ひめゆり 沖縄からのメッセージ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943661

作品紹介・あらすじ

かつて、沖縄の美ら海は血に染まっていた。1945年3月26日からおよそ90日間。非戦闘員であるはずの「ひめゆり学園」の320余名は日米両軍が激突する戦場へ動員され、13歳〜19歳までの227名が死亡した。"人間が人間でなくなっていく"戦場での体験を語り続ける宮城喜久子。記録映像を通じて沖縄戦の実相を伝えていく中村文子。2人のひめゆりの半生から沖縄線、そして"戦後日本と沖縄"の実態に大宅賞作家が迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひめゆり学徒隊についての本というより、戦後沖縄が歩んできた歴史の本という感じ。
    悪くはなかったし沖縄がとても大変だったことはわかる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和43(1968)年、長野市生まれ。ノンフィクション作家。明治薬科大学在学中の平成4(1992)年、『毒蛇』(TBSブリタニカ・文春文庫)で第1回開高健賞奨励賞を受賞。平成11(1999)年、『朱鷺の遺言』(中央公論社・中公文庫)で、第30回大宅壮一ノン

「2010年 『ひめゆり 沖縄からのメッセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林照幸の作品

ツイートする
×