武田家滅亡 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.02
  • (16)
  • (18)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (645ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武田勝頼の時代から武田家滅亡までの過程を、リアルに活写した作品。物語は北条氏康の娘・桂姫の輿入れから始まり、佞奸の臣・長坂釣閑の屈折した心情を交え、徐々に後戻りできない状況に陥り滅亡するという展開。そこに忠臣・小宮山内膳と裏切り者・辻弥兵衛、片切監物、宮下帯刀父子などの脇役たちも、作品に躍動感を与えています。

    2010.07.09読了

  • はたして信玄に比して勝頼は無能か?
    世の評価に疑問を感じている方は必読。
    無能ではなく、苦衷する勝頼、今まで読んだ勝頼伝の中では最も面白く、客観的な勝頼評のように感じられました。

  • 桂の苦悩が……勝頼の苦悩が……その他多くの登場人物たちが、本当に胸を苦しくする。勢いを失ったものの哀しみ、最期まで従う忠義。
    人間の感情が詰まった、一冊である。

  • 結末がわかっているだけに、武田勝頼ものはあまり積極的に読みたいテーマではなかったけど、この作品はフィクション、というか、“大胆な仮説”により、物語としての厚みが増していて、ただツライだけではない、作品になっていると思う。ただ、大胆な仮説があまりに粒が小さく、そうはならんやろーとこころでツッコミながらも、上下二段組みの長い文章を読みきることができたのは、サイドストーリー的な帯刀の存続が意外と大きかったなと感じた。

  • 物語を膨らませる上で作者はいい仕事はしていると思うが、武田氏滅亡の過程について史実を変える訳には行かず、返って膨らませた部分の作り物感が強調されてしまうのがこのテーマの難しいところではないだろうか。

  • 武田勝頼が今川家から正室を迎えるところから、織田・徳川軍に滅ぼされるまで。武田家のお家事情と諸将の動きが分かる。内禅は思い残さずに逝けたのではないだろうか。

  • 主な視点人物は、北条家から武田家に嫁いだ桂と、彼女を迎えた武田勝頼ということになるのだが、本作は“群像ドラマ”の体裁だ。“派閥”のようなものが形成されて纏まらない武田家中の人々から地侍に至るまで、多くの人々が登場し、それぞれの「武田家滅亡」が、勝頼・桂夫妻の運命に収斂して行く…

    「上の立場」の物語も在るのだが…本作に関しては、「伊奈の地侍達」や「内膳と弥兵衛」というような男達の物語に強く惹かれる…

    本作は、何か「強い余韻」のようなモノも残る作品だ…或いは…本作のような「敗者の物語」というものは概してそうなのかもしれない…

  • 勝頼の奥さんが輿入れしてから武田家滅亡までの5年間?の話。600ページくらいあって、こんなに話あるのかな?と思いながら読んでいたが、北条、上杉、徳川との駆け引き、高天神の話、物語を彩る魅力的な登場人物、武田家を見限る家臣たち、そして滅亡へ…と話がてんこ盛りであり、読み応えあり!
    勝頼の奥さんを見ていると、戦国時代は、男だけでなく女性も強かったんだなあと思った。戦国時代はすごい魅力的な時代ではあると思うが、その分悲劇も多かった悲しい時代なんですね。

  • 長篠の戦い以降武田滅亡までを描いています。信玄を継いだ勝頼は、信長や家康、また謙信の後継となった景勝と張り合う器ではなかったようです。内務官僚の長閑や裏切り者弥兵衛の手玉に取られる勝頼ですが、北条から嫁してきた桂に亡くなるまで支えられたのは救いです。長閑や伊奈の地侍三代の描写はこだわりを感じました。

  • 長篠の戦の後から武田家滅亡までの話
    北条から武田勝頼に嫁いだ桂を軸に武田家の終焉を描いた。
    長篠の戦いに負けたことが原因でなく、マネジメントの失敗が武田家滅亡の原因であった。

全14件中 1 - 10件を表示

武田家滅亡 (角川文庫)のその他の作品

武田家滅亡 (角川文庫) Kindle版 武田家滅亡 (角川文庫) 伊東潤
武田家滅亡 単行本 武田家滅亡 伊東潤

伊東潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

武田家滅亡 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする