12日間世界一周! 忙しくても意外と行ける世界旅行 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.74
  • (8)
  • (19)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 160
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  サラリーマンが、長めの夏休みを取得して、世界一周旅行に行ってみたという話。
     12日間ということで、流石にアフリカや南アメリカ、オセアニアは訪問していないようだが、アジア→ヨーロッパ→北アメリカの計10か国を訪問している。
     メジャーな国ばかりではあるが、国により色々な表情があるのだなということが、文章から伝わってくる。
     どこの国も行ってみたい国・都市ばかりであるが(行ったことのあるローマ・バチカン・バンコクも含めて)、特にトルコとポーランドとカナダは一回是非行ってみたいと思った。
     新婚旅行に世界一周もいいかな。1か月とかは無理としても、12日なら何とか…
     

  • 2013/06/26に紹介された本

  • 12日間で10ケ国をめぐる世界一周の旅を綴ったエッセイ。

    ああ旅行がしたい。
    これを読んでトルコとポーランドに行きたくなった。

    行く先々でフツーにSIMフリーのスマホを使って、ツイッター等で情報収集するとは便利な世の中です。

  • 3〜4

  • 現代の「深夜特急」は積極的に自分探しはしません…が、結果的に自分は何者なのかを教えてくれます。そんな感想。

  • 紀行文は大好きです。ぬくぬくと家にいながら世界の人がどんな生活をしているか知ることが出来るので。その中でもこの本は秀逸。たまたますれ違った旅行者が垣間見る世界中の人間模様がよい。

  • 読んだ。
    サイパン行った時の空港で購入。
    成田のTSUTAYAに旅行小説が多いのはいい戦略してると思う。

    さて話は、2010年9月のシルバーウィークをフルに使って
    会社休みの12日間を使って世界一周をした筆者の話。

    12日間で世界一周できるの?

    できます!10カ国まわってます!でもめっちゃきつい!!

    これが感想。

    ほぼ毎日一日の中に国移動が入る旅程。
    でもその各国で「行く」だけが目的にならず、観光や食事や
    しっかり堪能している旅行。読んでるだけであぁ旅行行きたいなぁ
    と感じさせる本だった。

    現代版旅行だなぁと感じたのは、いたるところにTwitterをからめた
    話が出てきたこと。Twitterで情報発信をし情報収集をする
    外国にいるのに日本の友達との距離が縮まる。
    日本で調べた事前情報だけじゃなく、現地であれこれなんだっけ?
    と感じたことはその場で携帯やタブレット端末で調べて、
    実践しちゃう。そんなハイテクな時代の旅行記。

    ちょいちょいはさまれる、同行したラブラブな奥さんとのエピソードも
    話の中で欠かせないスパイスになってた

  • 会社の休みを利用して韓国・タイ・ドバイ・トルコ・イタリア・バチカン・ポーランド・イギリス・カナダ・アメリカと10カ国を12日間で巡る旅。羨ましいと思うのは簡単だが、その行動力は大いに讃えるべきだろう。貧乏旅行ではないのにも好感が持てる。

  • スターアライアンス航空世界一周チケットによる、世界旅行。
    12日間でもこんなに回れるのかと、素直に感動。

    めまぐるしく移動するので、旅としての見せ場は少ないが
    トルコだけは、2泊のためか
    きっちりと食事・観光スポット・街の描写があり、
    満足できる内容だった。
    写真の猫が非常にかわいらしい!

    頻繁にツイッターへ書込みをしたり、到達国数を増やすためだけに足を踏み入れたり、と不快感を覚える行動も多く、
    個人的には最後まで気持ちよく読むことができなかった。

  • 休みがあれば旅に出るという著者の吉田さん。その恩恵というべきか、旅で貯まったマイルで12日間の世界一周をするという、ありのままを書き綴った本。短い旅ほど、濃厚な日々になるのだなあと読んでいて実感。今回は仕事を辞めずに世界一周をしたが、その後仕事をやめるという結末で最後は締められている。やはり、吉田さんには旅が必要だったのだな、と思った。人生でそういうものに出会える事はとても幸せだなあと。著者の生き方に憧れる。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉田友和(よしだ ともかず)

1976年千葉県生まれ。旅行作家。
出版社勤務を経て、2002年、初海外旅行ながら夫婦で世界一周 を敢行。
2005年に旅行作家として本格的に活動を開始。国内外を旅しながら執筆活動を行う。
ここ数年は、「宿泊を伴わない短い旅ながら、思い出として自分の中に残り、
結果的に日々の生活にいい刺激となる」〝半日旅〟にも力を入れている。
『3日もあれば海外旅行』『10日もあれば世界一周』(ともに光文社新書)、
『思い立ったが絶景』(朝日新書)、『世界も驚くニッポン旅行100』(妻・松岡絵里との共著、PHP研究所)、
『東京発 半日旅』『京阪神発 半日旅』『福岡発 半日旅』『名古屋発 半日旅』(ともに、ワニブックスPLUS新書)をはじめ、
自身をモデルとし、滝藤賢一主演でドラマ化もされた『ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン』(幻冬舎文庫)など著書多数。

「2021年 『ご近所 半日旅 - いちばん気軽な「新しい旅」のスタイル -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田友和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

12日間世界一周! 忙しくても意外と行ける世界旅行 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×