Kadokawa Art Selection 黒澤 明 絵画に見るクロサワの心 (角川文庫)

著者 : 黒澤明
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年8月25日発売)
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943456

作品紹介

映画の巨匠・黒澤明監督は1980年公開の『影武者』以降、画コンテ制作を映画を作る上での重要な過程に位置づけ、生涯で約2000点を遺した。スタッフは緻密に描き上げられた画コンテから監督の意図を読み取り、忠実に再現するために、それぞれの持ち場で用意周到に準備をしたという。丁寧に真摯に映画と向き合った黒澤監督。彼の作品への純粋な思いがあふれる画コンテ集。

Kadokawa Art Selection 黒澤 明 絵画に見るクロサワの心 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (欲しい!)/文庫

  • 絵がすごくかっこよかった。ここまで自分で明確に絵にしてから映画にしている人って他にいるんだろうか?20分くらいで読めた。

  • 黒澤明監督が映画のために描いた絵コンテ集。初めて観たのは映画「影武者」公開当時に刊行された「影武者」の絵コンテ集だったが、迫力ある筆遣いや生き生きとした表情、動き、華やかな色彩に驚いた。この本は文庫サイズなのが残念だが、他の映画の絵コンテも見られ、楽しめた。

  • 映画と絵コンテを見比べてみると

    とても面白い本かも知れません。

    原画で描かれたニュアンスが、実写では

    どのように置き換えられているか?

    1枚1枚の絵コンテに、つよいメッセージと

    ニュアンスが込められています。

    複数の人とイメージ共有できますし、

    監督も自分の中のイメージをまとめるのに

    画を描いたのだろうと思います。

    よくまとまった論文をみるような

    砂に埋まった砂金が現れたような

    そんな画が沢山収まっています

全4件中 1 - 4件を表示

黒澤明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Kadokawa Art Selection 黒澤 明 絵画に見るクロサワの心 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする