亀井琉球守 (角川文庫)

  • 29人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岩井三四二
  • 角川学芸出版 (2010年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943944

亀井琉球守 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秀吉や家康の様な天下人の話しでも天下を間近で見た側近の話しでも無い裸一貫家を再興する為に奮闘する亀井茲矩の物語。同僚を出し抜く策略、領国経営に苦心する新田開発、普請、世嗣ぎ問題、小名として戦国を生き抜く事の難しさがわかる作品でした。

  • 戦国版中小企業の社長記。

    生き残るのって大変!

  • 尼子滅亡で父が死に、家禄も没収されてゼロからのスターで、山中鹿之介、秀吉、家康と主君を変えながら、尼子の遺臣団をまとめ、最終的に因幡国鹿野藩4万3千石の大名に出世したのは見事。
    戦は謀略で兵員の被害を最小に止め、新田開発や国内外での貿易で稼ぐなど内政面でも優れていたらしい。小説の出来としてもなかなか面白いです。
    亀井琉球守茲矩は出雲国意宇郡湯庄(今の松江市玉湯町)で私と同じ町の出身。結構親近感がわきます。直系の子孫は国民新党の幹事長をしていた亀井久興氏。同じ国民新党だった亀井静香氏も戦国時代まで遡れば、同族らしい。

  • 本書は尼子党にあって、天下人の下を生き延び、流浪の身から因幡国鹿野の大名にまで出世した亀井琉球守の小説である。

    司馬遼太郎の箱根の坂か功名が辻を彷彿させる気がする。どちらも成り上がりの話である。新聞の書評には「主人公が暗すぎて、感情移入できない」というニアンスの意見もあったが、僕的には面白く読めた。

    同じ成り上がりでも、秀吉もののような快活さはないが、コツコツと生きる様には共感が感じられます。

  • いやいや戦乱の世で生き延びることの凄まじさ。当然清濁有る人生になるわけで。
    単行本時のタイトル「琉球は夢にて候」との事。元のタイトルの方が好きだ。主人公が生き抜いてきた現世との対比で琉球は存在していたのだろう。

全6件中 1 - 6件を表示

岩井三四二の作品

亀井琉球守 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする