忍びの森 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.83
  • (10)
  • (16)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944330

作品紹介・あらすじ

時は戦国。織田の軍に妻子を殺された若き上忍・影正は、信長への復讐を誓い紀州をめざす。付き従うは右腕の朽麿呂、くノ一の詩音ら、一騎当千の七人。だが山中の荒れ寺に辿りついた彼らを異変が襲う。寺の空間が不自然にひき伸ばされ、どうしても脱出できないのだ!さらに一人が、姿の見えない敵によって一瞬で屠られる。それはこの寺に棲む五体の妖怪が仕掛けた、死の五番勝負だった-。究極の戦国エンタテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 信長による天正伊賀の乱を逃れた上忍二人の率いる忍者たちが不思議な寺に迷い込んだことによる妖との激闘?
    全の妖を作り上げた『うつろ』とは
    齊宮の藤原氏への恨み等、何かしらを操る?
    伊賀に攻め込んだ甲賀への恨みを晴らし、信長は?

  • 忍びが山の荒れ寺で魔物と生死の戦いをする。
    妖魔の描写がイメージできなかったけど面白く読めた


    2016.11.13読了

  • 先人には遠く及ばず

  • 忍者と妖怪と織田信長

  • 織田信長に攻め入られ、家族と仲間を殺された伊賀の忍者達。上忍・影正ら8人は紀州へ向かう道で荒れ寺へ辿り着く。
    そこで始まる忍者vs妖怪5体。次々と殺される仲間に、充分でない食料。得体の知れない敵の襲撃に疲弊する体と心。彼らは生きてそこから出られるのか?信長と甲賀の敵に復讐できるのか?

    日本ホラー小説大賞に落選→大幅改稿→ホラー文庫でデビュー。
    ホラー…では無いな。グログロうわキモッ!って妖怪の表現はあったけど、まさに戦国エンターテイメントだった。
    心理戦もあるけど、基本ずっと動いてて休みがない。説明が長くて、想像しきれないアクションもあったけど、一発目の妖怪が気持ち悪すぎて映像化して欲しくない。
    これが初めての作品とは…おそろしや。
    他の作品も忍者関係だから、一冊忍者の本読んでから進もうかな。

  • 忍者堪能。妖怪との対決も面白いが、強大な権力に抗う伊賀忍者の心意気に引き込まれる。
    草姫と朽磨呂のその後を期待したのに、あっさりで残念。弥兵衛と詩音それぞれの見せ場が胸躍るだけに惜しい。
    歴史の陰で人知れず抵抗と活躍を繰り返し、闇に消えていった人々に思いを馳せながら読了。

  • ー--時は戦国。
    織田の軍勢に妻子を殺された若き上忍•影正は、復讐を誓い紀州をめざす。
    付き従うは右腕の朽磨呂、くノ一の詩音ら一騎当千の七人。
    山中の荒れ寺に辿りついた彼らだったが、寺の空間が不自然にひき伸ばされどうしても脱出できない!さらに一人が見えない敵によって一瞬で屠られる…。


    表紙で興味を惹かれ、裏表紙を見て期待をもち、文章を読んで確信に至った新規開拓(・∀・)貴志祐介も帯で推薦してたしな!(^p^)

    超人的な武芸を身につけた忍者集団と
    恐るべき超常能力を秘めた異形の妖怪軍団の死闘
    時代小説風の語り口ではあるけど、中身はホラー+エンターテイメントの見事な融合

    それぞれのキャラがちゃんと立っていて、ただグロいだけでは終わらせない魅力がある(^p^)まぁそもそも、そんなグッチャグチャでもないねんけど。
    これでデビュー作っていうのが驚き(・∀・)
    次作以降にも期待したい!




    伊賀忍法•いろはもみじ!

  • 掘り出し物でした!
    たまたま本の雑誌での広告を見て、手に取りました。文句のない傑作です。何故、話題にならないのだろう?ホラー大賞の最終選考に落ちながら、貴志祐介の強い推薦で改稿の上で出版されたという曰く付き。同氏が推すのも納得です。
    伊賀忍者が、迷い込んだ古寺で五人の妖怪たちと繰り広げる戦い。緻密な描写とリアルな忍術戦。荒唐無稽なストーリーが圧倒的な迫力で迫ってくる様は、とてもデビュー作(しかも落選作)とは思えません。エンターテイメント作品が好きな人は必読です。飽きさせません。
    内容から、当然、山田風太郎作品群と並べられるでしょうが、私個人面談としては、本作の方が楽しめました。と言っても、甲賀忍法帳しか読んでませんが・・・すみません。
    風太郎作品のレビューでも書きましたが、登場人物の造詣、忍術のリアリティにおいて、本作は私の欲求を全て満たしてくれました。
    90年代にブームをおこした伝奇エンターテイメントが好きな方、説得力のあるリアルな、かつ荒唐無稽なホラ話の好きな方、必読です。
    本年読了書のトップを争う作品に、ここでも出会えました。ホントに出会いは何処にあるかわからない。だから乱読はやめられない。

  • 表紙以外満点

  • ホラーというよりはファンタジー色の強い作品です.

    大まかには天正伊賀の乱を土台に敗走する忍者一党が妖怪の支配する寺院の敷地に迷い込み,閉じられた結界から抜け出すために妖怪を退治してゆくという話です.
    史実や忍者の造詣を適度に盛り込んでいますが,若干説明くさいところが読んでいてペースを崩されるのが難点.
    面白いけれども途中で物語から意識が離れてしまうのが非常に残念でした.

    とはいえ,最後まで読ませるだけの文章力は見事.
    本作でデビューした著者の次回作に期待です.

全18件中 1 - 10件を表示

忍びの森 (角川文庫)のその他の作品

武内涼の作品

忍びの森 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする