君が踊る、夏 (角川文庫)

  • 26人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943760

君が踊る、夏 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2年前に勢いで買ってそのまま積んでいた作品。

    よさこいを通じて人々のパワーを貰えるような、そんな話。
    ただノベライズとしては平々凡々な感じ。

    あらすじ等で気になった人は映画観るべき。
    あのよさこいの凄さは映像じゃないとね。

  • 高知などを舞台とした作品です。

  • 旗のお兄ちゃんかっこよすぎて鳥肌立った(*>ω<)
    やっぱ踊ってる人見るの好きだ☆


    見てて元気になれる映画。

  • ぺらっとめくっての高知弁にびびび。やっぱり(笑)
    ソーラン節をかじり始めたから、共感するところも多く。
    よさこい祭りを目指して高知に行きたくなるっ!

    主演の溝端淳平さんの文章で、
    「祭りのよさは、人間らしくなれることですね。難しいことを考えず、みんなで楽しみを分かち合うのが最優先ですから。そうしてみんながハッピーになって心が解放される。祭りにはそういうパワーがあります。」という部分がすごく心ひかれた。

    学校もいっしょ。みんなで楽しみを分かち合う、そのことにエネルギーを使わないから、いらんことが起きる。
    ちびっこのうちは、時にはオトナが「祭り」をぽんとほりこんであげなきゃいかん。
    みんながひとつの方向に向くこと、って難しいけどね。
    やっぱり、「ハッピー」は大事なことやな。

  • 映画のノベライズなので大したことないかなーと思いつつ読んだけど意外とよかったので☆3つ。
    ストーリーを言えばツッコミどころはいろいろありますが

    照りつける日差し、青空、海、川、山
    高知の風景を思い出しながら気持ちのいい夏が
    感じることができます。

    踊ったときの気持ちの描写は経験者は共感できるかも

全5件中 1 - 5件を表示

香月秀之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

君が踊る、夏 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする