もう悩まない! 心が軽くなるブッダの教え (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.75
  • (7)
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「無常」がなんとなくわかる本。「平家物語」等が表現する日本的情緒を持った無常観とはまた違った、くっきり明確な科学的な無常観。

  • 人生に哲学などない。ただ生きているだけ、それに特別な意味などない。
    自分が生きることによってまわりが幸福になる。と思える人生は幸福な人生。
    金を儲けたい、競争に勝ちたいというような感情は暗いし、苦しみを生むだけ。
    自分の成長は世の中の評価とは関係ありません。
    心が清らかな人は精神的に強いのです。強いから悪口を言わない。自分が強いから嫉妬しない。

  • アルボムッレ・スマナサーレさん三冊目の本。

    前半はあまりにも辛口でなかなか受け入れられなかったけれど、後半になるにつれて、理解が深まり、すごく納得できました。

    今、「怒り」「嫉妬」「憎しみ」「傲慢」などで苦しい人、ぜひ読んでほしいです。

    できることは、「何しているときでも今起きている現象(心・外)に気づく」だと思って、意識してやっています。

  • お釈迦さまの教えが例え話を使って分かりやすく書いてあった。
    心のコントロールが出来そうな気がする。
    ストレスがたまっていた母に進めたら心が軽くなったと言っていた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1945年スリランカ生まれ。スリランカ上座仏教長老。13歳で出家得度。1980年に国費留学生として来日。現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で、初期仏教の伝道と瞑想指導に従事している。

「2021年 『心は病気(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルボムッレ・スマナサーラの作品

もう悩まない! 心が軽くなるブッダの教え (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×