日本怪魚伝 (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.72
  • (1)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  釣りの紀行本かと思ったら小説やルポルタージュなどいろいろな形式が混在した作品集だった。釣りを扱ったものもいくつかあって、7月はとうとう1度も釣りに行かなかったので、釣りに親しんだような気分になった。

     僕は小さい魚でも持って帰って食べているので開高健に怒られそうだ。しかしそもそも大物なんか釣ったことがないしこれから先も多分釣らずに終わる。そう思うとなんだかさびしい気持ちになる。こんな小説で取り上げられるようなテーマとも無縁な、しょぼい釣りしかできない。

  • 12話収録。 95

  • カワマスの表紙に惹かれ、なんとなく購入してした短編集。
    題材とされている魚は12種類。これらが怪魚と表現されているものの、
    そのうち本当に怪魚なのは、今を以て伝説のタキタロウくらい。
    だから、タイトルはやや大袈裟(^^;)なのだが・・・。

    それでもこの本、かなり夢中になって読めた。
    各篇でノンフィクション風・時代小説風・お伽噺風・ホラー風と粒が揃っており、
    うまくテーマの魚とシンクロする。

    個人的に印象に残ったのは、第6話のアオウオ、第10話のレイクトラウト、第11話のコイ
    のエピソード。どれもあんまり怪魚では無いのだけど(^^;)。

    そして、気になる釣りに関するディテールは、あまり深くは無い。
    しかし、釣りが好きな人こそ本当に楽しめると思う作品。

  • あまり期待せず読み始めたのに、読み進むにつれ引き込まれ、いつか読了してしまう。
    そんな本に出合うと、とても得をした気分になる。
    最近では『日本怪魚伝』(柴田哲孝・角川文庫)がそうだった。
    柴田哲孝というと『下山事件 最後の証言』を書いたノンフィクション作家、というイメージがあったので、本書を買った時には同じ作者と気づかなかった。
    冒頭作のタイトルに「アカメ」とあったので、これは四万十の巨魚アカメについて書いているのだろうと思い、興味をそそられて“ついで買い”しただけだったのだ。
    エッセイあり、ルポあり、短編小説ありと「まぼろしの魚」をテーマにさまざま趣向をこらした編集だが、未収録原稿の寄せ集めといった感じはあまりしない。
    それはたぶん、著者の思いがジャンルを超えて一貫しており、一冊の本として捉えても、提起しているテーマにブレがないからだろう
    ロマン豊かな「釣魚本」であると同時に、「まぼろしの魚」たちを失われゆく自然からの使者として描いているのである。

    著者はかなり年期の入ったの釣師のようで、「河は眠らない」という開高健へのオマージュ作品(というより主人公が開高健)も収録されており、「オーパ」を読んだときの衝撃についての記述も出てくる。
    わたしは釣りをしないし、「スポーツ・フィッシング」なんて言葉には嫌悪感を感じる。
    今、日本の河川で起きている在来種保護の動きが、外来種への“ポグロム”としか見えず、そこに抜きがたいエゴを感じる。
    「自然の保護・保全」「生物多様性」というお題目を聞くと、自然を管理したいという発想の単なる「変換」にすぎないのではと違和感を抱く。
    しかし釣師として川に立ち、物書きとして自然に向き合う柴田氏は、外来種駆除を「どうしようもないことだ」と語る。ブラックバスのキャッチアンドリリースは、「してはならないこと」と言う。現実の問題として、日本固有の生態系を守り、回復するためには、いまや害をなす魚種は根絶せざるを得ない、それほどまでに外来種は蔓延しているのだという。
    しかし、そこには正義も大義もない。魚相手に大げさだと言われるかもしれないが、私たちはせめて痛みを感じなければならない。
    外来種という社会の敵を作ったのがほかならぬ社会の要請だったことに責任を感じなければならない。痛みの一片さえないのでは、単なる虐殺にすぎない。
    昔の人なら供養塔を建て、社に祀っただろう。自らの罪の告白と後世への戒めとしてである。
    著者・柴田氏もまた、少なからぬ痛みを感じているように読めた。
    そうでなければ、魚をテーマにした本など現代に書けるはずもないのだが。
    読み終えて、いろいろと考えるところがあったのが収穫。

  • 釣り

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

(しばた てつたか)
1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。2006年『下山事件 最後の証言』で第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞。2007年『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞した。他の著書に『異聞 太平洋戦記』『チャイナ・インベイジョン 中国日本侵蝕』『デッドエンド』『WOLF』『下山事件 暗殺者たちの夏』など多数ある。

「2017年 『クズリ ある殺し屋の伝説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本怪魚伝 (角川文庫)のその他の作品

日本怪魚伝 (角川文庫) Kindle版 日本怪魚伝 (角川文庫) 柴田哲孝

柴田哲孝の作品

ツイートする