二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.73
  • (40)
  • (69)
  • (59)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 450
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943869

作品紹介・あらすじ

中卒で家を出て以来、住み処を転々とし、日当仕事で糊口を凌いでいた17歳の北町貫多に一条の光が射した。夢想の日々と決別し、正式に女性とつきあうことになったのだ。人並みの男女交際をなし得るため、労働意欲に火のついた貫多は、月払いの酒屋の仕事に就く。だが、やがて貫多は店主の好意に反し前借り、遅刻、無断欠勤におよび…。夢想と買淫、逆恨みと後悔の青春の日々を描く私小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知り合いの芸術家がSNSで絶賛していたので読んで思った。
    「なるほど、僕は芸術で食べて行けない訳だ。」と。
    度を超えたクズっぷりとそれを書ききる才能、そのどちらも自分には無い。
    嫉妬した。

  • 短篇集。しかし不潔で臭いのしそうなエピソードばっかり集まっている気がした。どうしようもない怠惰でクズな主人公という風に見せているが、けっこう自分のことをここまで客観的に書くことは難しい。露悪的な感じはあるが、ごまかさないでさらけ出している。読者は彼のナルシシズムや身勝手さを完全に否定出来ない。
     ふと思ったが、彼の作品は結局は、自業自得・因果応報という世間の思いにそった終わり方をするのが人気の原因かと。読者も主人公のことを完全に突き放せない状態のままで、主人公にふさわしい顛末を迎えるので他人ごとではなく身につまされる読後感を抱くのではないかと。

  • 主人公が「私」である時と「北町貫太」である時の違いは何だろう?

    性欲が強くて、器が本当に小さく、すぐにキレる人の物語。「自分のことを棚にあげる」主人公が、「自分のことを棚に上げる他人」を口汚く罵るシーンに期待してしまう。

  • 西村賢太の作品は最悪に面白い。内容はこのうえなく下品で最低、結末も救いの無いものが多い。ところが妙に知性を感じさせる文体、淡々とした描写が一種ユーモアじみた趣を醸し出し、不快とも爽快ともつかない不思議な読後感を残してくれる。更に掘り下げたい作家。

  • 病的にクズ過ぎて、もはや愛しいレベル。

    女子としては、自分のセックスにちょっと自信がなくなるし、ちょっと傷つく。

  •  話題の作家で、しかも薄いということで、読んでみた。
     こんな人間には近づきたくない、近づかれたくもない。豊崎由美の前のめりの解説がすべてを語っています。

  • ここら辺が一番面白い。

    アパートの老家主とのひと悶着のやりとりは飽きさせないものがある。
    後は刑務所前の施設の話が興味深く、体験したものがわかる世界が広がっている。

  •  目次を眺めるだけで嫌になる小説もそうそう無いだろう。そんな中で曇天の隙間から顔をのぞかせた青空のようなタイトルがひとつ、「春は青いバスに乗って」。どんなバスかと思えば、あぁ・・・という感じ。腋臭風呂とかもう温泉や銭湯へ行くのが怖くなる。
     本小説では、青春時代の話で構成されているが、たまに見せる謙虚なところや、何の根拠も無いのに妙に楽天的なところが何ともプリティ。先に挙げた「春は青いバスに乗って」などと言う一見滑稽ささえ感じるタイトルも、妙にしっくりきている。著者の生命力にただただ感服するばかり。

  • 201102
    他の方のレビューにもあるように、エッセイと紙一重。の私小説短編集。

    一冊読めば充分という向きもあるだろうけど、
    豊崎さんの解説にもあるように、
    「話の展開は似ていても、そこに現出しているみっともらしさは常に新しい」
    と、他の空白の時間も知りたい、と癖になりつつ、あります。

    ひんるの沼 17歳
    潰走 16歳
    春は青いバスにのって 25歳
    腋臭風呂 18歳⇨40歳くらい

    夢想
    買淫
    逆恨み
    後悔

    あざましさ
    愚かしさ
    いじましさ
    厭らしさ

  • この短編集には、彼が偏執的に愛する藤澤清造絡みの話はほとんど出て来ず、それより過去の話、彼の青春時代の話が中心だ。まさに表題通りに、生き恥をさらした若き日々の様子が相変わらず赤裸々にあっけらかんと語られている。偽悪的な計算なのか、天然なのか、苦々しい本心なのか。まあ、そのすべてであるのだろうなあ。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967(昭和42)年7月12日、東京都江戸川区生まれ。中卒。新潮文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』角川文庫版『田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら他』を編集、校訂、解題。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『一私小説書きの日乗』(既刊六冊)『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自薦短篇集』『薄明鬼語 西村賢太対談集』『随筆集 一私小説書きの独語』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『無銭横町』『夢魔去りぬ』『風来鬼語 西村賢太対談集3』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『芝公園六角堂跡』『夜更けの川に落葉は流れて』『藤澤清造追影』などがある。

「2019年 『狼の吐息/愛憎一念 藤澤清造 負の小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)のその他の作品

西村賢太の作品

二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする