恨み忘れじ (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.57
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恨みが詰まった短編集。
    復讐への道筋、物語の展開、処理の仕方が、漠然と思い描いていたものとは違って、とても面白かった。
    (電子書籍 Sony Reader)

  • どの作品も完成度が高い短編集だった。中でも特に、「バーディゴ」「チョコレート」が良かった。「チョコレート」の結末にはゾクッとした。

  • はじめて見る名前だったけどタイトルに惹かれて・・・
    どんなもんかと思って読み始めたけど本当に面白い!
    どこかしら桐野夏生さんと似てるなーと思いながら。
    さすが、女性の作家さん、本当に恨みの描写とか淡々としているのに黒々したものがよく現れてる。

    読み進めていくうちにどんどんはまっていった。
    最後のチョコレートの終わり方なんて最高すぎる。

  • 恨みがテーマとなる粒揃いの短編集。特によかったのは「マニキュア」思わぬ展開で、人の心って怖いなと思いました。

  • 裏表紙の紹介文を見て何となく買った名前も知らなかった初読の著者だけど、なかなかの拾い物でした。
    ちょっとどうかなと思うところもあるけど、着想と嫌な雰囲気とか情景の描写が良いです。まだあんまり著作がないみたいだけど、もう少し読んでみたいな。

  • タイトルどおり、さまざまな形の「恨み」をテーマとしたホラー短編集。ホラーといってもそこにあるのは、どこかにありそうな日常。サイコサスペンスといってもいいのかもしれないな。でもこの恐怖感は紛れもなくホラー。
    お気に入りは「チョコレート」。こういう事件、こういう人は実際にありそうだし、あるだろうからこそたちの悪いお話。ぞくりとします。

全8件中 1 - 8件を表示

恨み忘れじ (角川ホラー文庫)のその他の作品

恨み忘れじ (角川ホラー文庫) Kindle版 恨み忘れじ (角川ホラー文庫) 松村比呂美

松村比呂美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする