動物の値段 (角川文庫)

著者 : 白輪剛史
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月23日発売)
3.56
  • (8)
  • (25)
  • (32)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :179
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943166

作品紹介

ライオン(赤ちゃん)45万円、ラッコ250万円、トラ500万円、ゾウ3000万円にシャチは1億円!!…でも、エリマキトカゲはわずか5万円。動物園・水族館のどんな動物にも値段がある!人気者たちの意外なお値段を決めるポイントはいったい何か?キリンやカバなどは、どのように輸送しているのか?すべてが驚きの動物商の世界。その舞台裏を明かした画期的な1冊!テリー伊藤氏との文庫版特別対談も収録。

動物の値段 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動物商の赤裸々な話。ほかでは到底聞けない話が満載。動物園・水族館で、この動物たちはどこから来たのだろうと考えたことのある人全員におすすめ。

  • 動物が売買されることは、考えると分かることだけれど、あんまり、値段や仕入れの仕方など考えたことがなかった。
    この本では、分かりやすく書かれていて、雑学として面白く読むことができました。

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:480||S
    資料ID:95100297

  • レビュー省略

  • 動物園の最大の疑問、それは動物は貰い物?
    もし買っているならどのくらいの値段?
    飼ったら維持費はいくら?
    輸送費は?
    など…

    動物園の動物は人気だから高いっていうのは間違いで、希少価値もそうだが、大きさでも比例する。
    動物によっては借り物だったりするが、動物園はペットショップではないためそんなお金のことは書いていない。
    この本には参考までにどのくらいの金額がかかり、どのくらいのコストがとか、どのくらいの維持費がかかるっていうのが手に取るようにわかる。
    それにより、いままで公表されなかったいろんなことがわかるようになっていた。

    この本により意外な動物が一番維持費がかかっていたり、意外な動物が高かったりってことがわかりますよ。

    これを見た後、お近くの動物園に行かれると動物が違う目で観れます。
    だからと言って飼いたいなんて思わないでくださいね。
    でも思った方はまたこの本を見返して見てください。
    多分嫌になります(笑)

    これを見て自分が思ったのはよくぞ無料で動物園ができるなぁって思いました。

  • 人間の都合で値段は左右されるものなのね。
    なんか、虚しい。

  • 数が少ない動物や、輸送費が掛かる動物は値段が高いのが分りました。
    爬虫類なんかがたくさん輸入されて、ペットとして飼う人がたくさんいるんですね。

    ライオンは45万で安い、命中率100%の多産系。

    自然の中で生きてる動物が幸せなような気がするけど。

  • まあ、変わった本だね。動物の値段や、ペンギン、ゴリラ、シャチの飼い方など。著者曰わく「 多くの方に動物取引の実態を見て頂くことを通して自然保護や動物の価値を再認識」との本で動物取引の話が読めたことは面白い。

    【印象に残る】
    ペンギンは南極、シロクマは北極なので一緒にいることはない
    シャチは口臭が臭い、ナマケモノはキュウリが好き
    シーラカンスに興奮

  • いやこれは動物園・水族館好きにはたまらない本(^o^
    たいへん楽しく読めました(^-^

    著者は、現役の「動物商」という変わり種。
    知る人ぞ知る「爬虫類に触れる体感型動物園」
    静岡県のiZooを経営している会社の代表。

    ちなみにiZooは、旧「アンディランド」。
    「亀専門」のテーマパークでした。
    この方が歴史があるので有名かも知れない。

    本のタイトルは「動物の値段」ですが、
    値段だけではなく「中の人」でしか知り得ない
    動物園や水族館の裏側やら、日本の「動物行政」情報、
    「ワシントン条約」「絶滅危惧種」などについて
    分かりやすく、しかも面白おかしく説明してくれる(^ ^

    だいぶ以前に「ライオンの飼い方」という本を読んだが、
    それに通ずる「ま、こんな動物個人で飼うやつぁいまいが、
    強いて買えるとするとカバは600万円からかな」的な
    ある意味「役に立たない」情報が満載(^ ^;

    でも、伝染秒やら在来種の保護やらのために、
    近年頻繁に動物の輸入・移動に関する法律が
    こんなにくるくる変わってるとは、みたいな
    きちんと役立つ情報もたっぷり載っている。

    例えばアライグマは、今からもう飼うわけにはいかない。
    これまで飼ってた人は特別に許可をもらって飼えるが、
    子供が生まれたらその瞬間に「犯罪者」になるとか(^ ^;
    食用蛙を、こっちの池からあっちの池に移動したら
    もうそれだけでアウトだとか(^ ^;

    もちろん、亀とかコウモリとかイグアナとか、
    本当にペットとして個人で飼えるものの情報もある(^ ^
    また自分で飼う飼わないに関係なく、
    動物園の舞台裏的情報も楽しい(^ ^

    「シャチは肉食なのに歯磨きしないので口臭がひどい。
     ショーでシャチにキスするお姉さんなんか、
     ニコニコしてるけど実は大変なはず」とか(^ ^;

    「ラッコの鉱物はウニやカニなどの高級水産物。
     日本人のウニの消費量が年間6万トン程度なのに、
     世界のラッコ12万頭で26万トン食う勘定」とか(^ ^;

    とにかく動物好き・動物園好きには楽しい本です(^ ^
    読むと動物園や水族館の見方が変わる...かも!?(^ ^

  • あなたは知っていますか?動物園の人気者達を実際に飼うまでに必要な値段を(なお管理維持費は別途必要となります)

全33件中 1 - 10件を表示

動物の値段 (角川文庫)のその他の作品

動物の値段 (角川文庫) Kindle版 動物の値段 (角川文庫) 白輪剛史

白輪剛史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

動物の値段 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする