不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)

  • 646人登録
  • 3.34評価
    • (25)
    • (38)
    • (80)
    • (22)
    • (4)
  • 70レビュー
著者 : 大森望
制作 : 大森 望 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943395

不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議の扉、アンソロジー集4作を全て読みましたが、やはりこの巻は抜群に面白い。
    解説にも書いてある通りタイムトラベルとラブストーリーは相性が良い!

    ずっと苦手意識を持って何回も挫折した太宰治の作品が以外にも面白く感じれた。
    新たな発見が生まれるから、アンソロジーやはりオススメです!

  • この内容で540円は安い。買って損はしない

    梶尾真治「美亜ヘ贈る真珠」は再読になる。
    航時機って聞くとキテレツを思い出す。パイロット(?)の男は泣く位ならなんで乗ったんだよ!って思う話。そんなに乗りたかったのか?お前以外にも乗りたい人はいくらでもいただろうに、と思うけど、そういう突っ込みをおいておいてもよくできた話

    恩田陸「エアハート嬢の到着」これも再読。
    恩田陸の本気の話のひとつだと思う。恩田陸の書く頭のいい美少女が読めます。

    乙一「Calling You」
    乙一をなんとなく倦厭していたので初めて読む乙一。年齢上のお姉さんの正体には納得がいかないが、それでも面白いじゃないか乙一。

    貴子潤一郎「眠り姫」
    あんまり好きじゃない、綺麗すぎるからねー。だけど、最後のおじいちゃんが急いで寄り添う姿はほほえましいものがある。

    太宰治「浦島さん」
    うわー、太宰治ってこんな話も書くのかー、って言う話。この話を読むためだけにこの本を買っていいぐらい。
    浦島さんと亀さんが漫才よろしく相手をけなし合う感じで話が進む。浦島さんと亀さんも姫様もいい性格してます。聖諦ってなんぞ?
    玉手箱の解釈は、なるほどー、って感じがする。本気で言ってるのか、ギャグなのかは分からないけど、一理はあるかもという感じ。

    ジャック・フィニイ「机の中のラブレター」
    まともな話。なんてロマンチックな奴らだ!

    最近、あんまり本屋さんで並んでるのを見ないのが残念!

  • 一気にいろんな作者の作品に触れられるので、好きな括りを見つければすごくお得感があると思います。
    私はこの本で太宰治の新しい一面を見れました。

  • うっとりするくらい好きなタイムトラベルロマンスもの。なのに何故これまで読んでなかったかというと…。

    名作の誉れ高く、このアンソロジーでも巻頭を飾っている「美亜に贈る真珠」、この作品の良さがもうひとつわからない。作中の誰にもうまく感情移入できず、時を隔てた恋の醍醐味(?)である胸を締め付けるような切なさが感じられなくて。ベスト短篇に選ばれるくらいに人気が高いのに、何故だろう。

    やっぱりこのジャンルでのピカイチはフィニィの「愛の手紙」でしょう(ここでは「机の中のラブレター」というタイトルで大森氏訳のものが収録されている。福島正実訳「愛の手紙」の方が最後の言葉も決まっているように思うのはすり込みだろうか?)。読み返すたびに初めて読んだときの感動が甦る。最高です。

    意外だったのは乙一「Calling You」。もっとアクのあるお話かと思ったら、なんともみずみずしいラブストーリーで、とても良かった。こういうの好きだなあ。中学生みたいでちょっと恥ずかしいけど。

  • 古今東西の短編小説から様々なテーマを決めて傑作を集めたアンソロジーシリーズの第1弾。
    今作品のテーマは「時をかける恋」であり、計6人の作家の時をかける恋の短編集です(^-^*)/

    有名作家だと乙一さん・恩田陸さん・太宰治さんの3人がいて、乙一さんのこの短編は乙一さんの本で読了済みでした。改めて読んでも切なくて泣けます。
    恩田陸さんも得意の不可思議設定で短編とくれば、短所を晒す事なく見事に泣ける名作に仕上げてました!

    他の作品も良かったですが、個人的には『眠り姫』が最高傑作……。涙溢れるし、気持ちが痛い程分かります!
    僕も亡き婚約者が閉鎖病棟に入院中、見舞いに行ったら起きずにずっと寝てたけど、それでも存在してくれてるだけで幸せだったし、
    婚約者が亡くなった後は、どんな状態でも生きてくれてるだけでどれだけ幸せだったのかを痛い程に痛感して絶望した長き日々がありました。

    こういう作品たちを読むと改めて、再び愛する人が出来て、今度こそ結婚出来て日々を過ごせている事が、どれだけ尊い幸せなのかを痛感します……。

    基本的に短編集よりも圧倒的に長編派ですが、これは是非とも良い涙を流せるオススメの1冊です(^-^*)/

  • 同じアンソロジーのシリーズで「時間がいっぱい」と「ありえない恋」は読了 
    太宰の「浦島さん」以外は、時のすれちがい?をメインにおいたお話かな? 
    やはり、ジャック・フィニイの机の中のラブレター(愛の手紙)が秀逸 
    ★3つ(2.5)

  • 中高生向けの時間SFアンソロジー。

    ○美亜へ贈る真珠 梶尾真治

    時間SFのクラシックとして名前は知ってたけど、恋人が時間旅行へ行くのを見守る女性と恋仲になる話だったのか。

    ○エアハート嬢の到着 恩田陸

    連作短編のなかの一つらしい。
    最初は飲み込みづらかったけど、わかりやすい話だった。
    時を超えて、何度も出会う少女。

    ○calling you 乙一

    よく出来たお話。それだけ。
    ケータイのモチーフは、ちょっと時代のせいで古く感じる。

    ○眠り姫 貴子潤一郎

    若い作家の割にヒロインの台詞が古臭い。

    ○浦島さん 太宰治

    おとぎ話パロディ。

    ○机の中のラブレター ジャック・フィニィ

    ロマンチック度がいちばん高い。
    この中ならいちばん好みはこれ。

  • 6編。48

  • 2016年3月21日読了。大森望編のSFアンソロジー集、これが第1弾だった模様。「時空をへだたった恋」という設定が古来より多くの作家たちを惹きつけ、多くの傑作が書かれてきたのだなあーと興味深く読んだ。ネタが同じだったとしても、調理方法は様々なものだ。最初と最後の短編はとても印象的、太宰治の「浦島さん」はエスプリが効いてとても面白い短編ではあるが、これは「時をかける恋」ではないだろう・・・?まあ、このアンソロジー自体の対象が古今東西と「時をかけている」という点は意外と重要、な気もするが。

  • 「時間」が関係する6つの短編で構成。
    それぞれ「恋」というテーマがあるもののその「恋」のカタチが全編違うので読みやすかったです。

    特にのめり込んだのは2話目の恩田陸 著「エアハート嬢の到着」。
    時間軸のすれ違い、読み手の期待をもてあそぶような展開、なかなか粋です。
    これを読んですぐに恩田陸さんの関連文庫を購入しました。

    こういう企画本は色んな味が楽しめる反面、その味を深く味わえない事もあります。
    企画本で気になった物語、気になった著者を見つけたらその著者の書籍を是非手に取ってみて下さい。

全70件中 1 - 10件を表示

大森望の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
冲方 丁
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする