脚本 コクリコ坂から (角川文庫)

制作 : 宮崎 駿 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年6月23日発売)
3.52
  • (5)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944453

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 企画のための覚え書き・・うんうんと読んでいました。
    脚本「コクリコ坂から」ができるまでも・・うんうんと・・
    先に、映画を観ています。
    「U・W」旗・・安全な航行を祈る。
    「UWMER」MERはフランス語で、海のこと。
    単行本のほうには、イラストや写真も多数はいって、
    詳しく書かれているらしい。

  • ちょっと遅れてしまったけど、読み終わった〜

  • ジブリの新作(・v・)

    映画見れてなかったので
    脚本みつけて早速読みました♡

    うーーーん
    やっぱり映画みないと
    わかんないですね…(笑)

    内容はちょっとありきたりで
    引き込まれはしなかったかなあ;
    っていうのが正直な感想です、

    でも映画は観たい(´ω`)

  • 映画観た後に原作漫画とこれ読むと、駿の天才と吾朗の才能を両方堪能出来る。駿の変なこだわりポイント(机の上の本)とか吾朗の良心的なストーリー改変とか、親子のバトル?が垣間見れて面白い。

  • 『脚本 コクリコ坂から』/★★★★★/宮崎駿ほか/映画版の元となる脚本。映画を観てからこれを読むと、脚本と映画版の微妙な違いもわかって楽しい(映画版ではセリフが追加されたり等)。もう一度映画を観たくなってしまった。

  • カルチェラタン、高校っていうより大学の部室みたいで泣ける。
    エントランスのドアまわりのステンドグラスがハイカラで好きだった。
    日差しの加減で床に虹色の影ができるのですね、きっと。

    コロッケが美味しそうだった。

    ベタな話だがそれで逆に泣ける。
    登場人物に作り手の愛情が注がれているのが伝わってくる作品。

    この作品の制作中に撮影された吾郎と駿の微妙な関係ドキュメンタリーbyNHKを既に観ていたから、そういう視点でも興味深く鑑賞できた。

    なかなか良い映画です。
    見終わった後に清々しくなるジブリ映画の特徴(火垂るの墓を除く)はきちんと受け継がれていました。

  • 脚本を本で読んだのははじめてだった。が、これがけっこうおもしろい。完全な文章じゃない分、場面を想像するだけの余白があったので、わくわくしながら読めた。

  • 初めに書かれていた,宮崎駿監督の覚書がすごく素敵。
    脚本を読めば読むほど,もう一度映画も見たくなる。

  • 脚本はもちろん、冒頭の宮崎駿、あとがきの丹羽圭子、そして鈴木敏夫プロデューサーの文章が、「おいしかった」。

  • 映画が待ち切れなくて読んでしまいました(笑)

    脚本なので、あっという間に読めちゃいました。
    原作とはちょっと違うので最初は戸惑いましたが、ジブリワールド全開!というか、宮崎ワールド全開で、世界観にすいーっと吸い込まれました。
    原作を読んでいたので、違いを映画館で感じながら観るより、先に読めてよかったと思います。

全10件中 1 - 10件を表示

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)のその他の作品

脚本 コクリコ坂から 単行本 脚本 コクリコ坂から 宮崎駿

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)に関連するまとめ

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)はこんな本です

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする