燃えたぎる石 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944323

作品紹介・あらすじ

鎖国下の日本近海に異国船が頻繁に姿を現し、材木商・片寄平蔵は木材需要の儲け話を耳にする。が、江戸湾に来航したペリー艦隊には、「燃える石」が燃料として渡されたと聞き、平蔵は常磐炭坑開発に取り組む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幕末に石炭を流通させた商人、片寄平蔵の話。読物としては普通、明治開化を支えた一人であることに間違いはない。新しい価値を発見する人は土壇場で前向きになれる。

  • 文庫書き下ろし。

    常磐炭田を開発した の伝記。

  • 102 5/14-5/16

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

歴史小説家

「2021年 『万事オーライ 別府温泉を日本一にした男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植松三十里の作品

ツイートする
×