猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月25日発売)
3.92
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943890

猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 角川文庫の出版案内を見て、驚きのあまり思わず買ってしまいましたー。ポエム界でかつて一世を風靡した、「あの詩集」の文庫版です(笑)。

    有名な「サンタモニカの朝に」はやっぱり、猪木エッセンス満載で素晴らしい(笑)。この言葉のチョイスは、狙ってんのか、天然なのか?日々のひとこまを拾った詩のポエミーな言葉運びには、笑っちゃいかんと思いながらも笑ってしまいます。「カストロの葉巻」の、締めにはびっくり!それって、オチかよ〜。

    それに対して、ご自身のルーツや若き日の思い出をつづった詩は、そのハードボイルドな描写に、思わず真剣に意識を集中してしまう。ブラジルへの移民船での出来事を描いた「海の守り神」は、あまりにも劇的で、猪木氏の歩いてきた厳しい道が、こんなにも早く始まっていたことに衝撃を受けたりしました。一編ずつにつけられた写真も、単純に見ても結構素晴らしいと思うんだけど、よーく目を凝らして見ると、被写体のせいもあるのか、なんだか遠近感が狂って見えるところもあったりして(笑)、楽しめます。

    ポエミーというか、スットコな詩をメディアで紹介されたこともあって、面白ツッコミどころが強調されすぎてるきらいがあるようにも思います。たしかに、ツッコミどころは満載だと思いますが、あとがきの端正さに、猪木氏のあまり知られていない、内面の豊かさが盛り込まれていたりして、思わず尊敬度がアップ(笑)するようにも感じたり…なんか不思議に、あとをひく詩集です、はい。

  • 馬鹿になれ‼

  • 以前ネットで「心の扉」という詩を見て素晴らしいと感動したのを思い出して手に取った。最後の2行でハート鷲掴み。

    新たに“感情にメロディを与えてくれた”のは「生き地獄」。新川和江さんが巻末の対談でおっしゃっているように、普通の人にはできないことを経験しているからこそ拾い上げることのできる題材で、猪木氏の素直で飾らない言葉だからこそ、実際にその地獄を見ているわけでもない私たちの胸にストレートに響いてくるのだと思う。

    プロレスのこと、世界のこと、自分のこと、愛する人のこと、全部詰まった好感の持てる詩集。

  • アントニオ猪木はなぜ力道山を殺さなかったのか

    猪木には信じている言葉がある
    猪木のおじーちゃんは海の守り神であり
    ということは猪木の帰る場所も海なのであって
    魅惑のイノキアイランド
    パラオの海は竜宮城なのだった

  • 猪木特有の茶目っ気やひとりよがり全開の詩も多々あるが、長い間猪木ファンだった自分としては、『眠れぬ夜』『師匠』に目頭が熱くなった。
    許せぬものたちが時を経て、許せるものとなる。それらを回想して涙を流せた時、人は誰もが詩人となるのではないか。


    冷蔵庫の納豆

    食べちゃってごめんね

  • 詩について自分はよくわかりませんが、読んでいて心にググッとくる詩が多かったです。

  • 3つほどの詩を立ち読みし、おっと思って買ってみました。
    内容は人生訓もあり、近親者の死を忍んだものもあり、わかり易く、親しみ易い作品でした。
    使用している語彙や韻の踏み方もセンスいいですね。

全9件中 1 - 9件を表示

猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)のその他の作品

猪木詩集「馬鹿になれ」 単行本 猪木詩集「馬鹿になれ」 アントニオ猪木

アントニオ猪木の作品

猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする