Kadokawa Art Selection レンブラント 光と影のリアリティ

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944125

作品紹介・あらすじ

"黄金の世紀"と賞賛された17世紀のオランダで、随一の画家として名を馳せたレンブラント。輝かしいデビューを飾り、芸術家としての「華やかなりし前半生」を過ごした彼は、代表作"夜警"を完成させると一転、「転落・没落の後半生」を送ることになる。そんな浮き沈みの激しい生涯、彼は光と影を自由に操り、最後まで傑作を世に出し続けた…。レンブラント絵画の魅力と、その波乱の人生をたどる、レンブラントファン必読のガイド本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 祖父も好きな画家だった。大好きな画家だけれど、作品以外のことはあまり知らないと思い、手に取る。ざっと知るには手ごろな一冊。
    女には苦労したのかなぁ。
    このシリーズのほかの画家のも読んでみようか。

  • レンブラントの絵画と彼自身の歴史を書いた本。最近の研究に基づく記述が多いので、今まで私が思っていたレンブラント像とはまた違ったそれを読む事が出来て、興味深かった。
    レンブラントが好きな方は読まれても損は無いと思います。

  • レンブラントは偉大な画家であり、歴史的にも5本の指に数えられる画家だと思う。
    その才能ゆえ、順風満帆の人生と思いきや、彼にも落とし穴があった。
    後半の人生は、破産宣告を受けるまでに、落ちぶれてしまうのだ。
    ただ彼の絵に対する評価は依然として高いのである。

  • レンブラントのキャリアを簡潔に俯瞰するのに有用な書物。様々な影響関係や晩年に至るまでの画風の変遷が分かりやすく描かれている。小さいもののカラー図版が比較的多くあるのも嬉しい。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする