雪冤 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.60
  • (14)
  • (32)
  • (27)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 230
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冤罪をテーマにした小説。すぐに小説に引き込まれた。死刑判決を受けた八木沼慎一の父親の八木沼悦史は息子の無罪を信じて奔走する。自称犯人というメロスという人物から電話を受け、八木沼は必死の思いでメロスを探す。持田という青年と担当弁護士・石和と被害者の妹・沢井菜摘を交えて事件の真相に迫る。思わず涙がボロボロ出てしまった。とても感動する素晴らしい小説。

  • 死刑廃止論を冤罪を絡めて物語が展開していきます。それぞれが同じレベルで論じられる問題ではないにしろ、事件の背景があまりに悲劇すぎて読んでいて息苦しさを感じたほどです。登場人物の心情が語られるたび、どうしたら心の平和が得られるのか...救いを探してしまいました。

  • 死刑制度や冤罪といった重たいテーマ、要素を孕んだ作品で、中盤まではそれに関する長尺のセリフや文章が多くてテンポが今ひとつに感じられました。

    しかし、慎一の結末に意表を突かれ、そしてその後の起伏の激しい展開に結構引き込まれました。特にディオニスに関する真相は二転三転し、深夜になっても読むことを止められず、久々に夜更かしなどを……

    事件の真相を目にした時、慎一の命懸けの覚悟に悲しみとも呆然ともつかないため息が漏れました。非現実的にも感じられましたが、それでもその覚悟に少なからず感情を動かされたのだろうと思います。

    テーマの重さと慎一の覚悟、父悦史が背負った悲しみ等がズシリと心に残り、重苦しい気持ちになりましたが、良い作品だったと思っています。

  • 誰かによって犯行が行われる。
    事件が発覚し、警察による捜査の結果犯人が逮捕される。
    裁判が開かれ、罪が問われ、刑は確定する。
    もしも冤罪だったとしても、有期刑ならば出所後に汚名をそそぐことも可能だろう。
    実際に、出所後に真犯人があきらかになり冤罪が晴らされた例もある。
    しかし、もし死刑判決のでた事件の犯人が冤罪だったとしたら。
    刑が執行されてしまったら取り返しがつかない。
    失われた命は二度と戻らないし、何よりも冤罪だったことを誰も認めないだろう。
    冤罪が起きたときに犠牲になるのは、間違って罪に問われた人だけではない。
    被害者遺族もまた、犠牲者だといえる。
    犯人だと信じてきた人が無罪だったとしたら、いったい本当の犯人は誰でどこにいるというのだろう。
    命をかけた固い決意を打ち砕いてしまうことになったとしても、真実は曲げるべきではない。
    いちばん最初にしてしまったボタンの掛け違いは、どこかできっちりと正されるべきだったのだ。
    遅すぎたことへの後悔も、何もしないままよりはいい。
    細部にわたってまで練りあげられ、最後まできっちりと構築された物語だった。
    掴みかけた事実。そのもっと奥に隠されていた命をかけて守り抜こうとした真実。
    そして待ち受けていた衝撃のラスト。
    読んでよかった!!と心から思えた作品だった。

  • 太宰治の『走れメロス』をモチーフに死刑制度、冤罪を題材にした傑作社会派ミステリー。

    15年前に発生した男子学生と19歳の女性の殺人事件。逮捕され、死刑囚となった息子の冤罪を信じる元弁護士の八木沼悦史は一人活動を続ける。果たして八木沼は息子の無実を証明出来るのか?

    時効目前にして真犯人のメロスが登場し、八木沼に前代未聞の要求をする。ディオニスとは一体誰なのか…

    最後の最後まで真犯人の正体は二転三転し、真実が終章で明かされる。

    例えるなら薬丸岳の作品と加茂隆康の『死刑基準』を合わせたような作品。非常に面白い。

  • 殺人犯として死刑判決を受けた息子。その父親は冤罪を晴らそうと、仕事を辞めて奔走。刑事上の時効15年を迎える直前、父親と被害者遺族、弁護士のもとへ真犯人を名乗る者から電話が。

    横溝正史ミステリ大賞受賞作、舞台が京都で、なじみのある地名ばかりということもあり、面白く読み始めたのですが、なんぼ関西人でも初対面の人にこんな口利かんよという言葉遣いにまずひっかかり、中盤は盛り上がりを見せるも、どんでん返しのどんでん返しにドン引き。こうまでして他人の罪をかぶる人ばかりなのには無理があるような。いちばん酔えるのは正義だとしても、それって自己満足にはならないのかなぁ。

  • 面白かったし、いいストーリーだった。ただそれだけに、美女役がゴリゴリの関西弁なので感情移入できず、帯の「衝撃の結末に100人中99人が騙される」の煽りを受けて予想しながら読んでたらすべてが案の定になってしまったのが残念。

    • ことぶきジローさん
      帯には余計なこと書かないで欲しいですね(^_^)
      帯には余計なこと書かないで欲しいですね(^_^)
      2018/07/03
  • 正直、登場人物がみんないい人すぎて違和感はある。


    でもだからこそ、登場人物で唯一のクズが出てきた時に 「あ、察し…」ってなったのと同時に「本当に真犯人のことを愛していたから庇いたかった」という結末も期待していた。
    冤罪や死刑制度以外にも「愛」もテーマにしてるっぽいもんね…


    全体的に話が綺麗すぎるのといろいろテーマを盛り込みすぎてる感は拭えないけど、一気に読めたし面白かった。


  • 死刑制度、冤罪を軸に据えたミステリー

    死刑判決された息子の無罪を信じ、世間からの誹謗中傷を受けながらも、なんとか冤罪を証明しようとする、元弁護士 八木沼。
    ある日真犯人と名乗る人物が現れ…

    二転三転する真犯人像は誰もが怪しく、まさに八木沼の疑心暗鬼がヒシヒシと伝わるようである。

    息子はなぜ自分を拒絶するのか。
    真犯人はなぜ自首しないのか。

    登場人物達の不可解な行動も最後の最後のまで読めばちゃんと説明される。
    最後まで気が抜けない作品。

    このようにミステリーとしても完成度の高い作品であるが、根底あるのは死刑制度であり
    被害者、被害者遺族、加害者、その家族。そして一般市民。それぞれの立場から展開される。

    「死刑」賛成には再犯防止、抑止力、遺族感情と言う正義があり。
    反対には倫理観、なにより冤罪と言う絶対的な正論が聳え立つ。
    だが、死刑制度の是非は冤罪を理由に思考停止するのではなく、国民一人一人が真剣に考え導き出すべきと述べられている。


    程度は違うが、今日のワイドショーで取り上げられる有名人のセクハラ、不当発言などを何日も取上げ無関係で無責任な有象無象が正義、正論を掲げ異常なまでに晒し、貶める現代の予感であり風刺のようにも思えた。

  • 著者の大門剛明さんは、京都の龍谷大学の文学部を卒業されておられるとのこと。この小説、京都が舞台の作品ですが、出てくる地名、通り名の細かさ、リアルさは、もうまさにリアルな生活感のある京都市内そのまんま。京都市内に住んでいる身としては、読んでいて「おお、そこの地名出てくるの!?」って感じで、リアリティーはビシバシ、親近感もビシバシで、なんだか得しちゃった気分でした。貴志祐介さんの「黒い家」を読んだ時も、舞台が京都市内だったので、滅茶苦茶リアリティー感じた記憶があります。やっぱ、住んでる(生活している)土地が読んでる小説の舞台になると、なんだか嬉しいですね。

    龍谷大学に通っていたのならば、深草キャンパスだったと思うので、京都市内でゆうたら、伏見区辺りがホームグラウンドだったと思うのですが、この作品の舞台は、伏見区よりも更に市内より。ここら辺の描写がメインなのは、大門さん、学生時代は伏見区じゃなくて、もっと市内の中心部よりに住んでらしたんかなあ?市内の中心部が、飲みに行ったり遊んだりする日々の基盤だったんかなあ?とか、そんな事を考えちゃいました。

    物語の、序盤~中盤に差し掛かる当たりの、八木沼父がメロスに「五千万円持って来い」って言われて、メロスと電話で話しながら、京都市内を移動する場面があるやないですか。あの時に、メロスが「烏丸と堀川はどっちが西側の通りなの?」とか「五条堀川って何処?」とか「上がる」と言わずに「上にいく」と言うとか、京都に住んでいる人ならすぐに分かるであろう生活常識的な知識を知らないふり?をしたのは、アレはどんな意味があったのだろうか?とか、思っちゃいました。「メロス」は、「やっさん」であり「秋山鉄蔵」であったはずなので、長年京都市内に住んでたはずなのに、敢えて地理に詳しくないフリをしたのは、、、なんでなんだ?犯人役を分からなくするために読者を惑わすための、作者の策略なのか?とか、うーむ、、、わからなかった、、、

    あと、長尾孝之の、沢井菜摘へのプロポーズが、あまりに唐突にでてきて、ちょっとポカーンとしてしまいました。「え、、、?このエピソード、いるのか?」って。なんだか、好きになる背景が全然みえへんかったんで、うひゃあ、急だなあ!って。で、そっから特にその話、発展しなかったし。アレは、必要な場面だったんだろうか?どんな意味があったんだろうか、、、むう。謎だった。

    あと、八木沼父が、秋山鉄蔵の実家に歩いて行くときに、二条城の近辺を通った時に、ウォーキングをしている人から「おはようございまーす」って声をかけられる場面の描写とかありますやんか。アレは上手いなあ、って思いました。朝の二条城周りを、八木沼父のような感じで歩いていたら、マジでリアルにこんな感じになると思います。ごくごくプチ京都あるある、と申しましょうか。

    なんだか、本題、ホンマに重要な趣旨と全然関係ない話題ばっかりの感想で申し訳ありません、、、なのですが、大門さんの他の本も、機会があれば手に取ってみたいですね。相当に重厚にしてシリアスなテーマに挑んでおられる姿勢は、尊敬します。こうした問いを発し続ける人は、凄いなあ~と思うんですよね。

全31件中 1 - 10件を表示

プロフィール

だいもん・たけあき
1974年三重県生まれ。龍谷大学文学部卒。第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した『雪冤』で2009年にデビュー、ドラマ化される。主な著書に『告解者』『婚活探偵』『優しき共犯者』『鍵師ギドウ』などがある。『テミスの求刑』『獄の棘』など映像化作品も多い。

雪冤 (角川文庫)のその他の作品

雪冤 (角川文庫) Kindle版 雪冤 (角川文庫) 大門剛明

大門剛明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雪冤 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする