首挽村の殺人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.98
  • (1)
  • (12)
  • (28)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 136
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 横溝正史っぽいと言えば、確かに良く出来てはいる。熊はアクセントにはなってはいるが、いらなかったかな。

  • 21世紀の横溝正史、、、
    確かに雰囲気は横溝正史だと思う。
    「鷲尻村のむかし噺」になぞられた連続殺人事件と赤熊事件が絡み合って展開していくストーリーはテンポ良く引き込まれていく。
    でも犯人に無理があると思う。
    そこが残念だ。

  • 岩手県の無医村に医師が就任し,直後に連続殺人事件が発生。村には血塗られた過去が・・・。
    コテコテのミステリと,熊ミスの融合で,ミステリ要素もサバイバル要素も楽しめた。

  • 第27回横溝正史大賞受賞作品。

    そのタイトルの中に相応しい「いかにも」な作品で読みやすかった。
    「見立て殺人」はとても作品が華やかになるし、大好きです!
    しかし、探偵役は素人さんが好みなので刑事さんか~と少し残念でした。

    そしたらまた話は変わるんでしょうね。

  • 横溝正史に回帰したくなる一作。

  • ミステリーと、熊を追うマタギのサバイバル小説を交互に読んでいた感じ。 赤熊とマタギの雄鶴さんたちとの対決パートの方がインパクト強くて、事件の解決より赤熊との決着が知りたくなってしまった。
    不気味な昔話やしきたりが伝わる村という設定は面白いし、雰囲気はなかなか。

  • 岩手県出身の作家のデビュー作。舞台は岩手県西部の西和賀か沢内村がモデルなのだろう。小さな村で起こった赤熊という巨大熊による殺戮と殺人事件。モデルになった所の風景が目に浮かび、臨場感はあるのだが、今ひとつ登場人物の個性が見えて来ない。


    そういえば、昔、奥羽山脈の辺りで、赤首のような巨大熊の目撃が相次ぎ、本州にもヒグマがと地元紙で騒いでいた記憶がある。舞台のモデルと思しき沢内村には民俗資料館があり、マタギの道具なども展示されていた記憶がある。

  • 高校生の頃、映画化をきっかけとした第一次横溝正史リバイバルがあった。猟奇的な表紙絵付きの黒本が田舎書店の棚を席巻する姿は壮観であり異様でもあった。級友には全作読み切った猛者も居た。21世紀の横溝正史と呼ばれる著者。状況設定は確かに似ているし、東京者の若い医者が異界とも言える岩手の山間僻村に感じる得体の知れない違和感がよく表現されている。硝子窓を通して覗き見る様な不安定な距離感。書評では厳しい評価も見られるが、一種の様式美、書割の前で演じられる舞台劇と看做せば楽しめる。ところで赤熊は何の為に出て来たのやら。


    『なにかが斜面から飛び出ている。雪の中から生えている。足だ。人の足が二本、雪の中から突き出ていた。』さすが横溝正史ミステリ大賞受賞作。お約束のパフォーマンスか?^^; 2012年09月09日


    タイトルといい、”21世紀の横溝正史”という謳い文句といい、非常に陳腐で、あまり期待できそうにもないが、熊クマ繋がりで読んでみる。  2012年08月09日

  • 横溝正史テイストたっぷり。だが、さすがに劣化版的なイメージはぬぐえず。現代の僻地問題等、取り込んだ意欲作とは言える。

  • 面白い。
    酷評される要素が多いことも分かっているが、敢えて言う、面白い。

    冬の東北を舞台に、人々の暮らし、因習、社会問題、想い、
    そういったものをないまぜにしながら物語は進む。
    その、いわゆる「地方」の生活のいい意味での泥臭さのようなものが、
    多少誇張を含んだ形ではあるにせよ、良く描けていたと思う。

    熊が出てくるくだりも、個人的にはすごく好きだ。
    ミステリなのに、全然別の角度からドキドキさせられる。
    迫力もあるし、事件とからむのかからまないのかすら分からなくてページを繰る手が早くなる。
    「え?熊なの?人なの?人為なの?自然なの?」と戸惑わされる感じ、悪くない。
    というか、熊の場面でのドキドキ胸が高鳴る恐怖感が、
    そのまま物語全体の雰囲気づくりに一役買っている。
    マタギの老人の「熊は一度人を喰ったら餌としか思わなくなる」
    という言葉も心にズン、と響いて、
    その思苦しい感じが殺人が続く村内の怯えと重なってより一層黒い不安を掻き立てる。

    ただ、やっぱり「もったいない!」と思えるフシが多いのは事実で、
    とても興味をそそる伏線をいっぱい張り巡らすことができているのだから、
    もっともっと存分にその持ち駒を活かせたらいいのに、とも思う。
    私個人としては、この本に限って言えば、
    最近めっぽう多い理論武装を重ねて綺麗すぎるほどシャープに
    物語が片付いてしまうミステリと比べて、
    妙に宙ぶらりんだったり、想像の余地を含ませて終わる部分があるのは、
    むしろ現実に近い感じがして新鮮な風を感じ、
    「そうか、まぁ、こういうのもアリかな」と思えた。
    (※別にこの作品内容や登場人物に強いリアリティがあるというわけではない。
    そうではなくて、実際の現場って何もかもがそんなにピシッと
    片付くわけではないだろうし、
    理詰めじゃ説明できないモヤモヤしたものもあるだろうし、
    そういう、完全にカタがつくわけではない部分がある、という意味での「現実」ね)

    横溝正史大賞を受賞してしまったせいで、
    あちこちから「横溝作品とは比べものにならない」という批判を浴びせられたようだけど、
    そもそも横溝と彼女の作品の共通項は物語の禍々しさや推理の面白さにあるのではなくて、
    その土地や生活に根付いた、
    人間と土地、人間と時代とが絡みついて起こるドラマ性にあるのではないだろうか。
    そういう意味では、横溝作品と彼女の作品とは良く似ている。

    物語自体は、特異な専門用語や小難しい抽象論などを振りかざすことなく、
    現場を足で調査する捜査員のように順を追って泥臭く進むので、
    変なアタマを使うこともないため脳も気持ちも疲れず、
    夜更けになるまで時計すら見ることなく夢中になって読んでしまった。

    この後の作品が非常に楽しみだ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年岩手県生まれ。中央大学文学部卒。2007年『首挽村の殺人』で第27回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、作家デビュー。他の著作に『死墓島の殺人』『共謀』『存在しなかった男』『奇妙な遺産 村主准教授のミステリアスな講座』などがある。

「2016年 『梟首の遺宝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

首挽村の殺人 (角川文庫)のその他の作品

大村友貴美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする