暗殺者メギド (角川文庫)

  • 73人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (8)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 渡辺裕之
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944514

暗殺者メギド (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 活劇って言うんでしょうか・・・
    軽い読み物で楽しめます!
    出生の秘密が判明、次回作はどう展開するんだろ。。
    既に4,5作出ているようですが。。

  • ナチス 731

  • なんと言うかSFな物語。
    あんまり好きなジャンルでもないし、、、
    この一冊で十分かな。

  • 記憶をなくしてキャンプ場で働いてる青年は,実は組織によって作られた暗殺者メギドだった。
    心優しき青年の心と,暗殺者としての心に葛藤しながら,追ってくる組織を撃退しつつ,壮絶な運命に遭遇する…。
    昔の特撮ヒーロっぽい雰囲気で読んでいるうちは楽しめたが,終わってみると,やたら身長何センチの話ばかりだった印象。

  • 「メキド」を改題

  • 善良な性格と残酷な性格、二つの人格を持つ生体実験によって生まれた暗殺者メギド。
    実験所を逃げ出し、記憶喪失になった所から謎解きと共に話が進みます。

    展開が駆け抜けたのと詰め込まれていた感があり、終盤の盛り上がりにどうにも馴染めなかった。
    どうやら続刊が出る模様。

全6件中 1 - 6件を表示

暗殺者メギド (角川文庫)のその他の作品

渡辺裕之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする