グレートジャーニー 人類5万キロの旅2 灼熱の赤道直下から白夜のアラスカへ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.42
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介

    アフリカで誕生した人類の旅を、意志である著者らのチームが逆ルートからたどる。

  • クスコ(ペルー)からアラスカ(アメリカ合衆国)まで。
    地図が少なくなってきたぞ。

  • 旅の情景や先住民との交流も非常に面白いけれど、この巻は、あとがきがとても素晴らしい。世界は広いとワクワクさせてくれる。

  • はじめは、んーっ、あんまりかな?と思ったんだけど中盤から面白くなった。それにしても、何故一巻ではなくニ巻から買ったんだろう。。

  • ここにレビューを記入してください

  • 砂漠のど真ん中に出現した人工地球・バイオスフィア2。実験は失敗だったけど、見学には行ってみたい。住みたくはないけど。

  • 【10/08/05】
    ある人の言葉が大変心に染みました。
    『私は、日本やアジアの国々が持つ、何千年にもわたる文化を大変尊敬しています。日本の若者たちに、自分たちの分化が持つ偉大な価値を思い出して、と伝えてください。私たちの文化とあなたたちの文化がお互いを尊重し合うには、まず自分たちが持っているものを知ることです。大地に根差した若者に、生活に根差した若者になってください。』

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

関野 吉晴
探検家・外科医・人類学者

「2018年 『人類は何を失いつつあるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関野吉晴の作品

ツイートする