医者が泣くということ 小児がん専門医のいのちをめぐる日記 (角川文庫)

著者 : 細谷亮太
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年5月25日発売)
3.70
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 28人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944439

作品紹介

小児がんの子どもたちと向き合って40年。聖路加国際病院小児科部長の著者は、朝暗いうちに車を走らせ病院へ。会議、診察、外来、患者家族とのミーティング、「がんの子供を守る会」他、様々な仕事が目白押し。でも、そんな超多忙の合間を縫って、俳句、スキー、お遍路の旅を愉しむことも-。初心を忘れず、かつ気負わず、医師として見事に生きる日々の記録、いのちをめぐる日記。

医者が泣くということ 小児がん専門医のいのちをめぐる日記 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【本の内容】
    小児がんの子どもたちと向き合って40年。

    聖路加国際病院小児科部長の著者は、朝暗いうちに車を走らせ病院へ。

    会議、診察、外来、患者家族とのミーティング、「がんの子供を守る会」他、様々な仕事が目白押し。

    でも、そんな超多忙の合間を縫って、俳句、スキー、お遍路の旅を愉しむことも―。

    初心を忘れず、かつ気負わず、医師として見事に生きる日々の記録、いのちをめぐる日記。

    [ 目次 ]
    文化の日
    凭られても
    聖樹据ゑて
    ふるさとの
    ひとつの雲
    子らが描く
    ずり落ちさうに
    もとどほり
    どつさり浅蜊
    生キ死ニのはなし
    飯饐える
    二百十日
    芋煮の火
    桂郎忌

    [ POP ]
    小児がんの専門医の日記。

    たとえば、久しぶりに茶道教室へ行った日は<二ヶ月ぶりの静かな時間>と小さく充足し、また久しぶりに高校の同級生と飲んだ日は<私が一番アクセク働いているようだ。

    恥ずかしく思う>と小さく戒める。

    決して大きく喜んだり悲しんだりはしないのだが、読後、不思議な浄化作用がある。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

医者が泣くということ 小児がん専門医のいのちをめぐる日記 (角川文庫)のその他の作品

細谷亮太の作品

ツイートする