武士の一言 酔いどれて候4 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944507

作品紹介・あらすじ

浅草裏を歩いていた曾路里新兵衛は、畑を耕す見慣れない男を目に留めた。その男の動きは、百姓のそれではない。立ち去ろうとした新兵衛はその男に呼び止められ、なんと敵討ちの立ち会いを引き受けることに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第四弾
    短編四話構成
    気楽に読める、お節介な主人公の物語
    酒断ちもあるが、次に飲むためか

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年、熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー。近年は時代小説に力を注いでいる。人気シリーズに「隠密船頭」(光文社時代小説文庫)、「浪人奉行」(双葉文庫)、「武士の流儀」(文春文庫)などがある。

「2021年 『大河の剣(三)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲葉稔の作品

ツイートする
×