パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.92
  • (19)
  • (51)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :294
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943609

作品紹介・あらすじ

資源衛星"パラオ"。そこは反政府組織ネオ・ジオンの拠点であると同時に、宇宙移民政策の歪みが生み出した「虐げられた民」の生活の場でもあった。それまで敵としか捉えられなかった人々と心を通わせ、少しずつ現実を見る目を養ってゆくバナージ。だが『ラプラスの箱』の奪還を目論む連邦政府は、"パラオ"に無謀とも言える攻略戦を仕掛けつつあり-。SF文学の新たな可能性、慟哭の第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻はやはりマリーダの過去が一番印象が強い。
    ガンダムシリーズを知っている人ならわかる過去の登場人物との繋がり。
    読んでいて面白いけど、読んでいて胸が苦しくなる。

  •  《ガンダム》に挑むということは、ニュータイプに挑むということ。

     可愛い子には旅をさせろ…ではないけれど、バナージは《ネェル・アーガマ》から離れ、『袖付き』の拠点で彼らの生活に触れ、そして何よりマリーダ・クルスと云う存在に触れることになる。個人的にはどうしても、こういう出逢いは悲しい運命を辿らないでいてくれ、と願ってしまうわけだけれど…
     戦いの中、《ユニコーンガンダム》が秘められていた力を開放し始める――個人的にはファンネルで殴るというのは、ツボ。ひと様のもので何を…!

     ところで、やっぱり《ネェル・アーガマ》にはゲリラ戦が良く似合うと思う。
     そしてところどころに見られる福井氏の、福井作品ファンへのジャブにもニヤリ(引用50頁参照)。

  • 「ガンダム」では、あるが、やはり「福井晴敏」の作品だなあと。
    福井らしさが出てきましたね。
    とにかく、人物の厚みを語りたがりますよね。
    人によっては、無駄に長いとか、余計な部分が多いとかいう人もいますね。
    「ローレライ」も長かった^^
    でも、その裏付けがあって、アクションシーンが生きてくる。
    私はそういうところが好きですね。
    「ガンダム」の小説は福井晴敏でなくては・・・と思わせる1作でした。
    ま、アニメでははしょられるところだろうけど。

    • hs19501112さん
      “福井らしさ”

      同感です♪

      “そういうところが好き”

      も、まったくもってその通りで。
      2016/02/04
  • 一巻と最終巻にレビューを記入。

  • シリーズも4冊目、文章のテンポにも慣れてきたせいなのか、一度アニメを見ている(話は忘れていた)からなのかはわからない。だが、くどいと思われる戦闘シーンの説明も面白いなと感じながら読むことが出来た。宇宙世紀のガンダムの話は、子供の頃は解らなかったけど大人になって読むと世界観が非常に重厚に作られていてSFとして非常に面白いなと感じる。地球へ行くことになったオードリーとリディ、マリーダと出会い、戦争とはどういう物か現実を知ることになったバナージ。今後どのように話は進んでいくのか?。引き続き読んでいきたいと思う。

  •  ベルガミノの浮きドックやグレミー最終決戦からイマジネーションを拾うなんて、細かすぎる…。どうせなら、エッシェンバッハとか、コミリーとか、ソドンの街とか、どうにも拾えそうもないモノをどんどん出してくれ。しかし、プル12とはねぇ…。ΖΖの「重力下のプルツー」を思い出してしまったよ。フル・フロンタルの設定はイマイチ納得しづらいが、UCのマシンとしての意味については膝を打ちました。とりあえず、読破を目指しましょうか。

  • 【読間】
    シリーズ第4段。
    相変わらずの面白さ。
    もう、SFだとかアニメものだとかガンダムだとかは関係無い。

    福井ワールドにどっぷりと浸るべし。

    ※特殊部隊のコード名が“920”ってのがまた、福井晴敏ファンにはたまらないね(笑)。

    2016.01.27.書。


    【読了】
    うん。10冊中の4冊目も後半になると、さすがに物語が加速してきた。

    マリーダの壮絶な過去と、ジンネマンとの絆。。。。

    次巻もすぐに読むべし♪

    ★4つ、8ポイント。
    2016.01.28.了.古。

  • ネオ・ジオンに囚われた主人公のバナージが、敵側(ここではあえてネオ・ジオンを敵側と表現)の拠点であるパラオにて、相手にも普通の生活があるということを知る。物語として、戦争には相手も相手の生活を守るために、生きるために仕方なく行っているというのはよくある話ではあるけれど、ユニコーンにおけるマリーダの考えは本当に心に響くものが多い。
    一方、連邦側にはエコーズと呼ばれる無慈悲に仕事をこなす集団がいるが、何よりもバナージの安否を優先するなど、仕事を優先する中にも人として何を大事にすべきかに重きをおき、連邦にもネオ・ジオンにも苦悩があることが絶妙に描かれる。
    物語の後半ではバナージとマリーダは再びモビルスーツで戦うも、ニュータイプの力?によって、お互いを理解していき、バナージが少し成長していく過程が読める。
    この物語の締めくくりでは今度はマリーダが連邦に囚われることとなり、幕を閉じることとなる。

  • これ読んでからOVA最終巻観るとたぶん号泣するわ。

  • 間違ってますよ、自分を殺し続ける生き方なんて・・・、哀しすぎるよ・・・。

    正しさが、人を救うとは限らない・・・。

    でも・・・、「それでも」って言えるおまえは、いいと思うよ。


    お互いを解ると言うのは、全てを受け入れる、と言うことなんでしょうね・・・(TT)。

全30件中 1 - 10件を表示

パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4) (角川文庫)のその他の作品

福井晴敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4) (角川文庫)はこんな本です

パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする