれば私も超絶ナイスバデーと称えられたかもしれない(笑)

    詩人としてのほうがおそらく有名なウィリアム・ブレイクは、自身の詩集に添えられた牧歌的な挿絵くらいしか見たことがなかったのだけど、ここに収録されている『巨大なレッド・ドラゴンと日をまとう女』は今から200年以上前に描かれたと思えないくらい、なんというか、タッチが現代のアニメーターなんかの雰囲気に近くて驚く。天野喜孝をもっとマッチョにしたような感じとでもいうか…。未読だけれどトマス・ハリスの『レッド ・ドラゴン』に出てくるのはこの絵のことなのですね。

    エッシャーは芸術というより「だまし絵」的な扱いを受けることが多いけれど、もっと哲学的というかいっそSF的だとすら思う。ビアズリーは私の中では別格。あとラファエル前派が好きなのでドレイパーやハントはやっぱり良い。

    レンブラント『テュルプ博士の解剖学実習』やホガース『精神病院にて』は、皆川博子の『開かせていただき光栄です』のシリーズを思い出した。精神病院ベドラム、小説の中でもすごく怖かったなあ。

    ※収録作品
    ドラローシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』/ミレー『晩鐘』/カレーニョ・デ・ミランダ『カルロス二世』/ベラスケス『ラス・メニーナス』/エッシャー『相対性』/ジェラール『レカミエ夫人の肖像』/ブリューゲル『ベツレヘムの嬰児虐殺』/ヴェロッキオ『キリストの洗礼』/ビアズリー『サロメ』/ボッティチェリ『ホロフェルネスの遺体発見』/ブレイク『巨大なレッド・ドラゴンと日をまとう女』/フォンテーヌブロー派『ガブリエル・デストレとその妹』/ルーベンス『パリスの審判』/ドレイパー『オデュッセウスとセイレーン』/カルパッチョ『聖ゲオルギウスと竜』/レンブラント『テュルプ博士の解剖学実習』/ホガース『精神病院にて』/ファン・エイク『アルノルフィニ夫妻の肖像』/ハント『シャロットの乙女』/ベックリン『死の島』/メーヘレン『エマオの晩餐』/ピカソ『泣く女』

  • 他の本に比べてパンチが弱かった気もしますが、でも面白かった。世界史をきちんと学ばなかったのを後悔しています。
    表紙作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」が読みたかったのです。義父と実父に殺された哀れな少女。だけど何故か神聖さと毅然とした強さを感じる。
    「ベツレヘムの嬰児虐殺」が小さくてつぶれているのが残念。展覧会で見れるといいけど。
    ヴェロッキオのエピソードが一番好きかな。天才だからこそ、それを凌駕する天才に恐れおののいて筆を折ってしまうと。切ない。

  • 上の森美術館の怖い絵展に行く前に読みました。本と展示作品はあまりかぶっていなかったように思います。美術館は大人気でゆっくり見ることができないうえに解説が短いので個人的には本の方が楽しめたように思います。ただ、絵の細かな部分に関しては文庫本のため見えにくいところもあります。

  • 2017/0918
    いろんな意味を含んだゾクゾク感を味わいたくて購入。
    装丁のインパクト!
    読んでみたら中野さんのサクサク通る文章と絵画の深さ?にぐいぐい惹き込まれて、どんどん読んでしまう。
    一作品の解説ページ数がちょうどいいのもあるかな
    掲載されている絵のサイズが小さいのが見辛いけど仕方ないやな。
    携帯で絵を観ながら読んだりしました。
    目の前で観ながら解説を聞いたら更に楽しいだろうなぁ、美術館行きたくなる。

  • おなじみのハプスブルク家にまつわる作品から、全然知らない作品の暗い背景まで。このシリーズを読むのは、絵の蘊蓄を知りたいだけじゃなく。作者の文章が好きだとから。
    印象に残ったのは、レンブラント『チュルプ博士の解剖学実習学』。まだそんなに地位が高くなかった外科医7人がお金を出し合って、レンブラントに集団肖像画を依頼…ってエピソードも好き。

  • 仕事柄、絵の鑑賞をするとき、必ず背景を確認するようにしている。
    しかしこれらは怖すぎるぞ。絵の見方もまちがいなく変わる。
    フェルメールの知られざる「エマオの晩餐」―世界の美術市場を震撼させた事件や、近親結婚くり返しの果て、「カルロス二世」―スペイン・ハプスブルク家断絶の過程など怖さとともに悲哀を感じざるを得ない。

  • なかなか面白かった。
    「怖い」と思うポイントが、単に描かれている場面だけではなく、
    作者の背景やその絵をめぐる物語もあり、
    中には「それはちょっとこじつけなんじゃないか」と思うものもあるが、
    全体的には読みやすい本だった。

    ただ、文庫には向かない。
    一応絵もカラーで掲載されているのだが、文庫本なので小さく、
    描写の細かい絵だと、文章で説明されてもよく見えないのが残念だった。
    単行本か、A4くらいの大きさだともっと楽しめるんだろうなと思う。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ただ、文庫には向かない」
      そうなんですけど、もし気に入った絵があれば、その画家の画集や図録を買われて観るのが良いかと思います(「怖い絵」シリーズは 朝日出版社から単行本が出てますが)。。。
      2012/12/07
    • 柚沙さん
      この本は絵画鑑賞の入り口であり、おっしゃる通り興味がわけばもっと専門的な本を選んで読むべきです。
      文庫には向かないと思ったのは、せっかく詳しい解説文があるのに、本を読んでいるその瞬間に絵の細かいところをきちんと見ることができないのは残念だな、と。
      この本にはいろんな画家の作品が登場しますが、作品全部をいちいち大きい画集を借りてきて見る訳にはいきませんし、そこまでして見たいとも多分思わないと思います。
      うまく伝えられないんですが、要は大きめのほうがこの本の魅力が増すと私は思ったんです。
      2012/12/09
全98件中 1 - 10件を表示

中野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
中野 京子
中野 京子
中野 京子
中野 京子
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする