人間はどこから来たのか、どこへ行くのか (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.96
  • (8)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 88
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943593

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い解釈と伝達方法でずっと惹きつけられて完読できてしまう一冊。最先端の研究者の着眼点はおもしろく、こころはあると認識しているだけで実在のないもの(脳の電気信号)に左右されて人は生きてることや、人は遺伝子にプログラミングされた意志に左右されていることなど、普通に生きているとまるで全知全能な「私」という自我に悩まされている人間という存在が、ただの細胞をもつ動物に過ぎないことを痛感させてくれる。非常に明書!

  • NHKの取材班が、史学、ロボット工学、社会学、生物学など多彩な視点で人間の成り立ちを追った本。なかなか興味深い。

  • 第一章…DNAが教えるアフリカからの旅路
    DNA鑑定を取り入れて初めてアフリカ単一起源説が受け入れられた。人口の爆発によって人類は世界に拡散していく。
    DNAを見ると母系は先住民であるのに対して父系は外からの場合が多い=圧倒的に男性が世界を移動していた。
    同じ日本人でもルーツを辿ると様々。色々なルーツから偶然日本という島にたどり着いた人たち、と考えることができる。民族紛争のばかばかしさ。
    人間を一文で定義すると「ヒトとは過去と未来を考える動物である」
    第二章…私という不思議のサル
    霊長類の中で人間だけが「性を秘匿し食を公開した」種である。(食の公開とは、仲間内で食を集め分配すること)
    チンパンジーやゴリラと人間との違い=人間は乾燥のため縮小していく楽園(森)を出た→草原を食料を求め歩き回り二足歩行に→産道の形が変わり他の類人猿に比べ未熟に生まれてくる(脳の発達=肉食により頭が大きくなり早く出てこないと産道を通れない)→育児が大変→夫婦単位になる。ヒトの老後が長いのは育児の手伝いが必要だったためではないか。
    ヒトは他の霊長類と違い他者に共感し、他者を教育する。
    第三章…ロボットが問う人間の証明
    心は手に取ってみることができるものではないので、持っているかどうかの確証できない。持っているように見える時、心があるのでは?と思う(exペット)。心があるように見せれば心があるということなのか?境界線は限りなく曖昧になる。人間の中でも殺人鬼は心がないように思える。人間=心を持っているのであれば、殺人鬼(冷血)は人間ではないといえる?
    第四章…私が知らない私の心
    心と言えば意識。けれどヒトは心のごく一部しか意識していない。実験をしてみると、仲間内の評判を気にして下す決断も、本人は相手を慮って、という気持ちで決断を下したと思っている。利益が戻ってくる仕組みが(社会に)あるから他利行動をするように心が動く。一方利己的な人を排除しようとする力も社会の中で起きてくる。
    人を信頼する強さと人を見る目の確かさの関係=他人を信じ易い人ほど、人を見る目がある。人と関わる機会が多く、失敗もあるが心が進化している。集団の大きさと脳の大きさは比例した=複雑な人間関係を処理するため。自分の意志で、と思っていることも遺伝子的に組み込まれていることもあるかもしれない。
    第五章…私の中の「動物」対「文化」
    生物学的にオスはメスをめぐって戦ってきた(自分の種を残すため)。オスの方が闘争的。しかも繁殖期に一番闘争的になる。殺人者のピークは20代。今でも当てはまること。けれど、殺人の件数は社会の豊かさと反比例する。豊かで安定した社会では、殺人がいかにその社会から振り落とされるかを若者が理解しやすい。とはいえ、殺人の背景には生物的一面が潜んでいる。
    性格の遺伝子的影響は?新奇探究性に関しては遺伝子が関与している可能性がある。
    言葉や書物のおかげで文化は飛躍的に進んだ。遺伝子に書かれていることとのずれが起きてきてそれが今問題を引き起こしている(exmメタボ)人間は生物の生息可能数を大幅に超えている。それが可能な理由は人間が地下に埋まっている過去のエネルギーを掘り起こして使っているから=不自然な形で繁茂している。
    第六章…言葉はどのようにして誕生したか。
    歌(文)から単語ができたのではないか(単語→文ではなく)
    クジラ、十姉妹、人の共通項=集団で行動・比較的平穏な環境
    言語が高い表現性を獲得する上で、リプレイス能力は必須。(リプレイス能力とは実際に見ていないものに置き換える能力)
    言葉には実存と非実存の間の垣根を崩す力がある。
    第7章 表情という心の窓
    霊長類・・視覚が中心。 人間は顔の表情で心をを表すが、犬・猫は体全体で表す。
    視線のコミュニケーションは人間しかできない(人間にしか白目がない)
    表情を読み取る能力=心の能力=人間がいかに社会的な関係を大事にしているか。
    第8章 1400グラムのアイデンティティー
    人間の脳はなるべくして大きくなった。なぜなら牙も体力もない人間は知恵を働かせることによって優位に生きられたから。
    第9章 農耕・人類の職業選択の行方
    最近の調査では、農耕=定住=安定(食物確保が容易)という従来の考え方に疑問が出てきた。農耕は狩猟に比べてかなり過酷だった様子。又、農耕から集落ができ階級社会ができてきたという従来の推測も疑問。階級制が先にあり命令系統がなかったら過酷な農耕という作業はできなかったのでは?
    塩害とは乾燥した土地の下に塩を含んだ地層があり、灌漑のより畑にまかれた水が浸透して地下の塩が溶ける。そして水と一緒に地表に向かい上昇。土地が乾燥すると塩だけが残る現象をいう。
    第10章 死と向き合う心
    アポトーシス(ギリシャ語)=木の葉が散る・・・老化で死んだ細胞をきちんとクリアする=個体を活かすメカニズム
    毎日200グラムの細胞が死に200日あまりで体の細胞は入れ替わる。
    「老い」の時間は自分とは何かを追求できるかけがえのない時間。その限られた時間の中で、「自分とは何か」という自分のアイデンティティーを問うことができ、一人一人の一生が問われているのに気付かせてくれる。老いが人生を豊かにし、死によって一つのアイデンティティーが完結する。このプレゼントされた時間は次の世代に良いものを残す大切な時間かも知れない。
    死は前よりもきたらず。かねてより後ろに迫れり(徒然草・吉田兼好)
    生きているところから死を見るのが普通。逆転の発想で、自分を死の終焉においてみると今までと違う死生観が出てくるかもしれない。

    各界の研究がかくも深く高度に行われていることを知り驚く。

  • 久々にガツンときました。凄くいいです。とても興味深い内容。思わず続けて二度読みしてしまいました。

  • NHKの番組が書籍化されたもの。大変興味深い内容。読み応えがありました。再読したい。

  • DNA解析、サル学、心理学、アンドロイド研究等、様々なアプローチで読み解く「新・人類学」。いや面白いです。
    特にアンドロイド研究の部分が興味深かった。手塚治虫が「人間とは?」をテーマに考えた時にあえてアトムという人間でないモノを主人公としてお話を作ったように、人間以外のものから人間のことを考えるというのは中々有意義な手法だと思う。「心を持っているように見えるということと、心を実際にもっているということのあいだには、どれだけの違いが横たわっているのか?」という問も人間としての意識を根源から揺さぶられるようで。科学物はこういう体験が出来るから面白い。

    「人間は話す前に歌ってたかも」という説も好きだ。こっちはロマンチックですね。

  • 『人間はどこから来たのか、どこへ行くのか』(高間大介、2010、角川文庫)

    本書は、生命科学、脳科学、動物行動学、言語学、人類学、倫理学などの諸分野から、「人間」の本質に迫るものである。

    人間はどのように進化したのか、脳の働きとは何か、なぜ人は農業をするようになったのか、なぜ人は死ぬのかなど、様々な観点から人間の本質を検証している。

    一般に思われていることと研究者が考えていることに違いが見えて面白い。 たとえば、人間は農業を始めたことによって、持てる者と持たざる者が生まれ、階級社会が生まれたと一般には思われているが、研究者によれば、むしろ階級社会であったからこそ農業というシステムが生まれたとする説がある。

    教養の一冊といえそうな書である。

    (2010年7月31日 大学院生)

  • このタイトルは科学をテーマにした本にふさわしいのだろうか?
    今最新の科学のテーマをやさしく教えてくれる。
    科学好きにはたまらない本だ。

全8件中 1 - 8件を表示

高間大介の作品

人間はどこから来たのか、どこへ行くのか (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする